logo

『あなたを中心に世界をまわす』拡散型「Arrow」新機能リリースのお知らせ

株式会社Green romp(グリーンランプ) 2012年03月05日 15時00分
From PR News

株式会社Green romp(代表取締役社長:野田)は2012年3月5日(月)、同社が提供するサービス「Arrow」(リンク)にて、新機能“ShareArrow(シェアアロー)”を実装、また同時にFacebookログイン機能を追加したことを発表いたしました。


◆新機能1:ShareArrow(シェアアロー)の導入

現在、FacebookやTwitterでは“友達”や“フォロワー”が多い人の発言が圧倒的な力を持っています。
ある種の有名人であったり、日々コツコツとブログを更新し、アルファブロガーと呼ばれるまでの道のりを経て、やっとインターネット上での影響力を持つのが一般的です。


今回、『Arrow』が提供する新機能『ShareArrow(シェアアロー)』は、許可される限り永遠に他人から返事が届き続ける機能です。あなたの何気ない一言が、もしかしたら数千人にも数万人に届けられるかもしれない!

1本のArrowは、届いた誰かによって“シェア”されることで、別の誰かのもとに届き、その誰かがまた“シェア”することで、実質無限にArrowを拡散していく可能性を秘めています。

シェアは強制ではなく、Arrowを受け取ったユーザーが、そのArrowをシェアするべきか、すべきではないかを判断できるため、ネガティブなArrowは拡散しない仕組みになっています。

シェアアローという機能を導入するにあたって、社長の野田は、

「リアルの人気が影響するSNSではなく、皆が平等なネットの世界がArrowの理想です。ソフトバンクの孫さんにたくさんフォロワーがいて羨ましかった。たくさんの人から私も返事が欲しい。『そういうのないかなぁ』と思っていたらできました。Arrow数も増えるので、赤壁の戦いばりにたくさんの矢が飛び交うことになると思う。早く何万人ものユーザーに私の愚痴を聞いて欲しい。」
とコメントしています。


◆新機能2:Facebookログインの導入

ArrowはこれまでオープンIDによるログインを採用しておらず、会員登録時には新規にメールアドレスを確認したうえで登録する方法を取っていました。

しかしながら今回、やんごとなき事情からFacebookアプリのログインが採用されることになりました。
アカウントを持っているユーザーは、面倒なメールアドレス認証などのスキップが可能になります。

もちろんArrow内のユーザー名はFacebookのアカウント名ではなく、新規で登録されるため、Facebook内にArrowのアカウントが漏れることはありません。

「途中まで書いてやっぱり投稿するのを止めることがよくある。そのコメントを、是非Arrowに投稿していただきたい」(同社長)


≪今後の展開について≫
ShareArrowおよびFacebookログイン機能に関して、まずはPC上のArrowに実装、その後AndroidアプリおよびiPhoneアプリに順次追加していく予定です。

≪「Arrow」とは・・・≫
「Arrow」は昨今見られる“SNS疲れ”を打破すべく平成23年5月に国内ローンチした本音ライフログサイト。『建前のFacebook』と『本音のArrow』といった使い分けで、インターネットでの発言をより自由にすることを提唱しています。
PCでの利用のほか、iPhoneアプリ、Androidアプリでも無料で楽しむことができます。

Androidマーケット:リンク
App Store:リンク
Facebookページ:リンク

PR Newsリリース詳細ページ リンク
提供元:PR News リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。