logo

CSR、Mobile World Congress 2012 にて画期的な位置精度を実現する屋内用ナビゲーションを披露

CSR株式会社 2012年03月06日 13時00分
From DreamNews

CSR plc(英国ケンブリッジ、ロンドン証券取引所 略号:CSR.L、以下、「CSR」)は、Mobile World Congress 2012 において、高精度屋内ナビゲーションのデモンストレーションを実施したことを発表しました。高測位精度を可能とする屋内用ナビゲーションは、画期的なSiRFstarVアーキテクチャと SiRFusion位置情報プラットフォームによって実現されます。デモンストレーションでは、CSR の試作 SiRFstarV デバイスと STマイクロエレクトロニクス社(以下、ST)の MEMS センサを搭載するスマートフォンを使用し、実施されました。CSR と STは、信頼性が高く、正確な屋内位置情報とナビゲーションを実現するために、この画期的な自己学習型 SiRFusion プラットフォームが複数のワイヤレスシグナル、センサ入力、他の位置情報データを総合的に使用する様子を披露しました。

デモンストレーションで使用される ST の MEMS センサモジュールは、10°単位の3軸検出のマルチ慣性計測システムです。加速度、角速度の3軸検出と地磁気データを、標高を計測するために使用される気圧センサーのデータと統合する事により、高層ビル内で位置測定を実行します。

SiRFstarV アーキテクチャは、位置情報とナビゲーションへの新しいアプローチを採用しています。SiRFstarV アーキテクチャは、GPS のみに依存をして位置情報を取得するのではなく、GPS、ガリレオ、グロナス、コンパスの各衛星、Wi-Fi や携帯電話などの複数のワイヤレスシステム、加速度計、ジャイロ スコープ、コンパスなどの複数の MEMS センサからリアルタイムに情報を収集します。SiRFstarVアーキテクチャは、収集したリアルタイム情報を、エフェリメス データ、マッピング、携帯電話基地局、Wi-Fi アクセス ポイントの位置情報データ、同プラットフォームを使用したクラウド型の他の補助情報と組み合わせます。

SiRFstarV と ST の MEMS センサを含むハンドセットは、Whatamap.com と VisioGlobe の屋内アプリケーションを搭載しています。アプリケーションは、Navteq と Micello の高品位な屋内地図を使用して、屋内位置特定、検索、行き先案内を行います。

STマイクロエレクトロニクス 社、MEMS モーション部門ゼネラルマネージャ、Fabio Pasolini 氏のコメント:
「2012 年 1 月に CES において、当社の革新的な MEMS センサが、CSRの位置情報技術とプラットフォームにどのように適応するかを、初めてデモンストレーションしました。それ以来、私たちはさまざまな主要顧客からこの統合ソリューションへの強い関心を表すフィードバックをいただきました。私たちは、この真の屋内位置情報とナビゲーション ソリューションの刺激的なライブ デモンストレーションに貢献できたことを嬉しく思います。このソリューションは、位置情報対応型アプリケーションの新しいニーズに対応することができます」

CSR、最高マーケティング責任者およびSiRF 社創設者、 Kanwar Chadha のコメント:
「このデモンストレーションでは、ST の MEMS センサとのコラボレーションによって、歩行者用推測航法を提供します。歩行者用推測航法において、屋内や都心のビルの間など GNSS 信号が受信できない場合、当社の SiRFusion プラットフォームは、必要な位置精度を実現するための重要なテクノロジを提供します。私たちは、WMCにおいて、STと協力して屋内位置情報とナビゲーションの未来の一端をお見せすることができました。そして、このデモンストレーションは、『屋内外を問わず、さまざまな位置情報対応型サービスとアプリケーションのシームレスな利用を可能にし、ユーザ体験の強化を実現する』という私たちのビジョンを反映しています」

お問い合わせ
シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。