logo

2012年GWの過ごし方アンケート結果 ~高まる旅行意欲。「GWに旅行をする人」は、海外・国内ともに震災前より増加。



 フォートラベル株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長 井上英樹、以下、フォートラベル)は、運営する「旅行のクチコミサイト フォートラベル(リンク)」の会員を対象に、「2012年GWの過ごし方」に関するアンケート調査を実施いたしました。調査結果を本日、以下の通りご報告いたします。


【TOPIC1】
GWの連続休暇日数の平均は5.8日。多い順から「4日間」(45.7%)、「9日間」(18.9%)、「5日間」(9.5%)となった。GWの過ごし方(予定)別では、「海外旅行」を予定している人が最も長く連続休暇日数は7.9日。続いて「帰省」6.0日、「国内旅行」5.4日となった。

【TOPIC2】
GWの「予定が決まっている」人は70.5%。そのうち最も多い過ごし方は「海外旅行」の28.9%、続いて「自宅中心で過ごす」(23.8%)、「国内旅行」(20.2%)の順となった。2年前(2010年)に行った調査結果と比較すると、旅行を計画している人は国内・海外とも増加、「自宅中心で過ごす」や「仕事」という回答は減少し、旅行意欲は高まっているようだ。

【TOPIC3】
国内旅行の期間は、平均3.7日。多い順から「3日間」(38.5%)、「4日間」(25.7%)、「2日間」(16.5%)となった。行き先としては「長野県」「沖縄県」「北海道」が人気。また「国内旅行」、「帰省」を予定している人の出発のピークは「5月3日(木)」で、帰着日のピークは「5月6日(日)」となった。

【TOPIC4】
海外旅行の期間は、平均7.3日。多い順から「8日間」(18.1%)、「4日間」(14.6%)、そして「5日間」「9日間」がともに10.4%で続いた。行き先は「アジア」が多く、その中でも特に「韓国」「中国」「台湾」が人気。なお、出国日のピークは「4月28日(土)」で、帰国日は「5月6日(日)」だった。

【TOPIC5】
海外旅行および国内旅行を予定している人に手配状況を聞いたところ、「予約した」は63.3%、「手続き、調整中」という回答が14.6%となり、あわせて77.9%の人がGWの旅行予約について何かしらのアクションを始めていることがわかった(3月末現在)。ただし海外旅行と国内旅行では傾向に違いがみられた。海外旅行を予定しているが具体的な手配をしていない人が7.0%にとどまるのに対して、国内旅行については、34.5%の人が手配をしていないと回答。GWといえども間際に予約する傾向が目立った。

----------------------------------------------------------------------

詳しい調査結果の内容は、以下のフォートラベルプレスページにてご確認ください。

<リリースページ>
リンク

----------------------------------------------------------------------
その他フォートラベルのリリースは以下のページにてご確認いただけます。
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。