logo

エマソン UPS(無停電電源装置)GXT3-Jシリーズを発表

- グリーンモード、LCDディスプレイ等、新機能を搭載 -

株式会社アンペール(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:藤田功)は、日本エマソン株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:土屋 純 本社:エマソン・エレクトリック(NYSE:EMR)米国ミズーリ州セントルイス)のサーバ向け無停電電源装置(UPS)「LiebertGXT3-J UPSシリーズ」の販売を開始します。リリースされる製品は100V入出力で800VA/1100VA/1500VA/2200VA/3000VAの5容量5モデル。製品出荷後のアフターサポートも国内にて行います。

「LiebertGXT3-J UPSシリーズ」は信頼性の高い常時インバータ給電方式を採用。日本語対応LCD コントロールパネル、グリーンモード搭載による省エネ運転など次世代のUPSです。Windows OS 及びLinux 用のマネジメントソフトをバンドル等、GXT同様高い電源品質とコストパフォーマンスを兼ね備えています。GXT3-1500RT100Jを6月4日から販売開始、その他製品は近日発売予定です


○見やすく操作しやすいLCDディスプレイを標準装備
マルチカラーLCD、ステータス、ログ確認がLCDで可能、設定変更が本体キー操作で可能、日本語対応

○長寿命バッテリを搭載
周囲温度25℃環境にて期待寿命5年のバッテリを搭載
UPSのバッテリ寿命に煩わされること無く負荷機器のライフサイクルに合わせた計画を提案可能

○操作性に優れた管理ソフトを標準添付
Windows、Linuxへの対応可能

○シリアル、USB、ネットワーク接続にて同一の管理ソフトを利用可能
様々なインターフェィスを標準装備
シリアル(RS232C)、UPS、ドライ接点、スマートスロット等、通信ポートを標準装備

○各規格に適合/準拠
適合規格:UL1778、FCC ClassA、VCCI ClassA
準拠規格:RoHS指令

○拡張バッテリにてバックアップ時間を延長可能(近日発売予定)
最大4台まで拡張可能

○グリーン・モードを選択できる常時インバータ給電方式UPS
3種類のUPS運転モード(オンラインモード、グリーンモード、グリーンモード自動)
グリーンモード時の効率97%、通常(オンラインモード)89%







◆株式会社アンペールについて
1)設立:1971年 2)本社所在地:東京都新宿区 3)代表取締役社長:藤田 功
産業用制御機器に必要なソリューションを提供する産業機器、UPSやネットワーク機器等ITインフラを提供する情報機器、語学教育システムを提供する文教システム部門と3つの分野を柱とした事業を展開しています。
詳細は同社のホームページ(リンク



◆日本エマソン株式会社 エマソン・ネットワークパワー事業部について
1)設立:1961年 2)本社所在地:東京都港区 3)代表取締役:土屋 純
現在関係会社を含めて15の分野で事業展開しています。エマソン・ネットワークパワー事業部は、データセンター・サーバールーム向けUPS、精密空調、直流電源・整流器、サージ抑制機器、監視装置、IT
インフラ管理ソリューションをお客様に提供しております。
詳細は同社のホームページ(リンク



◆エマソン・エレクトリック(NYSE:EMR)について
1)設立:1890年 2)本社所在地:米国ミズーリ州セントルイス 3)CEO:David N. Farr
米国ミズーリ州に本拠を置く、世界有数の事業規模を誇るグローバル企業です。1890 年に交流モーターの製造会社として発足し120 年の間に産業向け電気電子機器の世界的メーカーへと成長を遂げました。
現在では、広範な電気・電子機械機器等の設計・開発・製造及び販売を行なっています。2011 年度の売上高は、242 億ドルに達し、世界中で240 の製造拠点と13 万人の従業員を擁しています。
詳細は同社のホームページ(リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。