logo

Futuris Automotive社、大手自動車メーカー向けシート・カバーの開発にシーメンスPLMソフトウェアのテクノロジーを採用

~フラット・パターンの開発、トリムのコスト計算、 製造ドキュメントの作成に、Seat Design Environmentソフトウェアを活用~

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、
製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて
世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは
本日、自動車用シートや内装トリムの大手メーカーである
Futuris Automotive社が、General Motors、Ford、Tesla、Chery、JAC
(Jianghuai Automotive Company)など数多くの大手自動車メーカーに
向けたシート・トリム・カバーの開発に、輸送用シートや内装トリムの
設計ソフトウェアであるSeat Design Environment(SDE)を採用したことを
発表しました。同社では、SDEを北米、中国、オーストラリア、タイ、
その他地域のすべての新規プログラムに活用する予定です。

「入札の準備でも、新製品の市場投入でも、自動車ビジネスで最も
重要なのが時間厳守です。当社の評価によると、SDEの導入で
大幅な時間短縮、たとえばフラット・パターンの初期開発では2週間もの
時間短縮が達成できると見ています。当社の従来のプロセスを
補完するSDEの導入により、当社の競争優位性を高めることができます」
と、Futuris Automotive社の設計開発担当エグゼクティブ・マネージャーの
Brian Thiele氏は述べています。

Futuris Automotive社では、シートの設計プロセス全体を包含する
業界初のシート設計ソフトウェアであるSDEを活用し、フラット・パターンの
作成、トリムのコスト計算、製造ドキュメントの作成などのプロセスを
効率化していきます。SDEでは、シート・システムの製品定義を
完全デジタルで作成できるため、設計の細部まで正確かつ効率的に
共有することが可能です。これにより、実際に試作品を製作する回数を
大幅に削減し、製品の市場投入期間を短縮させることができます。

「シート・カバーのメーカーは、製品を迅速かつ予算内で市場投入する
必要があります。SDEは、シート・トリム・カバーの完全な定義に必要
とされる設計および製造のドキュメントとデータの効率的な作成を可能にし、
シート・カバー・メーカーを強力に支援します。これを可能にしているのが、
シート・トリム・カバーの設計や製造プロセスとアプローチに適合した
ユーザー・インターフェイスです。当社は、シート・システムの
大手サプライヤであるFuturis Automotive社と協働し、この厳しい
競争市場で同社の目標達成を支援できることを大変嬉しく思っています」と、
シーメンスPLMソフトウェアの自動車業界向け専門エンジニアリング・
ソフトウェア担当バイスプレジデントのEd Bernardonは述べています。

SDEは、2011年12月6日にシーメンスが買収したVistagyにより開発
されました。同社は現在、シーメンスPLMソフトウェアの専門
エンジニアリング・ソフトウェアのビジネス・セグメントに属しています。


Futuris Automotive社について
Futuris Automotive社はオーストラリアの大手自動車部品メーカーであり、
オーストラリア証券取引所に上場する農業および地方ビジネスの
大手企業、Elders Limitedの100%子会社です。Futuris Automotive社は、
自動車用シートや内装トリムを新興市場で設計、開発、製造している
ほか、先進国市場ではニッチな高付加価値製品を設計、開発、
製造しています。オーストラリアを拠点とした設計・開発から、現在は
中国、タイ、南アフリカなどの新興市場に進出し、今後はアジア
太平洋地域とアメリカ地域への進出を計画しています。


シーメンスPLMソフトウェアについて
シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部の
ビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび
関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで
世界71,000社のお客さまにサービスを提供し、700万ライセンスに
およぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを
本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアを価値ある
製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。シーメンス
PLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は
www.siemens.com/plmにてご覧いただけます。


シーメンス産業オートメーション事業部について
シーメンスインダストリーセクターに属する産業オートメーション事業部
(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション技術、工業用制御技術、
産業用ソフトウェアを相互に組み合わせた多岐にわたる取り扱い品目を
提供し、製品の設計から製造、サービスに至る製造企業のバリュー
チェーン全体を支援しています。産業オートメーション事業部が
提供するソフトウェア・ソリューションを活用することにより、新製品の
市場投入期間を最大で約50%も短縮させることができます。
産業オートメーション事業部は、産業オートメーションシステム、
制御機器とシステムエンジニアリング、センサと通信、シーメンス
PLMソフトウェア、水処理技術の5つのビジネスユニットから
構成されています。
詳細はwww.siemens.com/industryautomationをご覧ください。


注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。
その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に
帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。