logo

ヘイズ、採用動向予測レポートより

Hays PLC 2012年07月23日 18時40分
From JCN Newswire

日本の求人市場は活性化しているものの、依然競争は続く

Tokyo, July 23, 2012 - ( JCN Newswire ) - 人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン) は、このたび発表した2012年7月から9月までの採用動向予測レポートの中でスキルの高いプロフェッショナルに対する根強い需要に後押しされて多くの日本人がキャリア途中での転職を考慮に入れているとコメントしています。しかし、トップレベルの人材でさえ厳しい競争にさらされており、採用プロセスの長期化は避けられないとしています。

当社が発行する採用動向予測レポートでは、転職希望者数は増加するとみられ、企業側の採用意欲はあるものの、求職者の迅速な対応は必至であると予測しています。

ヘイズ・ジャパン代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクターのクリスティーン・ライトは次のように述べています。「グローバル化が加速するビジネス環境において、マルチリンガルの人材に対する需要には根強いものがあります。しかし、特に銀行・金融業界など人気の高い職種では、多くの候補者が同じポジションを競い合っています」。

「候補者は募集が出しだいすぐに応募する必要があり、その後何段階にもわたる採用プロセスを覚悟しなくてはなりません。採用側も面接を行う前に社内で様々な許可を得なくてはならず、時間がかかるからです」。

「また、正社員から新しい正社員職へ転職した場合、給与額には大差がないことが多くなっています。候補者は、すべての利点をよく考慮し、求職に当たっては現実的にならなくてはなりません」。

ヘイズ・ジャパンは、毎年4回(4月、7月、10月、1月)採用動向予測をレポートにまとめて発表しております。レポート全文はヘイズ・ジャパンのウェブサイトからご確認いただけます。
リンク (英語)

ヘイズ・グループについて

ヘイズ・グループは、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。世界33*の国と地域、247の拠点において、7,988人超の従業員が経験とスキルを備えた人材サービスをグローバルに提供しています。

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社について

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社は、ヘイズ・グループの日本法人として2001年に東京で設立されました。同社は日本で唯一、東京赤坂本社、新宿支店、大阪支店の3つの国内拠点を擁する外資系人材紹介会社です。「経理・財務」、「金融」、「ファイナンス・テクノロジー」、「人事」、「ヘイズ・リース・マネージメント」、「インフォメーション・テクノロジー」、「保険」、「法務」、「ライフ・サイエンス」、「オフィス・プロフェッショナル」、「不動産関連」、「セールス&マーケティング」、「サプライチェーン」の13の専門分野に精通したコンサルタントが豊富な知識と経験をもとに、正社員から契約・派遣社員まで、企業の人材採用や個人のキャリアアップを支援しています。

* 日本をはじめ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、マレーシア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ

本件に関するお問い合わせ先:
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
朝倉 03-3560-2813

概要:Hays PLC

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。