logo

EMCがPivotal Labsを買収

ビッグデータのリーダーEMCと、アジャイル(*1)のエキスパートのPivotalが統合

設立間もない企業から大企業まで、あらゆる企業の次世代アプリケーションの開発を加速

EMCコーポレーション(本社:マサチューセッツ州ホプキントン、会長 兼 社長 兼 最高経営責任者(CEO):ジョー・トゥッチ、NYSE略号:EMC、以下EMC)は、本日、アジャイル・ソフトウェア開発企業のPivotal Labsを買収したことを発表しました。Pivotal Labsはサンフランシスコを拠点に、アジャイル・ソフトウェア開発のサービスやツールを提供する非公開企業です。買収はすべて現金で行われ、2012会計年度のGAAP およびnon-GAAPベースのEPS への大きな影響はないと思われます。また、EMCは、本日、「Greenplum Chorus」の販売開始を発表しました。「Greenplum Chorus」はデータ・サイエンティスト・チームにフェイスブックのようなソーシャル・コラボレーション機能を提供する業界初の製品であり、データセットの作成を繰り返し、ビジネスに実用的な知見を迅速に提供します。

Pivotal Labsの買収により、EMCが提供する従来のITインフラストラクチャでは対応しきれなかったビッグデータの保存や分析、ビッグデータ対応製品やサービスなどが新たに加わり、EMCの製品・サービスがさらに強化されると期待されます。EMCは2012年に、構造化データと非構造化データ分析のための、業界初のスケールアウト型基盤「Greenplum Unified Analytics Platform (UAP)」を発表しました。EMCでは、昨年データ・サイエンティスト・サミットを開催し、データ・サイエンスとその専門家であるデータ・サイエンティストの育成に注力しています。今回のPivotal Labs買収により、お客様は「Greenplum Chorus」内でデータセットを作成し、Ruby on Rails (ルビーオンレイルズ)(*2)などの最新のプログラミング環境でビッグデータのアプリケーションを迅速に開発できます。

ビッグデータは新しい概念であるため、市場には投入されているビッグデータ用のパッケージ・アプリケーションも多くはありません。そのため、多くの企業は大量データをHadoopを使い、カスタム・コードを書いて価値ある情報の抽出を試みています。しかし、迅速なイテレーション(*3)やテスト主導型の開発機能、オープンソース・ツールや最新のフレームワークなどを採用するアジャイル開発のリーダーであるPivotal LabsがEMCに加わったことで、設立間もない企業からグローバル企業まであらゆる規模の企業が、ビッグデータを活用する新しいアプリケーションやサービスの開発を迅速に行えるようになります。

買収により、1989年に創設されたPivotal Labsの以下の資産をEMCは活用できるようになります。
1. 高い独自性と最高レベルのソフトウェア開発手法
2. ウェブ、携帯、ビッグデータ、クラウドサービスなどを専門とする世界トップレベルの技術者
3. 世界中で240,000人の開発者が使用している、業界最高のソフトウェア開発ツール「Pivotal Tracker」

Pivotal Labsは現在、Twitter、Best Buy、Groupon、Salesforce.com、EMI、
Urban Dictionary、Linden Lab、Task Rabbit、The Annie E. Casey Foundationなどのお客様を抱えています。EMCでは、これまでの買収同様、Pivotal Labsへの投資と組織強化を進め、EMCからの需要に基づき拡張できるビジネス体系を構築していきます。

*1 アジャイル:「俊敏な」「すばやい」という意味。IT業界では、経営環境の変化に迅速に対応できる柔軟な情報システムや、効率的なシステム開発手法などを指す。
*2 Ruby on Rails:オープンソースのWebアプリケーション・フレームワーク
*3 イテレーション:コンピュータープログラムにおける処理の繰り返し

# # #

■EMCコーポレーションについて
EMCコーポレーションは、お客様およびサービスプロバイダーのビジネスの変革を行い、IT-as-a-Serviceを提供する世界のリーディング・カンパニーです。この変革には、クラウド・コンピューティングが基本となっています。EMCは、革新的な製品とサービスによって、IT部門のクラウド・コンピューティングへの旅を加速させ、
最も価値ある資産である「情報」を、機敏に、高い信頼性で、効率的に、保存、管理、保護、そして分析を行うことをお手伝いいたします。リンク

■本件に関するお問い合わせ先
EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾 Tel: 03-5308-8888(代表)/ 03-5308-8867(直通) E-mail: japanpr@emc.com

EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
部長 笛田理枝子 Tel: 03-5308-8888(代表)/ 03-5308-8174(直通) E-mail: japanpr@emc.com


# # #

EMC、EMC2、Greenplum、Greenplum Chorus、Pivotal Labs、およびPivotal Trackerは、
米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。