logo

オートデスク、土木・インフラストラクチャ業界向けBIM/データ管理/プラント ソフトウェア最新版を発表

~ 強化されたBIM ソリューションと、クラウドを活用したデータ管理ソリューションなどを通じ 土木・インフラ業界のプロフェッショナルの生産性向上と関係者間のコラボレーション促進を支援~

オートデスク株式会社は本日、土木・インフラストラクチャ業界向けソフトウェアの最新版を発表しました。オートデスクはこれらの製品群の提供を通じて、道路、電気、ガス、河川、土地開発・造成、鉄道、上下水道、プラント、ユーティリティなど、土木・インフラストラクチャ業界のさまざまな分野に携わる設計者や技術者向けに、画、設計、施工、さらには維持管理に至るまでのプロジェクト全体の効率化/生産性向上の取り組みを支援します。
また、今回発表した製品では、土木・インフラ向けBIM(ビルディングインフォメーション モデリング)や3Dモデリングの機能強化に加え、クラウドを活用したデータの管理/共有ソリューション、設計モデルのビジュアル化などを通じて、プロジェクト関係者のアイデア共有やコラボレーションを促進し、プロジェクトワークフロー全体の経済性の向上を実現します。

今回発表した新製品の主な特長は以下の通りです。

AutoCAD® Civil 3D® 2013 (オートキャドシビルスリーディー 2013)
土木設計と設計図書作成のための BIM ソリューションであるAutoCAD Civil 3D 2013 は、新機能による業務の効率化と生産性の向上を実現し、土木・インフラ業界の設計者・技術者が道路、鉄道、水道などの各建設プロジェクトプロジェクトで、よりインテリジェントな3D モデルを作成できるよう支援します。
AutoCAD Civil 3D 2013 の詳細は下記URL をご参照ください。
リンク

AutoCAD® Map 3D 2013 (オートキャドマップ スリーディー 2013)
AutoCAD Map 3D は、インフラストラクチャ業界のためのCAD・GIS ソフトウェアで、インフラ業界の計画・調査や維持管理業務の効率化と図面作成を支援するソリューションです。最新版では、Oracle に加え、新たにMicrosoft SQL Server をデータベースとしてサポートするほか、計画、設計、施工、管理などライフサイクル全体を通じたインテリジェントなインフラモデル(電気、ガス、水道、下水など)の活用を支援するための、より強化されたツールを搭載しています。
AutoCAD Map 3D 2013 の詳細は下記URL をご参照ください。
リンク

Autodesk® Infrastructure Map Server 2013 (オートデスクインフラストラクチャマップサーバー2013)
Autodesk Infrastructure Map Server 2013 は、CAD 図面情報、GIS 地図情報、資産情報をすばやく簡単に、高いコスト効率で共有するためのWeb アプリケーションです。Autodesk Infrastructure Map Server を使用して、図面と地図データを重ね合わせ、Web ブラウザを通じて、道路、河川、空港、港湾、電力、通信、鉄道、ガス、上下水道などのインフラストラクチャ情報を関係者間で共有できます。最新版ではDWG のネイティブなサポートが実現し、AutoCAD Map 3D などのデータのやりとりがより容易になりました。
Autodesk Infrastructure Map Server 2013 の詳細は下記URL をご参照ください。
リンク

AutoCAD® P&ID 2013 (オートキャド ピーアンドアイディー 2013)
AutoCAD P&ID 2013 は、設計者やエンジニアが慣れ親しむ使いやすい最新の AutoCAD プラットフォームをベースにした、配管の基本系統図(P&ID)の作成、編集、管理を実現するソリューションです。最新版では、よりインテリジェントなストレッチツールなど、ドラフティングの生産性を高めるために機能を強化しました。
AutoCAD P&ID 2013 の詳細は下記URL をご参照ください。
リンク

AutoCAD® Plant 3D 2013 (オートキャドプラントスリーディー 2013)
AutoCAD Plant 3D 2013 は、設計者やエンジニアが慣れ親しむ使いやすい最新の AutoCAD プラットフォームをベースにした、プロセスプラントの基本設計、配管モデリング、および部品表などの設計図書の作成のためのソリューションです。最新版では、アイソメ図やカスタマイズ可能なレポート生成機能が強化され、配管設計のためのインテリジェントな3D モデリングやドキュメンテーションのツールを搭載しています。また、自動位置調整、高度固定機能が追加されたことで、配管サポートの編集が容易になり、さらに計装/制御バルブを含むカスタム部品のパラメトリック構造や編集などの機能を強化しました。これらの新機能により、非常に複雑な配管設計をサポートします。

AutoCAD Plant 3D 2013 の詳細は下記URL をご参照ください。
リンク

【スタンドアロンライセンス製品の価格(税込)および出荷開始予定日】
製品名 価格(税込) 出荷開始予定日
AutoCAD Civil 3D 2013 (スタンドアロン) ¥918,750 2012 年4 月13 日
AutoCAD Map 3D 2013 (スタンドアロン) ¥766,500 2012 年3 月30 日
Autodesk Infrastructure Map Server 2013 (Windows 版) ¥766,500 2012 年3 月30 日
AutoCAD P&ID 2013 (スタンドアロン) ¥845,250 2012 年4 月12 日
AutoCAD Plant 3D 2013 (スタンドアロン) ¥1,380,750 2012 年4 月12 日
※ オートデスク認定販売パートナー、販売店から購入される場合の価格は、直接パートナーや販売店にお問い合わせください
以上

当ニュースフラッシュに関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

◆ 報道関係者問い合わせ窓口
オートデスク プレスデスク 担当:木下/田坂
Email: autodesk@golinharris.com
Tel: 03-5484-6024

*無償ソフトウェアとサービスには、ダウンロードされるソフトウェアに同梱されている使用許諾契約の条件が適用されます。

AutodeskならびにRevitは、米国および/またはその他の国々における、Autodesk, Inc.、その子会社、関連会社の登録商標または商標です。その他のすべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。オートデスクは、通知を行うことなくいつでも該当製品およびサービスの提供、機能および価格を変更する権利を留保し、本書中の誤植または図表の誤りについて責任を負いません。
© 2012 Autodesk, Inc. All rights reserved.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。