logo

wi-fiスクエアwithAC長野パルセイロ キックオフ!!

株式会社ライフシード 2012年03月05日 11時34分
From RELEASE PRESS



コールセンターの構築や企業のIT化の促進を行う、株式会社ライフシード(本社:長野県長野市青木島 代表取締役 篠田光宏)はJFLチームAC長野パルセイロのキャンペーンページを表示する”Wi-Fiスクエア with AC長野パルセイロ”のサービスを2012年3月11日から開始する。

 スマートフォンの普及による通信回線のデータ量増加により、Wi-Fi等の多様な通信手段が求められています。また、外国人観光客は携帯のデータ通信料が高額になってしまうため、世界標準であるWi-Fiの整備は外客受入環境の向上に有効です。
 本サービスは、希望する店舗に株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが運営する公衆無線LANサービスの”Wi-Fiスクエア”を特別価格月額892円(税込み)で提供します。auのスマートフォンユーザーや”Wi2 300”のユーザー(約15万人)、それ以外のユーザーは3時間のゲスト接続ができます。

 利用者(ユーザー)が設置店舗Wi-Fiに接続すると、AC長野パルセイロのホームゲームの試合結果や、設置店舗先の情報を見ることが出来ます。
twitterやFacebookへの接続もスムーズに行え、より一層のファン獲得を目指します。設置店舗にも同じようにtwitterやFacebookへのリンクを提供し、Wi-Fi設置による誘客効果も見込みます。
地域サッカーチームの応援と、公衆無線LANサービスの地域インフラの相乗効果を図る、全国的に初めての試みとなります。

 今後、株式会社ライフシードでは、このようなWi-Fi接続時のキャンペーンページを活用し、その地域に来訪した、必要な人へ必要な情報を提供する提案を行い、地域、商店街、施設などWi-Fiを利用しての活性化に協力していきたいと思っております。

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。