logo

austriamicrosystemsの新しいスマート LED ドライバ、高度な照明効果とシステム電力の劇的な節約を実現

オーストリアマイクロシステムズ・ジャパン株式会社 2012年02月28日 18時00分
From DreamNews

austriamicrosystems(日本法人:オーストリアマイクロシステムズ・ジャパン株式会社、東京都品川区、カントリーマネージャー 岩本桂一)は本日、新しいスマート LED ドライバ IC AS3668を発表しました。AS3668は、携帯電話とタブレットにおいて、消費電力の大きいベースバンド・プロセッサを介さずに、最大 4 つの LED を制御し、インジケータの高度な照明効果を生み出します。

AS3668は、インジケータによるユーザ・インターフェースの向上が可能で、高い照明効果と低消費電力の実現が必須である3G や LTE モデム、USB メモリ・スティック、ゲーム・コントローラ、ヘッドセットなど多くの家庭用電子機器への適用も可能です。

AS3668の魅力的な照明効果は、モバイルデバイスのデザインと価値を向上させ、追加のユーザ・インターフェースとして作用します。AS3668の 12 ビット PWM 調光機能は、例えば低輝度レベルと高輝度レベルの間をシームレス移行するスムーズなブレスライト効果の動作を可能にします。さらに、LED が音声信号に応じて輝度と色調を変更する音声同期モードも備えています。

AS3668が提供するベースバンドに依存しないソリューションは、ベースバンドが最も低消費電力なディープ・スリープモードであっても、照明パターンを生成することができます。照明パターンとは、例えば、着信あり、未読のメッセージ、そして着信待ちなどを、電話やタブレットのユーザに知らせるためのものです。

AS3668による LED インジケータは、従来の簡易トランジスタを配置し、これをベースバンドが制御する方法よりもシステム消費電力を低くします。このような従来型の設計は、LED が入力電流を必要とするたびにベースバンドがアクティブになる必要があります。そして、ベースバンドがアクティブ・モードになると大量の電力を消費するため、従来型の設計は電話のバッテリーを短時間で使い切ってしまいます。

AS3668は、高効率チャージポンプをベースとするプログラマブルな LED ドライバ IC です。個々のLEDに最大 25mA の精度の良い電流ソースとして提供し、LED の RGB/W(赤、緑、青、白)各色と合わせることで、照明色の選択を可能にします。

AS3668は、待機モードでの消費電力は 0.2uA(標準)です。プログラマブルな VBAT モニター機能により、全てのシステム環境におけるフェール・セーフ動作を提供します。そして、自動起動パターンは、ベースバンドが始動し、システムを起動するための電力がバッテリーに残っていない場合でも、モバイルデバイスが充電器に接続されたことをユーザに知らせることができます。

本IC は、照明パターン、LED電流の立上りと立下りタイミング、一時停止、パルススキップ、色の変化、音声同期などを選択することができます。ターゲットシステムへの実装は、デバイスにプログラミングするために必要な数個のコマンドを使用するだけの、簡単なプログラミング・インターフェイスによって行えます。システム内でさまざまな機能がユーザ・インターフェースで確認でき、ユーザは照明パターンと色調を調整することができます。

AS3668スマート LED ドライバは、12 ピンの 1.26mm x 1.68mm 小型 WL-CSP パッケージで提供しています。価格についてはオーストリアマイクロシステムズの販売代理店までお問い合わせください。

AS3668 LED ドライバの詳細はこちらのページをご覧ください。
www.austriamicrosystems.com/LED-driver/AS3668

本件に関するお問い合わせ先
オーストリアマイクロシステム・ジャパン株式会社
広報担当:鳥羽
Tel: 03-5269-1038
Email:austriamicrosystems@jspin.co.jp




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。