logo

シーメンス、NASAが進める宇宙探査の新時代構想を支援

NASA(アメリカ航空宇宙局)のディレクター、Doug McCuistion氏と
シーメンスインダストリーセクターのCEO、Siegfried Russwurmは本日、
共同記者会見を開き、宇宙探査の新時代構想と、これを実現する
ためにNASAのエンジニアとシーメンスのソフトウェア・テクノロジーが
担う重要な役割について発表を行いました。両社は、NASAジェット
推進研究所(JPL)がシーメンスのソフトウェアを使って設計し、
来る8月15日に火星に着陸予定の最新火星探査機「キュリオシティ」を
具体例として挙げ、航空宇宙産業における競争力強化に最先端の
ソフトウェア・テクノロジーがいかに活用されているかについて説明
しました。同プロジェクトは官民のパートナーシップによって現在も
進行中であり、生産性の最大化と開発期間の短縮を推進しています。

「キュリオシティはこれまで火星に送った探査機の中で最も洗練されて
おり、赤い惑星、火星の理解をさらに深め、将来の有人探査への道を
切り開くものです。NASA JPLでは、選り抜きの科学者や技術者が
最新のソフトウェア・テクノロジーを活用し、この火星探査機の打ち上げ、
宇宙飛行、大気圏再突入、そして重量約900 kgに及ぶ探査車の
火星表面着陸という、極めて不可能に近い難業に耐える火星探査機を
設計しました」と、NASA火星探査プログラム担当ディレクターの
Doug McCuistion氏は述べています。

JPLでは、全体の開発プロセスにシーメンスの製品ライフサイクル管理
(PLM)ソフトウェアを活用し、実際に探査機の試作品を作成する前に、
設計、シミュレーション、組み立てをすべてデジタルで行うことで、
すべての部品間の適合性、適切な運転性、ミッションが求める
耐環境性を事前に担保することができました。「シーメンスは、NASAとの
強力なパートナーシップと、このような桁外れに大掛かりなミッションの
遂行に当社のテクノロジーが重要な役割を果たすことができ誇りに
思っています」と、シーメンスインダストリーセクターの取締役兼CEO
であるSiegfried Russwurmは述べています。

航空宇宙産業におけるシーメンスのすべてのテクノロジーの売上高は
数億ユーロに上ります。Russwurmは、航空機の製造で重要なことは、
コスト効率に優れた製品設計と製造であることを強調して次のように
述べています。「高度な製品設計と製造に伴う複雑性の管理という点で、
航空宇宙産業の右に出る産業はないでしょう。シーメンスは、
唯一といえるPLMソフトウェアとオートメーション技術の融合を実現した
ソリューションを提供し、市場投入期間の最大50%短縮に加え、
リソースやエネルギー・コストの削減も同時に実現します」
シーメンスは、産業生産を中心とした各業界向けITソリューションの
一貫として提供されるシーメンスPLMソフトウェアの製品は、航空宇宙、
自動車、エレクトロニクス、産業機械など、世界中で70,000社を超える
顧客に利用されています。

シーメンスは世界中に17,000人を超えるエンジニアを抱える世界有数の
ソフトウェア企業です。シーメンスが提供する各業界向けのITソリューション
およびソフトウェアは、インダストリー、エナジー、ヘルスケア、
インフラストラクチャー&シティーズのすべてのセクターが提供する
ソフトウェアおよびソフトウェアベースのソリューションから構成されています。
インダストリーセクターでは、2007年に当時のUGS社を買収後、
PLMソフトウェアとオートメーション技術の統合を完成させ、この成長市場に
対する専門性を継続して拡張してきました。シーメンスが最近買収した
産業用ソフトウェア企業には、Tecnologia em Sistemas de Automacao
(医薬品・バイオ製品の製造)、Vistagy(複合材料の設計)、IBS AG
(品質・生産管理)、Innotec do Brasil(総合プラント管理)があります。

本リリースに関する詳細情報および写真、動画等のリソースは、
下記Webサイトをご覧ください。
リンク


シーメンスAG について
シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、電機・電子機器および
電気工学におけるグローバル企業です。インダストリー、エナジー、
ヘルスケア、そして、大都市およびその周辺都市に対しインフラソリューション
をご提供するインフラストラクチャー&シティーズの4つのセクターで事業を
行っています。シーメンスは160年以上の間、卓越したテクノロジーや
イノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴する企業であり
続けています。また、シーメンスは環境に配慮した技術を世界でもっとも
多く提供している企業でもあります。売上総額の約40%が環境関連製品
およびソリューションによるものです。2011年度(2010年10月~2011年
9月末日)、継続事業からの売上は735億ユーロ、営業利益は70億ユーロ
でした。9月30日現在、全世界の社員数は約36万人です。
詳しい情報はwww.siemens.com にてご覧いただけます。


シーメンスインダストリーセクターについて
シーメンスインダストリーセクター(ドイツ・エアランゲン)は、産業向けに
革新的で環境にやさしい技術とソリューションを提供している世界的な
サプライヤです。統合オートメーション技術と産業用ソフトウェア、各産業に
特化した豊富な専門知識、技術に基づく各種サービスを提供して、
お客様の生産性、効率性、柔軟性の向上に貢献しています。
シーメンス インダストリーセクターは、産業オートメーション事業部、
ドライブテクノロジ事業部、カスタマー・サービス事業部、金属テクノロジー
のビネスユニットからなり、全世界で100,000人を超える従業員を
擁しています。詳細はwww.siemens.com/industryをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。