logo

アライドアーキテクツ、ソーシャルテレビアプリ「ピーチク」のラジオ版iPhoneアプリ「らぢおdeピーチク」の提供を開始



アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀)と株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小山薫堂)は、両社が共同提供するソーシャルテレビサービス「ピーチク」のラジオ版として、iPhoneアプリ「らぢおdeピーチク」を7月20日より提供開始いたします。 

「ピーチク」(リンク)は、Twitterの機能を利用して、インターネットのクラウド(ネット上のサーバ)上にテレビやラジオの番組について「おしゃべり」が共有できる仮想の“お茶の間空間”を作り上げることで、一人でどこにいても日本中の人と番組の視聴体験を共にし、皆で一緒に鑑賞しているかのような感覚を楽しむことができるソーシャルテレビサービスです。2009年にWEBサイトをオープン、2011年よりスマートフォン(iPhone/Android(TM))アプリを提供しています。

これまで、スマートフォンアプリはテレビ版のみ提供しておりましたが、2009年のサービス開始より多くのラジオリスナーから好評を得てきたこともあり、ラジオ版アプリの提供を求める声を数多くいただいておりました。
アライドアーキテクツではこの声に応えるべく、ラジオ版アプリの開発を進め、今回のサービス提供に至りました。

「らぢおdeピーチク」は、ラジオを聞きながらアプリを通じて番組に関する感想や感情を投稿することによって、日本中の人と一緒に番組を聴いているかのような感覚を楽しむことができる、ソーシャルラジオiPhoneアプリです。サービス開始当初は関東エリアのFM・AMラジオに対応していますが、今後、順次エリアの拡大を予定しています。

テレビ版と同様に「ピーチクスタンプ(ラジオver.)」機能を搭載しており、文字を打ち込まなくても画面上でスタンプを選択し投稿することで、興奮や楽しさといった“番組に関する感想”をより直観的に共有することができます。
また、TwitterアカウントやFacebookアカウントとの連携も可能で、自分のソーシャルメディア上で「いま、どのラジオ番組を聴いているか」を発信することができます。

さらに、TOKYO FM制作のラジオ番組「クロノス」(リンク)のピーチク特設チャンネルが、WEB版に続いて、本日より「らぢおdeピーチク」にも登場します。iPhoneを使って特設チャンネルでの「おしゃべり」に参加できるようになったことで、番組とリスナー間におけるさらなるコミュニケーションの活発化が予想されます。
ピーチクでは今後もこのような番組独自の特設ページの開設に取り組み、ラジオ番組の活性化を図るとともに、ラジオの新たな楽しみ方を提案してまいります。

<iPhoneアプリ「らぢおdeピーチク」概要>
名称 :らぢおdeピーチク
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
価格 :無料
動作環境:iPhone iOS 4.3以降
ダウンロード:リンク
提供元 :アライドアーキテクツ株式会社


【アライドアーキテクツについて】
アライドアーキテクツは、“ソーシャルテクノロジーで世界中の人と企業をつなぐ”というコンセプトの下に展開するWEBマーケティング&ソリューションカンパニーです。
2008年にサービスを開始した企業ファンサイトモール「モニプラ」(リンク)は導入企業数1500社を数え、また2011年より提供しているFacebookマーケティングプラットフォーム「モニプラファンアプリ for Facebook」(リンク)はアプリインストールユーザー数が20万人(2012年6月時点)に達し、国内最大規模のFacebookマーケティング支援サービスに成長しています。アライドアーキテクツは今後も、国内におけるソーシャルキャンペーン分野で有数の実績を持つ企業として、ブログやTwitter、Facebookページ、mixiページ等を活用した企業のソーシャルメディアマーケティングを支援してまいります。

【アライドアーキテクツ株式会社 会社概要】
・本社所在地 :東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 TEL.03-6408-2791
・設立 :2005年8月30日
・資本金 :1億4711万円
・社員数 :80名
・代表者 :中村 壮秀(ナカムラ マサヒデ)
・株主 :当社役員/住友商事株式会社/株式会社ドリームインキュベータ/株式会社ジャフコ
・事業内容 :ソーシャルメディアマーケティング事業「モニプラ」、Webソリューション事業「aafactory」他
・URL :リンク


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。