logo

公文書館にて「佐賀を襲った風水害」をテーマとした展示を行います

佐賀県 2012年07月11日 11時53分
From Digital PR Platform


佐賀県公文書館は、本年4月にオープンし、県が保存している明治期からの県の公文書や行政資料等の歴史的文書を公開しています。
今回は、所蔵資料等の館内展示をリニューアルし、下記のとおり「佐賀を襲った風水害」をテーマに、県内で過去に発生した風水害の様子や防災への取組などがわかる資料の展示を行います。

                  記

1 趣旨
 
 県内は自然排水が困難な低平地である佐賀平野・白石平野を中心に、過去に大規模な風水害がたびたび発生している。こうした過去の被害の状況や救援・支援、復旧・防災に向けての県の取組などの記録をたどり、梅雨前線の活発化や台風の襲来等により、一年の中でも風水害が発生しやすい時期に合わせて展示を行うものです。


2 期間 平成24年7月3日(火曜日)~平成24年9月30日(日曜日)

3 場所 佐賀県公文書館(佐賀市城内一丁目6番5号 佐賀県庁南別館西庁舎2階)

<参考:佐賀県公文書館概要>
【利用時間】午前9時~午後5時
【休館日】・毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、その翌日が休館となります)
※展示期間中の7月16日(月曜日)、9月17日(月曜日)は開館です。
・年末年始(12月29日~12月31日、1月1日~1月3日)
・その他臨時に休館する場合があります。
【入館料】無料
TEL 0952-25-7365 FAX 0952-25-7410/E-Mail kobunshokan@pref.saga.lg.jp
【その他】プライバシー等の観点から一部閲覧できないものもあります。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。