logo

ネクスト・イット株式会社とターボリナックス株式会社、パートナー契約を締結。

Turbolinux Serverをベースにグループウェア「Open -Xchange」をAcrive Directoryで一元管理

メッセージング&グループウェア「Open-Xchange」を国内で展開しているネクスト・イット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:仲西 敏雄、以下ネクスト・イット)は、ターボリナックス株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:森蔭政幸、以下ターボリナックス)とパートナー契約を締結しました。
両社は同契約のもと、本日より 『Turbolinux Serverをベースに「Open-Xchange」をActive Directoryで一元管理するソリューション』 として、以下4製品の販売および、サポートの提供を開始いたします。

【ソリューション概要】
「Open-Xchange」は別途動作するメールサーバと連携して、各種機能を提供するグループウェアです。
Turbolinux Serverのメールサーバサービスをベースにすると「Open-Xchange」でのユーザアカウントの同期とパスワード認証がこれまで以上に信頼性の高いものとなります。また、CLUSTERPRO X3.0をシステムに組み込むと、Single Point of Failure*1を排除できるため、予期せぬ障害が発生した際もメールサーバのダウンタイムを最小限に抑えられます。さらに、Active Directoryとの連携では、各ユーザがシングル・サインオンで許可されたすべての機能にストレスなくアクセス可能となり、これらを組み合わせることで「Open-Xchange」の導入による生産性および可用性の向上、業務の効率化をより実感することができます。以下は各製品の概要です。
*1:単一の障害により業務全体が停止となってしまう恐れのあるシステムを構成する要素。

■Open-Xchange
23か国語に対応しており、世界中で42百万ユーザ(2011年12月)に利用されているパブリック&エンタープライズ向けのメッセージング&グループウェアです。グループウェアに必須のメール、連絡先、予定表、仕事、ドキュメント共有などの操作を、標準的なwebブラウザ*2やモバイルデバイス*3で実行できるので、お客様の「いつでも、どこでも、誰とでも」を可能にし、「人と人」とをまたは「人と情報」とをリアルタイムに確実に、且つ安全に結ぶことができます。また、Microsoft OutlookクライアントやMacアプリケーション(Mail、iCal、AddressBook)との同期も標準装備しており、現状の資産を継承しながら企業内における情報の一元化を容易にします。
詳しくはリンクをご覧ください。
*2:Internet Explorer7以上、FireFox2以上、SeaMonkey1以上、Apple Safari3以上、Google Chrome
*3:iOS, Android, Windows mobile搭載デバイス
■Turbolinux Server(Turbolinux 11 Server/Turbolinux Appliance Server3.0)
Turbolinux Serverにはインターネット/イントラネットのフロントエンドで利用されるエッジ系サーバとして最適なTurbolinux 11 Server、Web管理ツールを搭載したTurbolinux Appliance Server3.0があります。どちらもマイクロソフト所有の特許に対する使用許諾権を取得済みであり、マイクロソフト社の知的所有権を侵害することなく使用できるLinuxサーバOSです。
詳しくはリンクをご覧ください。



■Linux Connector for Active Directory
WindowsとLinuxが混在する企業システムにおいて、相互のICT資源をシームレスに統合しActive Directoryで集中管理をするミドルウェア製品です。ディレクトリ・サービスでは、1ユーザにつき1つのユーザ認証を実現しており、ユーザは複数のID/パスワードを管理せずにシングル・サインオンで許可されたすべての機能を効率的に利用できるため、内部統制やコンプライアンス強化に有効なソリューションです。詳しくはリンクをご覧ください。

■CLUSTERPRO X3.0
システム障害を監視し、障害発生時には健全なサーバに業務を引き継ぐことで高可用性を実現するHA*3フェイルオーバー*4クラスタリングソフトウェアです。24時間365日の連続稼働の実現により、システムダウンが許されない業務システムでは導入必須のミドルウェアとなっています。
詳しくはリンクをご覧ください。
*4.ハイ アベイラビリティ(High availability):耐障害性と障害発生時の高速復旧を表す
*5.フェイルオーバー(fail over):システム障害発生時に、それまでに実行した処理やデータなどを代替システムへ自動的に引き継ぐ機能

【ネクスト・イット株式会社について】
NextITは2002年に創業した、先進の次世代IT技術を駆使して企業が抱える様々なITソリューションニーズにお応えする総合ITプロデューサー集団です。『リスクマネージメント・ソリューション』『プロフェッショナルサービス・ソリューション』事業をメインとし、ネットワーク、セキュリティ、ストレージ等のシームレス展開を実現させる「技術とサービスのワンストップ提供」を通して、日本のITビジネス業界に新しい価値の創造と変革をもたらす会社を目指しています。
詳細は、リンクをご覧ください。

【ターボリナックス株式会社について】
ターボリナックスは1995年の創業より、オープンソース・ソフトウェア(OSS)の開発力を基盤に、Linux OSの開発やサポート、およびミドルウェア/アプリケーションの開発と提供、SI事業など、OSSを活用したビジネスを展開しています。また、ビジネス市場でのOSS活用を促進するため、パートナー企業との広範なアライアンスを推進しています。
詳細は、リンクをご覧ください。


【本件に関するお問い合わせ】
ネクスト・イット株式会社
担当:谷尾
TEL:03-5783-0702  FAX:03-5783-0734
E-mail:info@nextit.jp

ターボリナックス株式会社
担当:営業本部
TEL:03-5436-7221  FAX:03-5436-7224
E-mail:info@turbolinux.co.jp


※LinuxはLinus Torvalds氏の商標です。
その他、記載された会社名および製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。