logo

『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』、第1弾のターゲットは「Twitter」

モルソン・クアーズ・ジャパン株式会社 2012年07月12日 18時30分
From PR News

世界160ヶ国で愛される、輸入ビールNo.1(※)ブランド「Corona Extra(コロナ・エキストラ)」の輸入販売を手掛けるモルソン・クアーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:矢野 健一)は、2012年夏、「Corona Extra」ブランドにおける新プロジェクトとして、『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』を展開いたします。

「Corona Extra」は「ライムを入れてボトルのまま飲む」ユニークなスタイルで、人と人とのプレミアムな空間と「つながり」を提供、演出するブランドであり、リアルな「つながり」を大切にしています。
そんな「Corona Extra」ブランドが、2012年7月20日(金)に、同プロジェクトの第1弾として、「Twitter」にスポットを当てた企画、『Twitterに挑戦』を実施いたします。

※2009年当社調べ。(ライセンス生産品を除く)

■コロナからの挑戦状・・・「ソーシャル」と「リアル」、つながりの強さを比較検証!

無線LANでのインターネット接続を可能にしたWiFiの普及が進む今日では、場所を選ばずにさまざまな人とのコミュニケーションができるようになりました。
それに伴い、TwitterやFacebookなど、SNSの利用者も年々増加し、より多くの人たちとつながりが持てるようになりました。
特に、東日本大震災が起こった2011年3月には、リスク管理目的での需要が高まったことによりさらに利用が増え、Twitterの新規登録者数が前月比で137%に上昇(ニールセン調べ)するなど、SNSを使ったコミュニケーションは広がりを見せてきました。
それでは、こうしたSNSをはじめとした「ソーシャルコミュニケーション」は、果たしてそれだけで、本当の「人と人とのつながり」を生み出すのでしょうか。
画面上でクリックをしてSNSで形式上「つながった」としても、それは本当のつながりなのでしょうか。
本当のつながりとは「リアル」な場でこそ生まれるものであり、SNSでつながることはきっかけに過ぎないのではないでしょうか。
人と人とが本当につながるためには、「ソーシャル」上だけではなく、実際に同じ時間・瞬間を一緒に過ごす「リアル」な場でのコミュニケーションが必要ではないでしょうか。

そこで今回当社では、2012年夏の「Corona Extra」の新プロジェクトとして、「ソーシャルコミュニケーション」のつながりと「リアル」のつながりの強さを比べる『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』を実施いたします。

■「Twitter」代表・Zeebraと、「リアル」代表・おかもとまりの告知対決
  Zeebraのフォロワーは、誰でもパーティーに無料参加可能!7月20日(金)開催

「リアル」な場でのコミュニケーションが大切だと考える「Corona Extra」が、今回のプロジェクトにおける最初の挑戦相手として選んだのは「Twitter」。
「Twitter」上でのつながりと「リアル」なつながりでは、どちらがより強いものと言えるかを確かめるべく、『Twitterに挑戦』と題した企画を実施いたします。

本企画の内容は、Twitterの影響力を信じる「Twitter」代表と、リアルなつながりこそ全てと信じる「リアル」代表が、2012年7月20日(金)に実施される渋谷のパーティーイベントに制限時間内でそれぞれのやり方で友達を招待し、その数を競うというものです。
「Twitter」代表は、Twitterのみを使ってフォロワーにパーティーの告知をし、「リアル」代表は、電話などで告知をおこないます。告知に使える制限時間は4時間半。この限られた時間内に、より多くの人をパーティーに集めた方が勝利となります。

なお、今回の企画で「Twitter」代表を務めるのは、9万人以上ものフォロワーを保有する人気HIP HOPアーティスト「Zeebra」さん。一方の「リアル」代表は、ものまね界きってのアイドル「おかもとまり」さんに務めていただきます。
さらに、2人の熾烈な争いの見届け人として、自身も3万人以上のフォロワーを保有する「古坂大魔王」さんがMCを担当。
また、アシスタントとしてグラビアアイドルの「小松彩夏」さんも登場します。

ちなみに、当日のパーティーには、「Twitter」代表のZeebraさんのフォロワーの方であれば、どなたでも無料で参加することが可能です(入場は先着順です。入場制限をさせていただく場合がありますので、ご了承ください。)。
会場では「Corona Extra」が飲み放題。
安心安全な青果物を全世界から輸入し、消費者に届けている株式会社 ローヤルにご協賛いただき、品質の良いメキシコ産のライムも参加者にお届けいたします。
ダンスフロアでCoronaガール達と一緒にパーティーを楽しみながら、勝負の行く末を見届けることができます。
また、当日のパーティーの模様は、Ustreamでも配信予定です。
パーティーの概要は、『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』キャンペーンページにて公開中です。
パーティーの会場や詳細情報については、当日のZeebraさんのTwitter(アカウント:@zeebrathedaddy)およびUstreamで公開されます。
ぜひ、ZeebraさんのTwitterをフォローして、パーティーの情報公開をお待ちください。

▼パーティーイベント概要
【企画名】
『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』第1弾 『Twitterに挑戦』

【出演者】
Zeebra、おかもとまり、古坂大魔王、小松彩夏(敬称略)

【日時】
2012年7月20日(金) 18:00~
※Ustreamでも同時配信。

【場所】
東京都渋谷区
※会場については、当日15:00よりZeebraさんのTwitter(アカウント:@Zeebrathedaddy)およびUstream上で発表。

【ライム協賛】
本場メキシコ産最高品質のライムをコロナビールとともに。
世界5大陸・40ヶ国・300品目。
世界中の青果の旬を、年間通して、食卓へ。
株式会社 ローヤル
〒600-8841
京都府京都市下京区朱雀正会町1番地の1 京果会館内
経営戦略部(マーケティング担当) 池田 TEL 075-344-8675

▼『Twitterに挑戦』特設ページ URL
特設ページでは、『Twitterに挑戦』の企画概要を掲載しております。
また、Ustreamでは当日の詳細情報を掲載するほか、パーティーの模様もリアルタイム配信いたします。
UstreamのURLについては、特設ページ内にて公開予定です。
リンク

▼ZeebraさんTwitterアカウント
パーティーの詳細が随時発信されます。
また、Zeebraさんをフォローしている方をパーティーに無料でご招待いたします。

@zeebrathedaddy(リンク

▼『Corona Extra - WiFiへの挑戦状! - 』キャンペーンサイト
2012年7月12日(木)には、『Corona Extra - WiFiへの挑戦状 !』のキャンペーンサイトもオープンしています。
サイトは、WiFi世代のマストアイテムであるスマートフォンをイメージしたユニークなデザイン。今後のCorona Extraの挑戦内容の詳細とお得なイベント情報をアップデートしてまいります。
リンク

▼Corona Extra(コロナ・エキストラ)とは?
メキシコNo.1のリゾートスタイルプレミアムビール。
『ライムを入れて、ボトルのまま飲む』というユニークなスタイルで、いつもと違ったプレミアムな経験を提供します。スッキリした飲み口で、若者にも人気。
2012年は、“Connect without WiFi”というメッセージのもとブランドキャンペーンを展開。コロナ・エキストラはリアルなつながりを応援します。

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。