logo

EMCジャパン、ビッグデータ分析のプロ育成のための

新たなトレーニングを実施

2012年2月22日、東京発:
EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修、
URL:リンク )は、データサイエンティストを育成する新しいトレーニング
「Data Science & Big Data Analytics(データサイエンス&ビッグデータ分析)」を実施
することを発表しました。 

このトレーニングは、特定ベンダーに偏らないオープンなもので、ビッグデータ時代
に必要とされるデータサイエンティストを育成支援するためにEMCジャパンが実施します。
ビジネス活動によって作成・収集され、増え続けるデータから多くの価値を引き出し、
ビジネスに活用できるデータサイエンティストを育成することを目的としています。

「データサイエンス&ビッグデータ分析」:ビッグデータのチャンスと課題に重点を
置き、データ分析のための確かな基礎づくりをするトレーニング・プログラムです。
ビッグデータと新しい分析技術を利用することで、データの新しい作成・収集の方法、
極めて有効なデータ分析などが可能になり、最終的に有意義かつ実行可能なビジネス上の
決断ができるようになります。また、データサイエンティストおよびその専門チームが、
ビッグデータの可能性を最大限に引き出すことによって、組織をより大きな成功へと導きます。

EMCが2011年12月5日に発表した、データサイエンティストの集まるデータサイエンス・
コミュニティーに関する世界最大規模の調査(別紙参照)
< リンク >によると、
データサイエンス導入の障壁となる最も大きな要因は、「適切な技術を持った従業員や
トレーニングの不足」でした。また、データサイエンティストの65%は、「将来、データ
サイエンティストやデータ主導型チームの人材が足りなくなるであろう」と回答しています。
同様に、「データサイエンスにおいては大学との連携が不可欠である」という結果も出ており、
データサイエンティストの約70%は、「現在の大学生がデータサイエンスの将来を担う」と
考えているといいます。こうした状況を踏まえ、EMCでは、本講義の実施に加え、次世代の
ITとデータ分析のプロを生み出す教育と変革への取組みを拡大し、EMCアカデミック・アライ
アンスに参加している約40カ国と700以上の教育機関に対してのトレーニングも強化していきます。

受講料と受講について
■受講料(定価):30万円(税抜き)
■受講実施時期:2012年4月予定
■受講形式:講義形式
■受講対象者:
・ビジネス・インテリジェンス、分析、ビッグデータのプロフェッショナルの
チームを統括するマネージャー
・ビッグデータ分析スキルを新たに習得したい現役のビジネス・アナリスト
およびデータ・アナリスト
・ビッグデータ環境で分析スキルを活用したいデータ・プロフェッショナル
およびデータベース・プロフェッショナル
・関連学科での学習経験があり、データ・サイエンスおよびビッグデータの
分野に進出したい大学新卒者および大学院生
■受講前提条件
・統計の基礎レベル・コースにあるような統計の基礎をしっかり理解しており、
豊富な経験があること。
・Java、Perl、Python(またはR)などのスクリプト言語の使用経験。コース内
の実習の多くで、オープン・ソース統計ツール/プログラミング言語であるR
(実際はRStudio)を使用するため。
・SQL の使用経験(コースの例の一部でPSQL を使用)。
■問合せ先:EMCエデュケーション・サービス < Japan_Education@emc.com >
■トレーニング詳細:
リンク
aining-offerings/Data_Science_and_Big_Data_Analytics.pdf

# # #

■EMCジャパン株式会社について
EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの
提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あら
ゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に
貢献致します。リンク

■本件に関するお問い合わせ先
EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾 Tel: 03-5308-8888(代表)/ 03-5308-8867(直通) 
E-mail: japanpr@emc.com

EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
部長 笛田理枝子 Tel: 03-5308-8888(代表)/ 03-5308-8174(直通) E-mail:
japanpr@emc.com

# # #

EMC、EMC2は、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。
これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守
られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、そ
れぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。