logo

NFCフォーラム、EMVCoツールやISO10373-6などのスマートカードソリューションが、新会社「キーラボズ」社を設立

ポジティブワン株式会社 2012年03月08日 13時51分
From RELEASE PRESS



ポジティブワン株式会社(以下ポジティブワン)は、ソリアティス社およびレイゾナンス社の統合により設立された新会社「キーラボズ社(KEOLABS)」の日本市場における戦略的且つ主力なポジションとして、販売サポートを強化いたします。

ポジティブワンは、ソリアティス社とレイゾナンス社の製品をワンストップ・ソリューションとして提供およびサポートしてきました。この度の統合により、NFCフォーラム、EMVCo、ISO10373-6、ISO10373-7などの完全なるテストソリューションを確実にタイム・ツー・マーケットのニーズに応えられるようにいたします。

現在ラスベガスで行われているCARTES展示会において、キーラボズ社CEOのミシェル・ルプアトア氏は、ソリアティス社とレイゾナンス社の合併に際し、以下のように述べています。「この合併は、直感的に我々の製品およびサービスを融合させた長期的な戦略の中で、お客様のすべてのニーズを満たすように最適化されました。これまで数年間、我々はそれぞれの企業の製品提供やサービスを行っている際に、補完的且つ親密な連携をしてきました。この合併はいわば自然な結果であることと同時に、相互に有益であると判断しました。また、将来の新たな成長が期待でき、コスト構造の改善と相乗効果を通じて、企業の潜在力を向上させます。」

またミシェル・ルプアトア氏は、「我々の革新的な融合は、すべての従業員と経営陣のユニークでエキサイティングな挑戦でもあります。そして我々が将来成功を収める最も重要な秘訣は、柔軟且つ専門知識を持ち合わせている強いチームであるということです。」と付け加えています。
キーラボズ社のミッションは、マイクロコントローラとセキュアなコンポーネントを実装テストするためのツールとサービスを提供することです。そしてこれらの実現のために、主にスマートカード検証ツール、マイクロコントローラツールのふたつのアクティビティを有しています。

キーラボズ社のスマートカードは、業界標準に準拠して、スマートカードとその関連技術を検証し、認証のためのエンド・ツー・エンドの製品およびサービスを提供しています。キーラボズ社は、セキュアなトランザクションと同一セクタのすべての主要な認証プロセスを実施しています。また、デジタルおよびアプリケーション層への電気の接触および非接触セキュリティで保護されたコンポーネントすべてのレイヤーの検証のための包括的なソリューションを提供しています。キーラボズ社サービスセンターには、スマートカード、携帯電話、電子パスポート、電子運転免許証やカードリーダのための安全なコンポーネント部門のすべてのテストサービスを提供しているISO17025認証センターが含まれています。

キーラボズ社のマイクロツールは、メイク、エディタ、デバッグとエンベデッド・マイクロコントローラ・アプリケーションをプログラミングするための完全な範囲を網羅しています。1988年以来「Raisonance」ブランドで知られており、またこのビジネスユニットは、世界有数の部品メーカ、製造メーカを含む顧客を有し、日本市場においてもポジティブワンを日本総販売代理店として市場開拓へ注力してきました。

キーラボズ社は、ハードウェアとソフトウェア両方の設計の専門知識を有し、8ビットから32ビットのマイクロコントローラ技術のコンパイラツールセット、統合開発環境、ハードウェア、スターターキット製品を提供します。サポートするコア技術は、業界標準のARM、8051およびPowerPCといくつかの独自のアーキテクチャが含まれています。

【ポジティブワン株式会社について】
社名 ポジティブワン株式会社(POSITIVE ONE CORPORATION)
所在地 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティ・ウエスト22F
URL リンク
ポジティブワン株式会社は、最先端技術と時代を先読みしたエンベデッドソリューションをご提供します。そのために海外の有力な最先端技術会社と提携し、多様化する仕様に対応できるOEMハードウェアや世界標準ISO等に準拠する品質向上のためのツールをご提供します。さらに、システムコンサルティング、エンベデッドからPC、スマートフォン、サーバーを含んだハードウェアからソフトウェアまでのシステム受託開発など、皆様のプロジェクト成功のためのご支援をいたします。

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。