logo

ブランドダイアログとアプレッソが戦略的業務提携を締結 SaaS型システムデータ連携EAIツールGRIDY Ashura提供開始



~企業内システムをつなぐ「DataSpider(R)」のOEMを受けKnowledge Suite新機能実装~

業務支援型SaaS・クラウドコンピューティングカンパニーのブランドダイアログ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲葉雄一 以下BD)とデータ連携EAIソフトウェアベンダーである株式会社アプレッソ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:長谷川礼司 以下アプレッソ)は、SaaS型システムデータ連携ソリューションにおける戦略的業務提携を締結いたしました。

BDは、国内1,500社以上の導入実績(2012年4月時点)をもつ「DataSpider Servista(以下 DataSpider)」をはじめ、広範な業種、業態の企業ユーザーの開発生産性とコスト削減に貢献するソリューションを提供するアプレッソとの業務提携により、DataSpiderのOEMを受け、SaaS型ビジネスアプリケーション『Knowledge Suite(ナレッジスイート)』にラインナップされた各GRIDYアプリケーションと企業内の基幹システムとのデータ連携を実現する「GRIDY Ashura(グリッディ アシュラ) Powered by DataSpider(以下GRIDY Ashura)」を共同開発いたします。

今後も両社の強みを活かし、エンタープライズ市場におけるデータ連携ニーズに応える取り組みを、より一層強化していきます。


=================================================================
●業務提携の背景
=================================================================
BDは、中堅・大企業の『Knowledge Suite』導入が加速する中、急増する基幹システムとの連携や他のアプリケーション連携ニーズへの対応が急務でした。既存顧客をはじめ、新規顧客のニーズの高いデータ連携を容易に、そして安価に提供する方法を模索しており、MIJSコンソーシアム(メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム)を通じて、中小企業から、中堅・大手企業までを対応したEAIツールの提供を目的に今回のOEMを実現いたしました。
アプレッソは、主力製品である「DataSpider」等の開発・販売・サポートの他、クラウド市場における広範な業種、業態の企業ユーザーの開発生産性とコスト削減に貢献するソリューションパートナーを模索していました。
そしてこの度、両社は『Knowledge Suite』を軸とした企業内システムデータ連携ソリューションの共同開発を行い、データ連携基盤を通じたクラウド利活用の促進、お客様ニーズへの早期対応を行い、『Knowledge Suite』の市場拡大を進めていくことになりました。


=================================================================
●テクノロジーパートナーとして第一弾の取り組み
=================================================================
第一弾の取り組みとして、『Knowledge Suite(ナレッジスイート)』にラインアップされた各GRIDYアプリケーションと人事システム、販売システム、ERP等の基幹システムとデータ連携を実現する「GRIDY Ashura」を今夏リリースいたします。既に、大企業への導入も決定しており、その他多くの引き合いをいただいております。


=================================================================
●「GRIDY Ashura Powered by DataSpider」 サービス概要
=================================================================

GRIDY Ashura は、システムデータやアプリケーションを自由に「つなぐ」、Knowledge Suite専用のシステムデータ連携EAIツールです。
ご利用中の人事システム、販売管理システム等の基幹システムとKnowledge Suiteとの相互連携利用を、ノン・コーディング、高効率/高速実行を可能とし、短期間かつ低コストで、柔軟にデータ連携を実現します。
例えばGRIDY Ashura を利用すればKnowledge Suiteの導入時に、既存の基幹システムに手を加えることなく豊富なデータ連携アダプタを選び、 容易にマスタ情報の受け渡しや、各アプリケーションからのデータ連携・移行を行なうことが可能になります。
また、Knowledge Suiteの受注レコードから社内システムの商品マスタを参照したり、Knowledge Suiteの受注レコードを スケジュールを指定して社内システムに渡す運用も可能です。
GRIDY Ashuraは基幹システムやクラウドアプリケーションとKnowledge Suite との連携に特化することにより、短期間・低コストで連携を可能にします。


▽特徴
○データ連携をクラウド上で実現
データ連携に必要なサーバーは不要、月額料金でシステム連携が可能です。クラウド間データ連携も可能です。
○開発運用コスト大幅削減
これまで膨大な時間と労力がかかったプログラム開発は一切必要ありません。短期間でシステムデータ連携が可能です。
○豊富な連携アダプタ
ファイル、各種データベース、Lotus Notes、LDAP(Active Directory)、Lotus Domino、Lotus Notes、BIツールといった多種多様なデータソースに対し、 アダプタを用いて容易にデータ連携を実現できます。


▽料金 (パブリッククラウド版※1 表記は税別)
初期費用:  初期環境設定費用:300,000円~
       接続スクリプト開発:個別見積り
月額費用:  基本料:25,000円/月
       アダプタ※2 利用料:20,000円~

※1:プライベートクラウド版 GRIDY Ashura(グリッディ アシュラ)の提供もございます。
※2:GRIDY Ashura アダプタ とは、異なる複数の形式のシステムやデータの連携を容易に行うためのモジュールの総称で、アダプタを利用すれば連携毎の面倒なコーディングやデータ仕様の解析、詳しい知識は不要です。


=================================================================
●Knowledge Suite について
================================================================
「Knowledge Suite(ナレッジスイート)とは、12,000社以上の企業・団体に導入されているGRIDY グループウェアはじめ、営業支援SFA/顧客管理CRM機能が全て統合され、ユーザー数無制限で利用できる純国産クラウド型統合ビジネスアプリケーションです。
<3つの特徴>
1.ID課金からの解放!「ユーザー数無制限」
2.ビジネスに必要なアプリケーションが「オールインワン」
3.スマートフォンでも使える!「マルチデバイス対応」

<3つの安心>
4.必要機能から運用開始が可能な「減らすカスタマイズ」
5.組織・権限による「見せる・見せない情報」を制御
6.安心・安全なクラウド環境
強固な設備、24時間監視の国内データセンター/ISO27001を考慮したSaaS設計/金融機関並みのセキュリティ対応




【株式会社アプレッソ 概要】 (2012年7月2日現在)
本 社 : 東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル2F
設 立 : 2000年4月3日
事業内容 : データ連携ソフトウェア「DataSpider Servista」、ビジネスプロセス連携製品「DataSpider BPM」、
スケジュール連携・自動同期ソフトウェア製品「PIMSYNC」の開発・販売・サポートを中核とする
ソフトウェアパッケージ事業
資 本 金 : 267,000,000円
代 表 者 : 長谷川 礼司
U R L : リンク


【ブランドダイアログ株式会社 概要】 (2012年7月2日現在)
本 社 : 東京都港区赤坂2-17-22
設 立 : 2006年11月1日
事業内容 : デジタルマーケティング事業
SaaSソリューション事業
クラウドR&D事業
資 本 金 : 524,500,000円(資本準備金含む)
代 表 者 : 稲葉 雄一
U R L : リンク
関連URL :リンク

<本リリース/取材等に関するお問い合わせ>
ブランドダイアログ株式会社 CRM本部 柳沢 
TEL:03-3589-2726 FAX:03-3589-2719 E-Mail:info(アット)branddialog.co.jp

<サービス・導入に関するお問い合わせ>
ブランドダイアログ株式会社 ソリューション本部 飯岡 
TEL:03-3589-2720 FAX:03-3553-4435 E-Mail:info(アット)gridy.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。