logo

【レポート販売】「世界のモバイルマネー市場の現状と将来展望」を販売開始

~モバイルによる送金・リアル決済・eコマースの急成長~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都文京区)が提供する「世界のモバイルマネー市場の現状と将来展望」を販売開始しました。

詳細URL:http://www.cross-shop.jp/shop/goods/$/id/8624/

報道関係者各位

平成24年2月16日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「世界のモバイルマネー市場の現状と将来展望」を販売開始

~モバイルによる送金・リアル決済・eコマースの急成長~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を行っている株式会社シード・プランニング(代表取締役 梅田佳夫 東京都文京区)が提供する「世界のモバイルマネー市場の現状と将来展望」を販売開始しました。

詳細URL:リンク


■■ 商品概要 ■■

■新興国で普及が進むモバイルマネー、送金事業の現状と将来動向 / スマートフォンが変える、送金・決済スキームの将来
■グーグル・アップルの参入で、決済サービスの市場構造が変わる
■モバイルマネーの市場規模予測 2016年まで(世界全体、日本)

2005年以降、世界の携帯電話の急速な普及に伴い、新興国では銀行口座を持たない人の代替決済手段として、モバイルを用いた送金サービスが急速に普及しつつあります。また、先進国では、携帯電話・スマートフォンでインターネット接続し、ECサイトへのアクセスによる製品購入やサービス利用が拡大、さらに日本では、おサイフケータイが普及しリアルな店舗での決済の普及も進んでいます。
インターネットの普及、スマートフォンの急拡大を背景に、この分野への金融機関以外の新規参入により、決済スキームの変革が生じつつあります。

本レポートでは、近年急成長しているモバイルによる送金・リアル決済・eコマースなどのモバイルマネー市場について、世界の現状と将来展望を新興国、先進国の区分で整理・分析し、2016年までの市場規模予測を行います。さらに、世界で利用されている決済サービスについて、ペイメントタイプ別に事例を交えながら、体系的に解説し、モバイルペイメントの今後の方向性を取りまとめました。

本レポートが、今後成長が期待される事業ドメインであるモバイルマネー市場に関係するステークホルダーの各企業の企画・開発・マーケティング・営業の各セクションの方々の参考になれば幸いです。


■■ 資料目次 ■■

1. エグゼティブサマリー
  1.1 モバイルマネーとは
  1.2 モバイルマネーの方式と市場性
  1.3. 市場規模
  1.4. 銀行に依存しない資金決済の仕組みの台頭
  1.5. モバイルマネーに関与する主な事業者
  1.6. 既存事業者に与える影響

2. 本レポートの解説の前提と用語の定義

3. 新興国におけるモバイルマネー市場
  3.1. 新興国の傾向
  3.2.新興国の銀行口座普及の状況
  3.3.プリペイド型携帯電話とモバイルマネー
  3.4.モバイルマネー事例

4. 先進国におけるモバイルマネーの現状
  4.1. 概況
  4.2. 従来型ペイメントのモバイル対応
  4.3. 今後の方向性(先進国)

5. 決済サービスの概要
  5.1. ビザ・マスターカード型(ビザ、マスターカード、中国銀聯)
  5.2. アメックス型(アメックス、JCB、Discover、Diners Club)
  5.3. 電子マネー型
  5.4. インターネット型
  5.5. モバイルマネー
  5.6. 店頭送金型

6. 現状認識と仮説
  6.1. マーケットタイプによる分類
  6.2. モバイルペイメントの全般的傾向
  6.3. モバイルペイメントの今後の方向性
  6.4. インターネットマネー型の傾向
  6.5. 統合型決済スキームへの発展(展望)

7. NFCとスマートフォンの影響
  7.1. 通信事業者が主導するNFCモバイルマネーの検討
  7.2. NFCモバイルマネーはスマートフォンを中心に発展
  7.3. リアル・バーチャルの連携へ向かうモバイルコマース
  7.4. 重要性を増すECマーケットプレイス

8. まとめ


■■ 商品詳細 ■■

商品名 : 世界のモバイルマネー市場の現状と将来展望
発刊日 : 2012年01月10日
発 行 : 株式会社シード・プランニング
販 売 : 株式会社クロス・マーケティング
版 型 : A4 / 116ページ
■製本 :189,000円(本体価格 180,000円 + 消費税 9,000円)

※別途送料500円

詳細URL:リンク


【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

【お支払い方法】
法人様・・銀行振込みの後払いとなります。
商品と同封、または別送にて請求書と納品書をお送りいたしますので、
振込み期日までに指定口座へお振込みください。

個人様・・銀行振込みの前払いとなります。
お申し込み後に請求書をお送りいたします。
ご入金が確認されましてから、商品を発送いたします。


■■株式会社クロス・マーケティングについて■■

株式会社クロス・マーケティングは、国内150万人超の大規模モニターを軸に、生活者の「生」の声を主にインターネットを活用して収集するマーケティングリサーチ会社です。
生活者の嗜好の多様化や、商品サイクルの短期化に対応するため、ネットリサーチの優位性である「スピード」「コスト」に加え、「品質」を最大限に重視したリサーチサービスを展開しています。
調査企画から設計、実査、集計・分析レポートまで、マーケティングリサーチに関するあらゆるサービスをトータルにサポートいたします。


■■株式会社クロス・マーケティング会社概要■■

名称:株式会社クロス・マーケティング
本社所在地:東京都中央区銀座8丁目15番2号銀座COMビル6F
代表者:代表取締役社長 五十嵐 幹
設立:2003年4月
URL:リンク


■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-1555
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。