logo

マクドナルド初の“アボカドソース”を使用! 爽やかなシーザーサラダ風味 『ビバリーヒルズバーガー』 3月7日(水)から期間限定販売開始!

日本マクドナルド株式会社 2012年03月06日 16時42分
From Digital PR Platform


日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長兼CEO原田泳幸)は、本年の“Big America”キャンペーンの第4弾として、「ビバリーヒルズバーガー」を3月7日(水)より全国のマクドナルド店舗(一部店舗を除く)にて、期間限定で販売開始いたします。

“Big America”は、マクドナルドが誇るビーフ100%の1/4ポンドビーフパティ(通常のビーフパティの約 2.5倍)を主役に、アメリカのスケール感と個性豊かな味を楽しんでいただけるハンバーガーシリーズです。2010年1月に展開した“Big America”、2011年1月に展開した“Big America2”は、いずれもお客様からの反響が非常に大きく、累計販売個数が1億個を突破する大人気シリーズとなりました。

4種類のラインナップで展開する本年の“Big America”は、アメリカンなボリュームはそのままに、ビーフの味を引き立てる、こだわり抜いたソースや食材を使用し、アメリカを代表するツアースポットをテーマに、その場所の持つイメージや楽しさを、さまざまな素材を使って表現しています。

「ビバリーヒルズバーガー」は、ジューシーなビーフを、レタスとオニオンが引き立て、マクドナルドの商品としては初めて使用するアボカドソースと、濃厚なシーザーサラダソースが絡んだ、爽やかな味わいが特長の一品です。カリフォルニアで馴染みのある「シーザーサラダ」をコンセプトに、セレブが暮らす憧れの高級住宅街ビバリーヒルズを表現しました。

マクドナルドはこれからも、お客様のご期待にお応えすべく、お客様の嗜好にあったマクドナルドらしいおいしいメニューをご提供できるよう努めてまいります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。