logo

ザイリンクス、世界初の Zynq-7000 エクステンシブル プロッセシング プラットフォーム(EPP)をウェブセミナーで解説

ザイリンクス社 2012年03月07日 10時45分
From JCN Newswire

Tokyo, Mar 7, 2012 - ( JCN Newswire ) - ザイリンクス社 (米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ : XLNX) の日本法人であるザイリンクス株式会社 (東京都品川区、代表取締役社長サム ローガン) は 3 月 7 日、同社が公開中の視聴無償ウェブセミナーにおいて、「Zynq(TM)-7000 エクステンシブル プロセッシング プラットフォーム (EPP) アーキテクチャとエコシステム」の配信を本日から開始したと発表した。本セミナーでは、Zynq-7000 EPP におけるアーキテクチャの詳細な機能および拡張を続けているエコシステムを解説するとともに、Zynq-7000 EPP を使用したデザイン手法や各種デザイン ツールを紹介する。

2011 年 12 月に世界初の EPP 製品として出荷が開始された Zynq-7000 ファミリは、業界標準の ARM(R) デュアルコア Cortex(TM)-A9 MPCore プロセッシング システムと、ザイリンクスのスケーラブルな 28nm アーキテクチャを組み合わせている。プロセッサを中核としたアーキテクチャによって、FPGA の柔軟性とスケーラビリティ、ASIC 相当のパフォーマンスと消費電力、そして ASSP の使いやすさを実現している。

ザイリンクスの最新ウェブセミナーでは、Zynq-7000 EPP のアーキテクチャや機能性をはじめ、ソフトウェアおよびハードウェアのデザイン フロー概要を、実際のデザイン過程をスクリーン ショットで紹介しながら解説する。迅速かつ拡張性の高いデザイン設計がいかに実現するか、ブートおよびその他機能を詳細に解説しながら、ザイリンクスのエコシステムが提供する Linux を使用したソフトウェア開発の機能や、バーチャル プラットフォームを使用するメリットなど、Zynq-7000 EPP が提供する総合的な開発環境を説明する。最新ウェブセミナーは リンク より視聴できる。

ザイリンクスのウェブセミナーは、インターネットを使ってより多くの FPGA/PLD ユーザーにザイリンクス製品のさまざまな情報を手軽に習得してもらうことを目的に、2005 年にグローバルでスタートした。FPGA 入門編から活用編、開発ツール編、FPGA/PLD 概要編で構成され、ザイリンクス製品の最新機能や活用方法の紹介から、FPGA の基礎が習得できる内容のものまでをラインナップしており、全国の幅広い製造分野のエンジニアを中心に 9,000 名近い登録者に視聴されている。

その他 Zynq-7000 EPP についての詳細は、 リンク を参照されたい。

ザイリンクスについて

ザイリンクス (NASDAQ : XLNX) は、プログラマブル プラットフォームのリーディング プロバイダーである。詳しい情報はウェブサイト リンク で公開している。

※ ザイリンクスの名称およびロゴ、Artix、ISE、Kintex、Spartan、Virtex、Zynq その他本プレスリリースに記載のブランド名は米国およびその他各国のザイリンクスの登録商標または商標です。ARM、Cortex は EU およびその他各国の ARM の登録商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

このプレス リリースに関するお問い合わせは下記へ
ザイリンクス株式会社
マーケティング本部 竹腰
TEL: 03-6744-7740

株式会社井之上パブリックリレーションズ
ザイリンクス広報担当 鈴木/関
TEL: 03-5269-2301

下記のザイリンクス株式会社ウェブサイトもご参照ください。
トップページ: リンク
プレスリリース (日本語): リンク
このリリースの全文は次のURLを参照のこと:
リンク

概要:ザイリンクス社

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。