logo

クエステトラ: ワークフローにタイマー制御機能、仕事の「予約」が可能に

~1週間後の「再確認メール」も送信予約できる業務プロセス管理クラウド~

法人ソフト開発の株式会社クエステトラ(京都市、代表執行役CEO今村元一)は、本日6月19日、SaaS型ワークフロー『Questetra BPM Suite』の新バージョン8.5を公開しました。新バージョン8.5では、ワークフロー図に従って流れる業務案件を、その途中で滞留させておくことが可能になります。例えば、「会員カード受付業務」において「郵送カードの到着確認メール」を1週間後に自動送信予約しておく事ができます。
画面イメージ リンク

【Questetra BPM Suiteについて】
Questetra BPM Suite は、「業務の流れ」をDrag&Dropで設定できるワークフローシステムです。条件分岐やワークフロー間のデータ連携もノンプログラミングで実現できるので、人事系の申請承認システム、クレーム処理システム、あるいはBPO進捗の可視化システムなど、幅広い業務でご利用頂くことが可能です。(100%ウェブシステム、Google Apps連携、社内SNS搭載、400超の業務テンプレート)

【v8.5新機能について】
◆タイマー制御機能
ワークフローの途中に制御イベント(※)を配置する事ができるようになります。これまでも、ワークフローを起動する際のタイマー制御は実装されていましたが、ワークフローの途中でのタイマー制御は実現できていませんでした。銀行入金を確認するタスクが翌月月末に割り当たる様にする、「契約更新案内メール」が1か月前に自動送信される様に予約しておく等の設定が可能となります。(※BPMNタイマー中間イベント)

◆連鎖計算機能
数値型の業務データにおいて複雑な演算式を運用しやすくなります。これまでは、「合計金額を求める演算」と「その合計金額消費税を加える演算」を定義する際に、他方を参照する記述ができませんでした。演算結果を連鎖的に利用(カスケード参照)する事が可能となります。

◆その他の機能追加
業務データ(プロセスデータ)の確認画面でも関連する「社内つぶやき」を確認できるようになります。新しく作った「組織」に対して、業務を一括して割り当てる事ができるようになります。
詳細 リンク


【無料体験について】
クエステトラでは常時『5ユーザ』ライセンスを無料で発行しています。使用期限や機能制限はありません。APIやSSO設定などを含め、全ての機能がご利用頂けます。(ディスク容量およびパフォーマンス面は、SaaS契約環境と異なります。また15日間ご利用が無い場合、サービスが停止されます。)


【クエステトラ社について】
「日常業務をモット楽しく!!」 世界中のワークフロー整備を目指し、ビジネスソフトウェアを創造し続ける京都のスタートアップ企業です。
Cool Vendor 2010 in BPM (Global) 受賞。

商号: 株式会社クエステトラ (Questetra, Inc.)
代表: 代表執行役CEO 今村 元一
所在地: 京都市中京区御池通間之町東入高宮町206 御池ビル4階
事業: 法人向けソフトウェア開発
設立: 2008年4月
資本金: 1億6千万円
URL: リンク

【本プレスリリースに関する問合先】
株式会社クエステトラ カスタマーサービス部
担当: 西、服部
Email: pr@questetra.com TEL: 075-205-5007

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。