logo

Tintri、ティントリジャパン合同会社を設立、日本市場における本格的な事業を開始

ティントリジャパン合同会社 2012年06月18日 16時00分
From DreamNews

2012年6月18日 ─ 仮想化環境専用フラッシュベース・ストレージシステムのベンダーであるTintri, Inc.(本社:カリフォルニア州マウンテンビュー、最高経営責任者:キーランハーティ、以下Tintri)は、同社日本法人であるティントリジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、職務執行者社長:河野通明、以下ティントリジャパン)を2012年6月18日付けで設立したことを発表します。Tintriは、ティントリジャパンの設立により、日本における製品の提供やサポートサービスをさらに拡充します。この発表は、2012年第1四半期における多くの新規顧客の獲得、次期バージョンで搭載予定の高度なクローニング機能やvAAIサポートを含む「Tintri VMstoreストレージ・アプライアンス」の主要なソフトウェア・アップデートに続く、Tintriの勢いを表すものです。

Tintriは、フラッシュおよび仮想化に特化して設計された仮想化環境専用ストレージシステム「Tintri VMstoreストレージ・アプライアンス」を提供するストレージ専業ベンダーです。Tintriは2008年の創業以来、米国、ヨーロッパおよびアジアにてビジネスを展開してきました。日本国内の企業やデータセンターにおける仮想化ニーズの高まりを受け、今回の日本法人設立となりました。

日本法人設立に際し、Tintri, Inc. 最高経営責任者キーランハーティは次のように述べています。「当社の成長にとって日本は重要な市場です。仮想化環境専用ストレージが爆発的に需要を増す中、日本法人の設立は、2012年以降のTintriの大きな成長戦略における必然的なステップであると考えています。ティントリジャパン設立は、日本市場に対する当社のコミットメントなのです」

ティントリジャパンは、東京都千代田区を拠点とし、職務執行者社長には河野通明(こうのみちあき)が同日付で就任しました。河野はネットアップ株式会社の創業メンバー、データドメイン株式会社代表取締役を経て、EMCジャパン株式会社執行役員BRS事業本部長を務めました。その際、重複除外バックアップストレージの飛躍的なビジネス拡大に貢献しました。また、データドメイン株式会社のもう一人の創業メンバーで、EMCジャパン株式会社BRS事業本部技術部長を務めた首藤憲治(しゅとうけんじ)が、テクニカルダイレクタに就任しました。

日本法人設立に際し、ティントリジャパン合同会社職務執行者社長の河野通明は次のように述べています。「ティントリジャパンの設立により、仮想化環境における従来のストレージの課題克服と運用の簡素化を模索する日本のお客様が、Tintri VMstoreストレージ・アプライアンスに一層着目いただけると確信しています。日本でも仮想化技術が浸透する今、従来のネットワーク・ストレージに代わる仮想化環境専用の優れたストレージシステムを提供する絶好の機会と、Tintriでは捉えています」

Tintriの主要製品である「Tintri VMstoreストレージ・アプライアンス」は、フラッシュベースの仮想化環境専用プライマリ・ストレージシステムです。VMware製品とのAPI連携機能を持つ独自の専用ファイルシステムを搭載することで、仮想化環境における高いパフォーマンスと運用の簡素化を実現します。また、ディスクをSSDとSATAディスクのハイブリッド構成とし、SSDで99%以上のヒットレートを可能にするブロックの自動配置機能や、インラインの重複排除機能およびデータ圧縮機能、仮想マシンのオートアライメント機能などの先進技術の搭載により、低コストかつ高パフォーマンスな仮想化インフラの構築を可能にします。

ティントリジャパンは日本市場向けの販売、事業開発およびマーケティングに加えて、技術サポートと各種サービスをパートナー企業を通じて提供し、お客様のビジネスの拡大と環境保護への取り組みを支援してまいります。

<会社概要>
名称:ティントリジャパン合同会社 (英表記:Tintri Japan, G.K.)
本社所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-3-1 東京銀行協会ビル15階
電話番号:03-3216-7345
Eメール:info.japan@tintri.com
URL:リンク
代表者:職務執行者社長 河野通明 (Michiaki Kono)
事業内容:米Tintri社製ストレージ「Tintri VMstoreストレージ・アプライアンス」の販売ならびに保守業務
主要取引先:ノックス株式会社

<販売・サポート体制>
Tintri VMstoreストレージ・アプライアンスはTintri販売代理店より購入いただけます。また、サポートサービスは購入先の販売代理店より提供されます。

<主要製品「Tintri VMstoreストレージ・アプライアンス」>
・Tintri VMstore T445
Tintri VMstore T445は、フラッシュベースの仮想化環境専用のプライマリ・ストレージシステムです。仮想化環境専用に設計され、低コストかつ高パフォーマンスな仮想化インフラの構築を可能にするエントリーモデルです。
・Tintri VMstore T540
Tintri VMstore T540は、Tintri VMstore T445の機能に加え、HA(High Availability)機能を標準搭載したフラッシュベースの仮想化環境専用のプライマリ・ストレージシステムです。デュアルコントローラ構成によって冗長性を確保し、ミッションクリティカルな環境に適用できる高い可用性を備えたモデルです。


■Tintriについて
フラッシュおよび仮想化に特化して設計されたTintriの仮想化環境専用ストレージシステムは、仮想化環境と親和性の高い直感的な管理機能を備え、一般的なディスクベースの価格でフラッシュと同等の性能を提供します。「Tintri VMstoreストレージ・アプライアンス」を導入後、いくつかのお客様では、わずか60日間でROIを達成しています。Tintriは、以前VMwareのエンジニアリング担当上級副社長だったキーランハーティ博士によって共同設立されました。また、TintriのチームにはCitrix、Data Domain、Google、NetAppおよびRiverbedからリーダークラスのメンバーが参画しています。 Tintriはカリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置き、ヨーロッパとアジアでも事業を展開する株式非公開企業です。Tintriの詳しい情報については、リンク(米Tintri)をご覧ください。また、ツイッターについては、リンク、フェイスブックファンページについては、リンクをご覧ください。
ティントリジャパン合同会社は、米Tintriの日本法人として2012年6月より日本における事業を開始します。ティントリジャパンは、パートナー企業を通じて仮想化環境専用プライマリ・ストレージシステム「Tintri VMstoreストレージ・アプライアンス」の日本国内における販売および保守業務を展開します。

■仮想化環境専用ストレージ「Tintri VMstoreストレージ・アプライアンス」について
仮想化環境専用ストレージ「Tintri VMstoreストレージ・アプライアンス」は、VMware製品とのAPI連携機能を持つ独自の専用ファイルシステムを搭載したプライマリ・ストレージシステムであり、仮想化環境において高いパフォーマンスや運用管理の簡素化を実現します。これによりTCOの削減に大きく貢献します。
* TintriおよびTintri VMstoreは、米国Tintri社の商標または登録商標です。文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問い合わせ先
ティントリジャパン合同会社 河野、首藤
Tel. 03-3216-7345
E-Mail. info.japan@tintri.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]