logo

IAOPが選ぶ世界屈指のアウトソーシングサービスプロバイダー100社にCi&Tが選出

ウェブ、モバイル、クラウドアプリケーション開発などのサービスを展開する Ci&Tは、IAOP®(International Association of Outsourcing Professionals®)が選ぶ2012年度グローバルアウトソーシング企業100社にランクインしたことを発表しました。世界屈指のアウトソーシングサービスプロバイダーとしてCi&Tが選出されるのは今年で5年目です。以前は「注目株」としてランクインしていたCi&Tが、今回初めて「リーダー」としてランクインしました。また、収益の拡大、従業員数の拡大に加え、製薬業界、金融業界、小売り・消費材業界におけるノウハウを評価され、10のサブカテゴリーでもリーダーに選出されました。

Ci&Tのハイパフォーマンスチームはすべてのプロジェクトでアジャイル開発手法とリーンITを採用しています。 2012年度グローバルアウトソーシング100へのランクインに加え、「収益が伸びている企業」、「従業員数が拡大している企業」、「製薬業界に強い5社」、「金融(保険)業界に強い20社」、「小売り・消費財業界に強い20社」、「マーケティングサービスに強い10社」、「研究開発に強い20社」、「中南米に強い10社」、「カナダに強い10社」、「年々躍進を遂げている企業」といった複数のカテゴリーでランクインしました。

「グローバルアウトソーシング100と世界のベストアウトソーシングアドバイザーランキングは、その厳格な審査と評価プロセスにより、企業がより確信を持って購買判断を下すのに役立つだけでなく、業界におけるサービスレベルのハードルを上げているのです」IAOPのCEOデビ・ハミルは言っています。

「グローバルアウトソーシング100に5度もランクインしたのは光栄ですし、我々の能力の見事な証明だと思います」Ci&Tの創業者でありCEOであるセザール・ゴンは話しています。「今後も、創業理念でありビジネスの中核でもあるイノベーションと発展に専念していきます。常に新しい技術や手法の最先端にいることで、比類なき最高のビジネスバリューをお客様に提供し続けます。」

IAOPの年間ランキングとそのサブリストは最高のアウトソーシングサービスプロバイダーやアドバイザーと協業したいと望んでいる企業にとって事実上のガイドラインとなっています。アリゾナ州立大学、イーストマン・コダック・カンパニー、リバティー・ミューチュアル・エージェンシー・コーポレーション、トムソン・ロイターズ、ピッツバーグ大学、ボーダフォンといった企業の経営者や学術機関に所属する業界の専門家が独立委員会を開き、年間ランキングを決定しています。

IAOPについて
The International Association of Outsourcing Professionals® (IAOP®)はグローバルな標準化団体であり、アウトソーシングを推奨している。世界中に12万以上の会員とアフィリエイトをかかえるIAOPは、企業がアウトソーシングの成功率を上げ、アウトソーシングの投資収益率を改善し、企業を超えたアウトソーシングの機会拡大に貢献している。詳細はリンクを参照。


Ci&Tについて
1995 年に設立され、北米、アジアパシフィック、ヨーロッパ、南米に拠点を構えるグローバル企業。ウェブ、モバイル、クラウドアプリケーション開発などのサービスを幅広く展開。Ci&Tのハイパフォーマンスチームはアジャイル開発とリーン ITの原則に基づき、最新のテクノロジーを駆使して、あらゆる規模の企業に価値あるプロダクトを提供している。詳細は (www.ciandt.com)を参照。


本件に関するお問い合わせ先
シーアイアンドティー・パシフィック株式会社
担当: 高橋亜紀子
03-0369-0652
infojapan@ciandt.com

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://ciandt.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。