logo

新社会人必見!タイムマネジメント力とコンタクトレンズの使い方の関係 『タイムマネジメント力』が高いほど、仕事もプライベートも充実!

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー 2012年03月02日 12時00分
From Digital PR Platform


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役 プレジデント:デイビッド・R・スミス)は、社会人の仲間入りをする人や新生活を始める人の多い新年度を前に、20代~30代の社会人(男女)416名のコンタクトレンズユーザーを対象に仕事やプライベートに大きく影響する『タイムマネジメント力』に関する調査を行いましたので、その結果を発表いたします。

【『タイムマネジメント力』が高い人*って、どんな人??】
*タイムマネジメントに関連すると思われる質問への回答を点数化し、平均点よりも点数が高い人を『タイムマネジメント力が高い人』、低い人を『タイムマネジメント力が低い人』に分類。

≪ビジネスシーン編≫
■一日のスケジュールは計画立てて!残業はせず、プライベートと仕事はキッチリ分ける!
『タイムマネジメント力が高い人』は、「一日の仕事のスケジュールはきちんと計画立てている」(高い人87.6%:低い人32.8%)、「メールは迅速に返信している」(高い人82.3%:低い人42.0%)など業務スキル的にも、また「業務に集中して、なるべく残業はしたくない/しないようにしている」(高い人90.4%:低い人56.1%)、「仕事とプライベートはキッチリ分けるようにしている」(高い人88.6%:低い人53.1%)など、ビジネスの様々な場面で意識が高い結果となりました。

■課長以上の割合が高く、職場の人間関係も良好!
職場での役職について聞いてみたところ、20代ではあまり差が見られませんでしたが、30代前半、30代後半と年代が上がるにつれて『タイムマネジメント力が高い人』(30代前半:6.0%、30代後半:18.7%)の方が“課長クラス”以上の役職者の割合が高くなることが分かりました(低い人30代前半:1.9%、30代後半:6.5%)。また、上司や先輩など職場での人間関係も、『タイムマネジメント力が高い人』の方が上手くいっている場合が多いようです。(高い人72.7%:低い人64.7%)。

≪プライベート編≫
■部屋はきれいで、歯磨きは毎食後きっちり。そして、恋人がいる率が約2割も高い!!
『タイムマネジメント力』の違いは、普段の生活ぶりにも表れているかもしれません。『タイムマネジメント力が高い人』は、自分の部屋や仕事のデスクまわりをいつもきれいに掃除しており(高い人70.8%:低い人37.7%)、毎食後の歯磨き(高い人52.2%:低い人36.2%)や、小まめなヘアカットやカラーリング(高い人51.6%:低い人28.5%)など、身の周りに関してもきちんとしているようです。
そして、『タイムマネジメント力が高い人』の方が、恋人がいる割合が約2割近く高いという衝撃の事実も明らかになりました(高い人54.7%:低い人36.8%)。

≪生活全般編≫
■仕事もプライベートも充実しているから、生活全般の満足度が高い!
仕事もプライベートも上手に『タイムマネジメント』して充実しているためか、生活全般への満足度も『タイムマネジメント力が高い人』の方が高いようです(高い人57.4%:低い人46.3%)。『タイムマネジメント力』が、生活全体に何らかの影響を及ぼしていることが伺える結果となりました。


【『タイムマネジメント』のためには、“集中力”“PC業務効率”に加えて、“目の調子”も重要】

『タイムマネジメント力が高い人』は、『タイムマネジメント』する上で、「集中力」(高い人98.6%:低い人71.0%)や、「PCを使った仕事の処理速度」(高い人94.3%:低い人58.5%)が重要だと答えています。
ほとんどの社会人(86.7%)が『タイムマネジメント力』をアップさせたいと思っていますが、そのためには約半数の人が「仕事内容」と同様に、「健康的な体調の管理」(45.9%)や「メンタルの安定」(42.3%)などの体調・精神面も重要視しています。特に、『タイムマネジメント力が高い人』は、「PC業務に集中できるよう快適な“目の調子”を保つこと」を、その他の項目と比べて『タイムマネジメント力が低い人』よりも重視する傾向が強いようです(高い人34.9%:低い人19.8%)。
また、全体の約8割が“目の調子”や“見え方”が「集中力」に関係している、コンタクトレンズ装用中の見え方が良くなったり、目の不快感が少なくなると、「業務効率」が上がると思うと答えています。
『タイムマネジメント力』と「集中力」・「業務効率」、そして「目の調子」が関連があることが伺えます。


【「集中力」、「業務効率アップ」に影響のある“目の調子”を整えるには、コンタクトレンズの使い方が重要!?】

しかし、ほとんどの人がコンタクトレンズを装用している業務中に「目の乾燥」(64.4%)、「目の疲れ」(50.0%)、「長時間つけていると不快な感じがする」(44.0%)、「見え方が悪くなる」(35.1%)など、何らかの“目の不調”を感じています。
コンタクトレンズは、装用期間を守らなかったり、レンズケアが不十分だと、装用感や見え方が悪くなることがありますが、“コンタクトレンズの装用期間を守ってレンズケアもきちんとおこなっている人”は、「見え方が悪くなる」と感じる割合が少ないことが分かりました(装用期間を守ってレンズケアをしている人28.8%:装用期間を守らずレンズケアも不十分な人41.3%)。
業務中の集中力や、業務効率アップに影響のある“目の調子”を整えるために、コンタクトレンズの使用方法や、装用期間を守り、ケアが必要なレンズの場合は、レンズケアを正しくおこなうこともタイムマネジメントへつながるポイントの一つと言えるかもしれません。


【『タイムマネジメント力』UPのために、“スケジュール管理ツール”を活用してみるのも一手】

『タイムマネジメント』のために手帳やスケジュール管理ウェブ・アプリなどのアイテムを使っているか聞いたところ、『タイムマネジメント力が低い人』は「何も使っていない」割合が高く(高い人14.8%:低い人21.7%)、『タイムマネジメント力が低い人』で“コンタクトレンズを正しく使っていない人(装用期間を守らず、レンズケアも不十分な人)”は、アイテムを何も使っていない割合がさらに高く29.4%でした。
『タイムマネジメント』の第一歩は、スケジュール管理ができるアイテムを上手に取り入れながら、自分のスケジュールをしっかり管理することから。目の調子や見え方に影響するコンタクトレンズですが、ついうっかり忘れてしまいがちなレンズ交換日を守るためにも、装用期間を管理できるツールを使ってみるのも手かもしれません。コンタクトレンズの交換日を管理できる便利ツールについて聞いたところ、約7割の人が使ってみたいと答えています。

-------------------------------------------
【快適なコンタクトレンズ装用のための4つのポイント】

1.決められた装用期間・装用時間を守りましょう
装用期間とは「1枚のレンズを何日間使うか」、装用時間とは「1日に何時間レンズをつけるか」を意味します。必ず眼科医に指示された通りに使いましょう。
※「装用期間」とは、実際にレンズを使用した日数では無く、開封した日から経過した日数です。

2.適切なレンズケアをおこないましょう
2週間交換タイプなどは、レンズケアが必要です。眼科医の指示に従って、正しいケアを習慣づけましょう。レンズケースも定期的に交換を!
*ケア用品は、取り扱い説明書に従ってご使用ください。

3.眼科医の検査・処方を受けましょう
眼科医がコンタクトレンズの装用に向いているか、またどんなレンズが適しているかを判断します。目の状態は人それぞれ。一人ひとりの目に合ったレンズを処方してもらいましょう。

4.定期的に目の検査を受けましょう
目のトラブルの中には、ほとんど自覚症状が無いものも多くあります。目に異常を感じなくても定期的に眼科医に目の健康状態をチェックしてもらいましょう。検査の頻度については眼科医の指示に従ってください。
*定期検査以外にも、充血や痛み、違和感など目に異常を感じたら、すぐコンタクトレンズを外して眼科に行きましょう。


【ACUVUE(R) タイマー アプリ】

「ACUVUE(R) タイマー アプリ」は、つい忘れてしまいがちなコンタクトレンズの交換日や購入タイミング、目の健康のために欠かせない定期検査後の経過日数などをお知らせすることで、毎日きちんとコンタクトレンズを使えるようサポートしてくれるiPhone向け公式アプリケーション。
カレンダー形式になっており、1日1回カレンダーをめくることで、「アキュビュー」オリジナルのあみぐるみキャラクター「オアシス」くんがコメントをくれたり、交換日や購入タイミングを教えてくれるので、レンズの交換日を忘れたり、買い置きのレンズが切れるのを防ぎます。
・アプリ名: 「ACUVUE(R) タイマー アプリ」
・価格: 無料
・提供場所: iTunes App Store, App Store
・カテゴリー: ヘルスケア/フィットネス
-------------------------------------------

●コンタクトレンズは、高度管理医療機器です。必ず事前に眼科医にご相談のうえ、検査・処方を受けてお求めください。
●ご使用の前に必ず添付文書をよく読み、取扱い方法を守り、正しく使用してください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。