logo

テクトロニクス、100G光規格のテスト・サポートをOFC/NFOEC 2012の展示会で発表

テクトロニクス 2012年03月01日 10時55分
From Digital PR Platform


報道発表資料翻訳
2012年3月1日

[2012年2月27日 米国オレゴン州ビーバートン発]
テクトロニクスは、米国カリフォルニア州ロサンゼルスのロサンゼルス・コンベション・センターで3月4~8日に開催される光通信・ネットワークの展示会であるOFC/NFOEC(Optical Fiber Communication and Exposition / National Fiber Optic Engineers Conference) 2012で、100G ITU、IEEEの光規格のテスト・サポートを展示することを発表しました。

OFC 2012の展示会において、テクトロニクス(ブース番号:1239)は、光コンポーネント、トランシーバのサブアセンブリまたは伝送システムに従事されるエンジニアのための最新のテスト・ソリューションを展示します。この展示では、最新のDPO73304D型、DSA8300型オシロスコープ、OM4000シリーズ光変調アナライザ、BERTScopeシリーズ・ビットエラー・レート・アナライザを統合したソリューションをご覧いただけます。

テクトロニクスのブースでは、次のような光テストに関するデモを行います。

240Gbaudまでのコヒーレント光変調解析
25G×4のレシーバ・テストとパターン生成
16GのFibre Channel、IEEE 802.3ba 40/100GbE規格の光コンプライアンス・テスト
AWG7000シリーズを使用したQAM、OFDM信号生成のデモ

また、テクトロニクスは会期中、OIF(Optical Internetworking Forum)が主催するOIF Interoperability 2012 - Enabling High-Speed Dynamic Servicesと題するデモンストレーションに参加する唯一のテスト機器メーカとなります。このデモを通じて、コンポーネント/テスト機器メーカは、光業界のより高速なインタフェース、バックプレーンへの移行に対してサポートが可能であることを示します。

テクトロニクス、パフォーマンス・オシロスコープ、ジェネラル・マネージャのブライアン・ライク(Brian Reich)は、次のように述べています。「100Gの技術、優れた光変調技術が現実のものになり、光通信が実現しつつあります。OFCでの展示で示すように、テクトロニクスはメトロ/基幹通信ネットワークに対する高速化、効率化という光業界のニーズに対し、最先端の優れたテスト・ソリューションでお応えします」

OIFのマルチベンダによるインターオペラビリティ・テストについて
どの規格においても、インターオペラビリティは成功の鍵となります。CEI(Common Electrical Interface)の承認、実証のため、2012年1月、OIF主催による非公開のインターオペラビリティ・プラグフェストが実施されました。CEIの実装には業界内のさまざまな企業によるサポートがあり、半導体製造メーカ5社、コネクタ・ベンダ3社、光モジュール・ベンダ3社、テスト機器メーカ(テクトロニクス)が参加しています。システム・ベンダによるハイスピード・シグナリングの実装、統合には、半導体、コネクタ、光モジュール、テスト機器の各メーカ間の協力が欠かせません。OFC 2012では、非公開のインターオペラビリティ・テストで行われたのと同様のテスト・シナリオにより、25G-LRと28G-VSRの条項をデモします。
PLLのインターオペラビリティ・テストで使用されるテクトロニクスの計測器は以下の通りです。

DSA8300型サンプリング・オシロスコープ: モジュール型のオシロスコープ・プラットフォームであり、計測器自身のジッタ・フロアが425fs rmsと小さく、最大8チャンネルの信号を正確に取込むことができます。ジッタ測定アプリケーション・ソフトウェア80SJARBを使用したアイ・ダイアグラムとジッタの解析により、IEEE 820.3baのJ2、J9のジッタ測定に対応しています。 また、DSA8300型に80C10B型光サンプリング・モジュールを装備することにより、1台のモジュールで25.781Gbps(100GBASE-ER4、100GBASE-LR4)と27.739Gbps(100GBASE-ER4 FEC、100GBASE-LR4 FEC)の適合性試験が行えます。
AWG7000シリーズ: 24GS/sの最高サンプル・レート、10ビット垂直分解能を備えた任意波形ジェネレータであり、高速のパターン出力、クロック・リファレンス・ソースとして最適です。

OFC/NFOEC 2012の展示会の詳細については、ウェブ・サイト(www.ofcnfoec.org)をご参照ください。

テクトロニクスについて
テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。65年以上にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築、ならびに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界22カ国で事業を展開しています。詳しくはウェブサイト(www.tektronix.com/ja)をご覧ください。

テクトロニクスの最新情報はこちらから
Twitter (@tektronix_jp)
facebook(リンク
YouTube(リンク

お客さまからのお問合せ先
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL リンク

Tektronix、テクトロニクスは、Tektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。