logo

日本ネクサウェブNexawebコンバートツール"Screen Converter for Visual Basic"を正式リリース

~Visual BasicによるレガシーシステムのWebシステム移行工数を大幅に削減~

日本ネクサウェブ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:矢形勝志、以下「日本ネクサウェブ」)は、Nexawebコンバートツール「Screen Converter for Visual Basic」を正式にリリース致します。リリース日は4月10日(火)を予定しています。


Visual Basic などのクライアント/サーバー型システムは、ユーザ・インタフェースの豊富さ、使い勝手の良さから現在でも多くの業務系システムで利用されていますが、インターネット網の活用や再配布等の維持運用コストの削減要求からWeb システムへの転換が望まれています。 しかし、クライアント/サーバー型アプリケーションをHTML ベースのWeb アプリケーションに移行した場合、ユーザ・インタフェースの制約とレスポンスの低下が発生し、業務効率の悪化が大きな課題となります。


Nexaweb のRIA技術で開発されるアプリケーションはこの問題を解決し、クライアント/サーバー型システムと同様の操作性、使い勝手をWeb システムで提供しています。
また昨今では、Visual Basic 6.0 のサポート終了が近づいており、さらに効率的なWeb アプリケーションへの移行・開発が求められています。


「Screen Converter for Visual Basic」はNexawebの既存ユーザー様に無償で使って頂けるコンバートツールです。Microsoft社Visual Basic 6.0の画面定義の標準UIコンポーネント部分をNexawebの画面定義に自動変換して、Visual Basicからの移行にかかる開発工数削減に貢献します。
また同時リリースする「Screen converter for Visual Basic SDK」を利用してサードパーティー製や独自に作成したUIコンポーネントに対する変換ルールをカスタマイズし、よりコンバート率を上げることができます。これらのツールを使用することにより、Nexawebを使ったWeb アプリケーションへの移行を行う際の効率を飛躍的に上げることができます。


■価格
Screen Converter for Visual Basic:
Nexaweb Platformをお使いのお客様 / 無償
SDK:ライセンス150万円(税別) メンテナンス 30万円(税別)


■Nexaweb(ネクサウェブ)とは
日本ネクサウェブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:矢形勝志)は、米国マサチューセッツ州バーリトンに拠点を持つネクサウェブ社の100%子会社として2005年7月に設立され、日本国内の『Nexaweb(ネクサウェブ)』のライセンス販売、コンサルティング、マイグレーション支援、技術サポート、教育や関連パッケージの企画・コンサルテーションなどに携わっています。国内では既に、三菱東京UFJ銀行や大和証券、アフラック、関西電力など始め、銀行・証券・保険・通信・公共業界の大手企業を中心に120社を超える企業に導入されています。
安定性を重要視する基幹システム対応、次世代RIAアプリケーションのWeb開発・運用基盤『Nexaweb(ネクサウェブ)』は、リッチ且つ操作性に優れたWeb画面とインテリジェントな通信管理(リアルタイム・プッシュ配信)/非同期)を同時に実現します。これまで作業効率向上に寄与してきたレガシーシステムからのWeb移行時や新システム構築時において、システム開発の効率化や稼働後の運用コストを抑制し、同時に基幹業務の効率向上と高い利用者満足度を提供します。


■日本ネクサウェブ株式会社
リンク
所在地: 東京都千代田区外神田5-3-1 秋葉原OSビル10F
TEL: 03-5812-6358 FAX: 03-5812-6343 代表取締役社長: 矢形 勝志
設立: 2005年7月
事業内容: Nexaweb製品の販売、販売企画、技術サポート、コンサルティング、教育トレーニング等


■本件に関するお問い合わせ先:
日本ネクサウェブ株式会社 
マーケティング本部 田畑
TEL:03-5812-6358 FAX:03-5812-6343 E-mail:sales@nexaweb.co.jp
※本リリースに記載されている内容は予告無く変更することがあります。
※本リリースに記載されている製品名、会社名は各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。