logo

米ディジ インターナショナルとフリースケール・セミコンダクタ、即座にクラウド接続が可能な業界初のクラウド接続マイクロコントローラを共同発表

iDigi Device CloudはKinetisとColdfire搭載機器を容易にインターネット化

米国Digi International社 (本社・米国、ジョー・ダンズモアCEO、NASDAQ : DGII)はこのほど、Freescaleのマイクロコントローラ「Kinetis」および「Coldfire」プラットフォームにセキュアで拡張性を持ったiDigi Device Cloudソリューションを統合するために、フリースケール・セミコンダクタと協調することを発表しました。あらゆる種類の機器向けのオープンなインタフェースであるiDigi Connectorを使うことで、KinetisおよびColdFireのカスタマは、Webやモバイルアプリケーション開発プラットフォームおよび、ワールドクラスのデバイスマネジメント機能の両方にすぐアクセスできるようになります。


iDigi Device Cloudは、すべての接続されたKinetisおよびColdFireベースの機器に対し、あらゆるアプリケーションを、何でも、どこでもの能力を提供します。極めてスケーラブルかつセキュアに設計されたiDigiは、遠隔機器管理とクラウドベースの情報交換を実現するすべて揃った実績のあるクラウドインフラストラクチャです。


「クラウド接続は機器メーカーに重要な製品差別化を提供します。これによりOEM企業は、収益源や製品サービス/信頼性、ビジネスプロセス効率に確実に影響を及ぼす革新的で競争力のある製品を生み出すことが可能です。例えば、クラウド接続は製品投入や予防保守サービス、製品性能分析、事前のサプライ補充を、すべてリモートで、クラウドベースのアプリケーション、企業システム、モバイル機器統合の機能と組み合わせることで、劇的に合理化します」と、フリースケール・セミコンダクタのインダストリアル・マルチマーケットマイクロコントローラ部門のマーケティングディレクタであるジェフ・ボック氏は話しています。


「あらゆるマーケットに渡るフリースケールのカスタマは、即時のクラウド接続のメリットにすぐアクセスできるようになります。iDigiのスケーラブルで信頼性の高いアーキテクチャは世界の至るところで、ネットワーク接続している機器に即時のクラウド接続を提供します。小さな、あるいは大規模の製品配備であっても、iDigiはすべてのカスタマのニーズに適合・成長し、ビジネスチャンスとアプリケーションを刺激させるまったく新しい世界を切り開きます」と、Digi Internationalのグローバルセールス&マーケティング上級副社長のラリー・クラフトは話しています。


ハーバー・リサーチ社の創立者で社長のグレン・アルメンディンガー氏は、今回の提携について次のようにコメントしています。「DigiはワイヤレスM2Mソリューション提供で市場のリーダー的役割を担い続けています。フリースケールとの協調は、Digiが真のエンド・ツー・エンドソリューションを提供するのに必要なコンポーネントをどのようにまとめるかを実証するものです。iDigi Device Cloudは、OEM企業に対し、重要な機器データを活用する非常にスケーラブルでセキュアなM2Mプラットフォームを提供します。スマートに接続されたWebやモバイルアプリケーションは急速に開発され、リモートで容易に管理、更新、補修することができます。すべての必要なソリューションの提供により、OEM企業は、カスタマと関わる新たなスマートサービスや革新的な方法の開発に集中することができます。Digiは、“モノのインターネット/Internet of Things”を現実のものにする技術と製品、サポートを結集しています」


Digiは、ドイツ・ニュールンベルクで開催されるEmbedded World 2012で、Kinetis K53タワーシステム上のiDigi Device Cloud統合のデモを行う予定です。このデモの設定では、内蔵ペリフェラルの状態(加速度計、電位差計、タッチセンサ、ADC、PWM、LED)のクラウドベースの情報交換のほか、統合リモートデバイスマネジメント機能(ファームウェアアップグレード、システムリブート、システム情報/パフォーマンス、測定、アラート)を備えたクラウド対応のMQX RTOSアプリケーションを紹介します。iDigi Manager ProのWebインタフェース、クラウドベースの携帯電話およびデスクトップWebアプリケーションは、情報のユーザーフレンドリなプレゼンテーションとシステムとの相互作用を実演します。


FreescaleのKinetisおよびColdFireマイクロコントローラプラットフォームのiDigi Device Cloud統合は、2012年7月に利用可能になる予定です。


iDigi Device Cloudの詳細は、www.digi-intl.co.jp/idigi/ をご参照ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。