logo

2015年までのGPS市場予測

インドの市場調査会社RNCOS社が出版レポート「世界のGPS市場調査:市場動向と2015年までの予測」のプレスリリースにおいて、GPS/LBSデバイスの出荷数は2012-2015年にCAGR約15%で成長して約10億1500万ユニットに達するだろう、との予測結果を発表しました。

GPS(全地球測位システム)技術は、世界中で様々な分野の産業アプリケーションで普及してきた。さらに、この技術の優位性から、新しいアプリケーション分野が登場してきている。位置決めなどの単純なアプリケーションから、GPSと通信技術やそれ以外の技術との複雑な融合によるものもある。過去数年間、企業のGPS衛星や設備の構築によって、GPSの商用アプリケーションは急速に成長してきた。今後はGPS市場は、新しい技術分野において成長するだろう。

インドの調査会社RNCOS社の調査レポート「世界のGPS市場調査:市場動向と2015年までの予測 -GPS Market Forecast to 2015」は、GPS/LBSデバイスの出荷数は2012-2015年にCAGR約15%で成長して約10億1500万ユニットに達するだろうと予測している。また、世界のGNSS(全地球型衛星航法システム)技術は、携帯電話や車両搭載のナビゲーション機器に組み込まれるため、今後数年間成長するだろう。中国、日本、インドなどの国々は、それぞれのGNSSシステムを展開するため、GNSS市場はますます成長するだろう。

この調査レポートによれば、スマートフォンベースのGPS技術は過去数年間市場を支配しており、今後も成長の主要部分を占め、スマートフォンの台数の成長、技術の収斂、モバイル商取引、位置情報ベースのショッピングなどが今後の世界のGPS市場を促進するだろうとのことである。この調査レポートは、これらの分野のGPSアプリケーションの成長促進要因などの地域毎の促進要因などを詳細に分析している。

【調査レポート】
世界のGPS市場調査:市場動向と2015年までの予測
GPS Market Forecast to 2015
リンク

◆インドの市場調査会社 RNCOS社について
リンク

株式会社データリソースはRNCOS社の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

◆無料メ-ルマガジンのお申込み
リンク

◆メールマガジンバックナンバー
リンク

日本販売代理店
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:office@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。