logo

【ベネッセコーポレーション】~小学生の“朝食”に関する意識調査結果ご報告~

株式会社ベネッセコーポレーションの通信講座「進研ゼミ小学講座」は、夏休みを前に「夏休みの朝は親子でチャレンジ!」というキャンペーンをスタートしました。2012年7月2日(月)にキャンペーンWEBサイト「おはチャレ紹介サイト」(リンク)内で、朝ごはんの悩みに関するアンケート結果「おはチャレデータ集(1)<朝ごはんに対する小学生ママの本音編>」と、小学生のいる家庭向け夏の朝ごはんレシピ「子どもが喜ぶ!夏のカンタン朝ごはんレシピ」全42種の公開をスタートします。

長期休暇である夏休みには生活リズムも崩れがち。家にいても生活リズムを崩さず、自信を持って2学期を迎えるには、いつも通り朝食を食べ、勉強をして…という毎日のリズムの維持が大切です。
しかし、今回、同社が「小学生の“朝食”に関する意識調査」を行ったところ、1日の規則正しい生活リズムのスタートとなる朝食に関する保護者の悩みが明らかになりました。そのため、保護者向け特設サイトをWEBサイト「おはチャレ紹介サイト」内に設置し、国内最大規模の料理教室・パン教室・お菓子教室の紹介サイト「クスパ」とのコラボレーションによるレシピを紹介することで、「お子さまを応援するための朝食づくり」をお手伝いいたします。

大切な夏休みの朝ごはんを充実したものにしてほしいという願いを込めて、以下、今回の調査の詳細をご紹介します。


◆「朝食は大切」と思う親も、朝食を「毎日食べる」子どもも9割以上!
悩みは・・・「レパートリーがない」

「朝食は大切だと思うかどうか」についての質問に対しては、「そう思う」「どちらかといえばそう思う」の合計は99.6%。ほとんどの保護者が子どもの朝食が大切だと考えていることがわかりました。
さらに、小学生に対して「朝食はどのくらい食べていますか?」と質問したところ、「毎日食べる」と答えた人は95.4%。「週に5日以上食べる」が3.2%、「週に3~4日食べる」(0.9%)、「週に1~2日食べる」(0.36%)、「食べない」(0.04%)を大きく引き離し、大多数の子どもは毎日食べるという習慣になっていることがわかりました。朝食を食べない日がある子どもに「朝食を食べない理由」を尋ねたところ、「ギリギリまで寝ていたいから」が最も多く、63.6%。「食欲がないから」が46.3%。「朝食が毎日いっしょであきるから」6.5%でした。

そして、お子さまの朝食について「毎日食べること」を大切なポイントとしている人は92.4%。9割以上の人が子どもの生活習慣を大切にしている姿勢がうかがえますが、「朝食について、悩んでいること」を聞いてみたところ、「レパートリーがないこと」がトップの45.8%。次いで、「栄養のバランスがとれていないこと」36.2%、「急いで食べさせないといけないこと」33.0%という結果になりました。子どもに毎日朝食を準備するなかでの保護者の悩みのポイントがうかがえます。


◆朝食の準備、前日の夕食や調理の必要ないものを活用。ただし休日は手間をかける

お子さまへの朝食の準備については、「朝、おうちのかたが調理したものを食べている」が74.7%と1位ですが、「簡単な作業で食べられるものを購入して、食べている」が38.0%。3位は「前日の夕食など前もって調理されたものを食べている」(25.3%)、「調理の必要がないものを購入して食べている」(24.4%)、「既に調理されたものを購入して食べている」(6.0%)と続き、なるべく手間がかからないものを朝食として準備する人も多いようです。

そんなお子さまへの朝食の準備に、どの程度時間をかけるかについて平日、休日それぞれをきいたところ、平日は「5分以上15分未満」が55.3%と半数以上を占め、1位となりました。2位は「15分以上30分未満 」が28.0%。半数以上の人が15分以内、8割以上の人が30分以内に準備を終わらせているようです。3位は「5分未満」(13.7%)ですが、「30分以上」の人はわずか2.9%。
一方休日の準備時間は、1位から順に「5分以上15分未満」(45.9%)、「15分以上30分未満」(37.9%)、「5分未満」(8.5%)、「30分以上」(7.4%)。平日に比べ、学校のない休日のほうがゆっくり準備できることがわかります。


【調査方法】
調査期間:2012年5月30日(水)~2012年6月3日(日)
実施方法:インターネット調査
調査対象:小学1年~小学6年生の保護者とお子さま/5,058組
     (子どもの回答については保護者を通した聞きとりでの回答)


◆「親子でおはようチャレンジ!」について

夏休みの保護者の方々の悩みごとは、お子さまの生活リズムの維持と、家での食事の回数が増えることによるメニューのマンネリ化です。
そんなときに、親子で夏の朝の時間を有効活用しましょう!保護者の方は朝ごはんづくりにチャレンジ、子どもはおべんきょうにチャレンジ!生活習慣の崩れやすい長期休みに親子で一緒にチャレンジをすることで朝から安定した生活リズムを作って「脱・ダラダラ」を目指していただけるように進研ゼミ小学講座は応援します。

そのため、悩みを抱え小学生の保護者の方に、進研ゼミ小学講座と、クスパが共同で夏の朝にピッタリのレシピを開発し、夏休み42日分のレシピを用意したサイトをオープンしました。
レシピやデータは、7月2日から紹介し、7月23日にも追加公開予定です。

■URL :リンク
■クスパ:クスパは、国内最大規模の料理教室・パン教室・お菓子教室の紹介サイト2004年に、Cooking School Park(クッキングスクールパーク)としてオープン。現在は、全国約1,900教室の情報を掲載するポータルサイト。

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。