logo

キャッシング・ローン利用時の年収証明書類アップロードサービスを本格導入 ~スマートフォンやパソコンを使って年収証明書類を簡単・安全に送付できます~



========================================================
キャッシング・ローン利用時の年収証明書類アップロードサービスを本格導入
~スマートフォンやパソコンを使って年収証明書類を簡単・安全に送付できます~
========================================================

 三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:島田 秀男、以下:三井住友カード)とトランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:奥田 昌孝、以下:トランスコスモス)は提携し、キャッシング・ローン利用時に貸金業法に基づきカード会員がカード会社に提出する給与明細などの年収証明書類※について、新たにIT技術を活用して安全に送付する画像データアップロードサービスを本格導入いたしました。
スマートフォンを使った年収証明書類の画像データアップロードサービスは、カード業界初となります。

 従来、カード会員の方には、三井住友カードに提出済みの年収証明書類の有効期限が到来した際、新たな年収証明書類をコピーした上で、郵送にて提出いただいておりました。この度導入した画像データアップロードサービスは、デジタルカメラ等で撮影した年収証明書類の画像データをパソコンから送信するか、トランスコスモスが開発したスマートフォン用のアプリ「スマート申請」を使って、カメラ機能で撮影した年収証明書類の画像データを送信するサービスです。カード会員は、三井住友カード会員向けインターネットサービス「Vpass」にログインした上で、セキュリティが強固な回線により暗号化された状態で送信するので、簡単かつ安全に年収証明書類を送付することができます。

 また、今回の年収証明書類の画像イメージ処理業務は、地方活性化や大規模災害時の同時被災リスクに対応する拠点分散の一環として、沖縄県那覇市にある処理センターにて行います。処理業務を行うにあたっては、実際に年収証明登録サーバーからセンターへのデータ送信は行わず、画面イメージだけをセンターの端末に表示させるシンクライアントシステムを採用します。端末にクレジットカード番号を表示することなく、必要最低限の情報のみセンターに連携されるとともに、端末からのファイル保存や印刷もできない仕組みとなっているため、安全に登録業務を行うことができます。

 三井住友カードとトランスコスモスは今後も協力し、本サービスをカード入会申込時における本人確認書類の送付をはじめとする各種書類送付業務にも拡大してまいります。また、三井住友カードは、同様のニーズを抱える他のカード会社等へのプロセシング業務の提案も行ってまいります。

※ 2010年6月18日に改正された貸金業法により「総量規制」が導入され、カード会員の内、他社を含めたお借入総額が100万円を超える方、および個人事業者の方は、一定期間ごとに年収証明書類を送付いただき、給与所得者・年金受給者の方は他社を含めたお借入総額が原則年収の3分の1以内、個人事業者の方は事業実績・事業計画に応じて、それぞれキャッシング利用枠を設定するよう規定されました。

以上


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。