logo

ウルシステムズ、VMware vFabric(TM) GemFire(R) ベースの高信頼分散データグリッドフレームワーク「ULFIRE (TM)」の提供を開始

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下 ウルシステムズ)は、分散データグリッド技術を用いて高信頼かつリアルタイムにデータを処理するためのソフトウェアフレームワーク「ULFIRE (TM)」の販売を2012年7月より開始します。

ウルシステムズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:漆原 茂、以下 ウルシステムズ)は、分散データグリッド技術を用いて高信頼かつリアルタイムにデータを処理するためのソフトウェアフレームワーク「ULFIRE (TM)」の販売を2012年7月より開始します。

クラウドやビッグデータの活用ニーズが本格化している昨今、大規模であっても高速な処理性能を実現する方法として注目されているのがインメモリ技術やスケールアウト技術です。しかし、複数のサーバーのメモリ上にデータのキャッシュをおいただけでは、基幹業務システムで必須となるトランザクション処理の要件を満たすことができません。

そこでウルシステムズでは、ヴイエムウェア株式会社の「VMware vFabric(TM) GemFire(R) 」の持つ機能を最大限に活用し、インメモリによる高速化と分散処理によるスケーラビリティを備えたアプリケーションを容易に実現するソフトウェアフレームワーク「ULFIRE」を開発しました。「ULFIRE」を利用することで、大量のデータが頻繁に更新される複雑なトランザクション処理においても、スケーラビリティを確保したままインメモリでの高速処理を実現することができます。また、システムダウンが許されないミッションクリティカルなシステムでの利用にも耐えられる、高信頼性を担保する機能を兼ね備えています。

ウルシステムズでは、これまでにも分散データグリッド技術を利用した開発を行ってきました。先行して「ULFIRE」を採用した金融機関向けシステムでは、30分かかっていた処理時間をわずか数秒にまで短縮することができました。

<「ULFIRE」の概要>
本フレームワークは、データ更新が頻繁に行われ、かつ信頼性も要求されるミッションクリティカルな業務のためのミドルウェア製品です。分散データグリッド製品である「VMware vFabric(TM) GemFire(R) 」を中核エンジンとして採用し、業務アプリケーションの処理ロジックを記述するだけで、高速・高信頼な業務システムを構築できます。

■主な機能
・クライアント処理要求の急激な増加に対応できる自動負荷分散処理
・システム障害にも耐えうる自動リカバリ処理
・頻繁なデータ更新にも対応できるデータグリッド処理
・大量データへのアクセスを可能にするビッグデータキャッシュ処理

■提供するサービス
・システムアーキテクチャのコンサルティング及び全体設計サービスの提供
・性能チューニングなどのプロフェッショナルサービス及びシステム構築
・「ULFIRE」の販売、保守サービスの提供

<今後の展開>
「ULFIRE」はすでに金融機関向けの活用実績がありますが、今後はヴイエムウェア社の協力のもとマーケティング及び営業活動を実施し、金融だけでなく、製造・流通・情報通信業のお客様向けにも展開する予定です。大量の部品表を参照するリアルタイム生産管理システムや全国展開する店舗やインターネット店舗をまたぐリアルタイム在庫管理など、大量のデータ処理を高信頼でリアルタイムに実施したいお客様のビジネスに貢献してまいります。

今回の新サービス「ULFIRE」提供開始に際して、ヴイエムウェア株式会社 代表取締役社長 三木泰雄氏は次のように述べています。
「ヴイエムウェア株式会社は、ウルシステムズの拡張性のあるデータグリッドフレームワーク「ULFIRE」のサービス提供開始を歓迎します。当社VMware vFabric(TM) GemFire(R) が採用された「ULFIRE」とウルシステムズの高い技術力により、今後多くのお客様が高速かつ柔軟なビッグデータ・クラウド時代における先端技術活用のメリットを享受しビジネスを加速できると確信しています。」

このプレスリリースの付帯情報

ULFIREを適用した場合のシステム構成図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

※「ULFIRE」及びこれらのロゴは、ウルシステムズ株式会社の日本及びその他の国における商標又は登録商標です。その他の製品名及びサービス名等は、それぞれ各社の商標である場合があります。
※VMware、Cloud Foundry、VMware vSphereは、VMware, Inc.の米国および各国での商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。