logo

ネクスト・イット、オンラインストレージサービス「File Dock(ファイル ドック)」を開発、サービス開始は7月中旬を予定

企業のファイル管理要件を十二分に満たすオンラインストレージサービスの決定版がついに登場

ネクスト・イット株式会社(東京都品川区、代表取締役社長:仲西 敏雄、以下ネクスト・イット)は、メール/グループウェア クラウド アプリケーションやSaaSの分野での草分け的存在であり、世界標準であるOpen-Xchangeをエンジンとして搭載したSaaS型ファイル共有ストレージサービス「File Dock(ファイルドック)を開発、2012年7月中旬にサービスを開始することを発表しました。初年度2万ユーザに対するサービスを目標とし、オンラインストレージ市場の拡大に努めて参ります。

企業の情報量は、年々増え続けています。このような大容量の情報を社内外のグループで共有し、その情報を安全に快適に伝達すること、そして最適なインフラ整備に迅速に取り組むことが、今後の企業の情報管理の重要な課題となっています。ネクスト・イットの仲西敏雄は、次のように述べています。「近年の企業データは、情報系を中心に大きく増大しています。各企業においては、設備への投資や管理に大変苦心されているのが実情です。特にデータ保管、共有、管理、セキュリティ、空き容量といったファイル管理要件に関わるお客様の声は実際によく聞かれます。こうしたデータ保管、共有、管理を安全に、空きスペースを気にすることなく使用できるのが、オンラインストレージの決定版「File Dock」なのです。」仲西はさらに続けます。「こうしたお客様の声を反映した多種多様の機能を持った安全性が高いクラウド型ストレージサービスがわずかな投資で利用できるのです。」

お客様の声を反映したFile Dockの主要な機能と特長
●きめ細かな権限制御が可能なファイル共有
必要に応じてオンラインストレージ内に設けられたパブリック&プライベートエリアにフォルダを作成することが可能。フォルダは、作成者によって共有、読み書き、修正、削除に関する権限の制御やセキュリティ制御できる本格的なファイル管理機能を持っています。
●ファイルのバージョン管理(無制限)機能、および検索性を向上させるコメント機能
●安全で快適な大容量データ転送
大容量の企業間転送には、従来、サイズ制限、セキュリティ問題、帯域幅消費といった受け手側、送り手側それぞれに苦労がありましたが、本サービスを利用することにより、不特定多数の人々との大容量データ転送が安全、かつ、快適に実現できるようになります。
●自動同期とログ収集
ローカルドライブとオンラインストレージ間の自動同期が可能。操作ログも常に収集されており、必要に応じて閲覧することができます。
●「いつでも、どこでも、誰とでも」を実現
人と情報を確実に安全に結ぶため、主要なブラウザ(Internet Explorer、Firefox、Chrome、Safari)やiOS、Android、Windows Mobileベースのスマートフォン、タブレットにも対応しています。

価格体系は無償版と有償版からなり、無償版では3GB(容量)、3ユーザ(ユーザ数)が初期費用無しに提供され、有償版の場合、1ユーザ当たり180円、1GB当たり30円*でのご提供となり、有償、無償版を含め、初年度2万ユーザに対するサービスを目標としています。
*スタートプランは10ユーザ、10GBからとなり、以降、容量の追加は1ユーザもしくは10GB単位となります。
本サービスは、安全性の高いデータセンターで、データの二重化および災害対策としてのディザスタリカバリシステムを導入したシステムと常時監視システムを採用。安全第一に運用されています。また、標準サポートとして弊社に登録されたグループリーダーの方からの問い合わせを24時間365日弊社RiMIC(Risk Management Information Center)が電話、メール、FAXで対応いたします。

『File Dock』についての詳細はこちらのサイトでもご覧戴けます。
リンク

【報道関係者様のお問い合わせ先】
ネクスト・イット株式会社
担当:谷尾
TEL:03-5783-0702
e-mail:press@nextit.jp  URL: リンク
   【ネクスト・イット株式会社について】
NextITは2002年に創業した、先進の次世代IT技術を駆使して企業が抱える様々なITソリューションニーズにお応えする総合ITプロデューサー集団です。『リスクマネージメント・ソリューション』『プロフェッショナルサービス・ソリューション』事業をメインとし、ネットワーク、セキュリティ、ストレージ等のシームレス展開を実現させる「技術とサービスのワンストップ提供」を通して、日本のITビジネス業界に新しい価値の創造と変革をもたらす会社を目指しています。
詳細は、リンクをご覧ください。
【Open-Xchange社について】
Open-Xchange社は、ソーシャルネットワークと企業ネットワークの統合やモバイルでのアクセス機能を提供する現在主流のメール/グループウェアクラウドアプリケーション、あるいはSaaSの分野での草分け的存在で、世界各国の大手Webホスティング事業者によって利用(42百万ユーザ、2011年12月現在)されており、また、そのオンプレミス版は、約3,500の企業、政府関係機関、教育機関で使用されています。Open-XchangeAG は、ドイツのNurembergに本社のある株式非公開企業で、詳細は、www.open-xchange.comをご覧ください。
※製品名及び会社名はそれぞれの所有者の商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。