logo

ヘイズ、法務専門家の採用動向に関する調査結果を発表

Hays PLC 2012年03月26日 16時30分
From JCN Newswire

Tokyo, Mar 26, 2012 - ( JCN Newswire ) - 人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)はこのたび、日本の65の法律事務所を対象に実施した法務専門家の採用動向に関する調査結果を発表しました。

これによると、日本の法律事務所の4社に1社(26%)が法務専門家を募集しており、3社に1社(31%)は過去2年間で社員数を増やしていました。採用で最も重要視される資質は、「業界に特化した知識」で、続いて「日本の司法試験資格」、「日本市場に関する知識」、「グローバルな経験」となっています。

日本の法律事務所による外国人の採用は、まだ本格的な動きになっておらず「日本に加え海外からも法務専門家の採用を検討する」と回答した法律事務所はわずか6%でした。なお「日本全体を対象に法務専門家の採用を行う」と回答した法律事務所は14%で、大半の法律事務所は「通勤可能な範囲」で採用を行うと回答しています。

また日本市場における認知度について尋ねたところ、52%の法律事務所が日本での認知度をわずか5%と回答したにもかかわらず、37%が専門分野およびサービスの拡大を計画していることが判明しました。

今回の調査結果について、ヘイズ・ジャパン代表取締役のクリスティーン・ライトは次のように述べています。「日本の法律市場は引き続き回復傾向にあり4社に1社は法務専門家の求人を行っています。候補者も積極的に新たな機会を模索しています」。

「法律事務所の中には多くの上場企業に対し幅広い法務業務サービスを提供するためサービス内容を再構築している所があり、こうした事務所では大企業を担当した経験豊富な法務専門家の需要が特に高くなっています。また海外展開を視野に、国内でビジネス拡大を計画している法律事務所もある事から、法務専門家の求人ニーズは高まっています。海外で日本企業によるM&A案件が増えている事も、経験豊富な法務専門家を求める一因となっています」。

「昨今、法律事務所から企業内法務専門家に転職する動きは、魅力的なキャリアパスとなっています。その結果、法律事務所は継続的に法務専門家の採用を行っており、これも法務専門家の人材市場が活発化している要因と考えられます」。

「法務専門家の採用において、法律事務所は厳しい審査基準で臨んでおり、高い資質と経験が求められています。一方で、企業の人件費は抑えられる傾向にあり、最近法務専門家として採用された人材の給与は前職と同等額でした。『2012年度ヘイズ給与ガイド』でも報告されていますが、日本の法務市場の報酬は比較的低めで推移しています。そのため候補者はより一層自分が興味を持てる専門分野をめざし、転職先企業の将来の潜在的な成長力を考慮に入れ転職しています」。

ヘイズ・ジャパンによる法務専門家の採用動向に関する調査結果は次の通りです。

- 法務専門家(弁護士、パラリーガル、法令順守、法務業務アシスタントなど)の採用範囲については51%が「通勤可能な範囲」で求人を行うと回答、14%が「日本全体」、6%が「日本全体と海外」

- 過去2年間のグローバルまたは日本事務所の社員数の増減について31%が「増加した」、26%が「減少した」、60%が「変わらない」と回答

- 求人状況について現在26%が求人を「行っている」、74%が「行っていない」

- 弁護士など法務専門家の採用で最も重要視される資質は、「業界に特化した知識」(65%)、「日本の司法試験資格」(43%)、「グローバルな経験」(11%)、「日本市場に関する知識」(11%)、「アメリカの司法試験または海外での同等資格」(3%)(複数回答可)

- 総社員数に対する女性社員率は10%以内(29%)、10-25%(23%)、26-50%(25%)、51-70%(11%)、71%以上(12%)

- 「継続的に自己啓発やトレーニングの機会を提供する」と回答した法律事務所は34%、「提供しない」66%

- 法律事務所の専門分野やサービスの日本市場における認知度について聞いたところ、認知度75%と回答したのは3%、50%(17%)、25%(14%)、10%(14%)、5%(52%)

- 専門分野を増やし、サービスの拡大を計画している事務所は37%、サービスの拡大を計画していない事務所は63%

調査実施日:2012年3月8~13日
調査対象:日本の65の法律事務所
調査方法:調査会社に委託

ヘイズ・グループについて

ヘイズ・グループは、グローバルな人材サービスを提供するスペシャリストの人材紹介会社です。世界31カ国*、247の拠点において、7,988人超の従業員が経験とスキルを備えた人材サービスをグローバルに提供しています。

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社について

ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社は、ヘイズ・グループの日本法人として2001年に東京で設立されました。同社は日本で唯一、東京赤坂本社、新宿支店、大阪支店の3つの国内拠点を擁する外資系人材紹介会社です。「経理・財務」、「金融」、「ファイナンス・テクノロジー」、「人事」、「ヘイズ・リース・マネージメント」、「インフォメーション・テクノロジー」、「保険」、「法務」、「ライフ・サイエンス」、「オフィス・プロフェッショナル」、「不動産関連」、「セールス&マーケティング」、「サプライチェーン」の13の専門分野に精通したコンサルタントが豊富な知識と経験をもとに、正社員から契約・派遣社員まで、企業の人材採用や個人のキャリアアップを支援しています。

* 日本をはじめ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、コロンビア、中国、チェコ共和国、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、ハンガリー、インド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルグ、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、ロシア、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカの計31カ国

本件に関するお問い合わせ先:
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社
朝倉 03-3560-2813

概要:Hays PLC

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。