logo

スマートグリッド/スマートハウス向けの920MHz帯に対応するネットワークの新しい展開を解説したレポートをインターネットメディア総合研究所が出版

920MHz帯の解放により、より活発になる今後のネットワークの展開をIEEE802.15.4g規格を中心に解説したレポート「20MHz ZigBee IPとスマートメーター用802.15.4g標準2012-ECHONET LiteとSEP 2.0の共存からWi-SUNまで」の出版が、インターネットメディア総合研究所より発表されました。

【調査レポート概要】
現在、スマートグリッド/スマートハウスをめぐって、新しいダイナミックな展開が活発化している。
具体的には、
(1)スマートグリッドの国際標準仕様「NIST2.0」の完成(2012年2月)
(2)NIST傘下のSGIPのPAP18における「SEP 2.0」仕様の完了(2011年12月)
(3)IEEE 802.15.4gタスクフォースにおけるスマートグリッド向け新ネットワーク規格
「IEEE 802.15.4g:SUN(Smart Utility Network)」の完成(2012年3月)
(4)JSCAの「スマートハウス標準化検討委員会」におけるスマートハウス向けHEMS用
インタフェース「ECHONET Lite」の策定(2011年12月22日公開)
(5)「ECHONET Lite」環境の伝送メディア「特定小電力無線(ZigBee・SUN等)無線
LAN、PLC」の推奨(2011年12月)
(6)Wi-SUNアライアンスの設立(2012年1月)
などの動きである。

これらに加えて、2012年7月25日から、スマートグリッド/スマートハウス向けの920MHz帯(13MHz幅)無線周波数が全面開放され、これによってスマートハウス向け機器やスマートグリッド向けAMIネットワーク用製品の開発や導入が活発化することが期待される。
本書は、スマートグリッドの中核的な仕様である完成したばかりの「ECHONET Lite」や「SEP 2.0」も含め、920MHz帯にも対応する新ネットワーク「ZigBee IPネットワーク」や「IEEE 802.15.4g(SUN)ネットワーク」などの新しい展開を解説する。


【調査レポート】
920MHz ZigBee IPとスマートメーター用802.15.4g標準2012
ECHONET LiteとSEP 2.0の共存からWi-SUNまで
リンク


◆インターネットメディア総合研究所について
リンク


◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

◆無料メ-ルマガジンのお申込み
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:office@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。