logo

2011年第4四半期および2011年度通年の業績を発表

テラデータ、2011年第4四半期および2011年度通年の業績を発表
- 第4四半期の売上高は23%増加、2011年度通期の売上高は22%増加 -

[2012年2月9日にテラデータ・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です]

米国アトランタ発 - テラデータ・コーポレーション(NYSE:TDC、以下テラデータ)は、2011年度第4四半期および2011年度(期末:2011年12月31日)の業績を2月9日(現地時間)に発表しました。

2011年度第4四半期の売上は6億7,300万ドルで、前年同期の5億4,800万ドルから23%増加しました。2011年度通期の売上は23億6,200万ドルで、前年同期の19億3,600万ドルから22%増加しました。第4四半期には為替変動による影響は含まれていませんが、通期には為替変動による3%のプラス効果が含まれています。

2011年度第4四半期の売上総利益率は55.6%で、前年同期の55.7%とほぼ同じでした。2011年度通期の売上総利益率は54.7%で、前年同期は56.2%でした。
米国会計基準に基づいた2011年度第4四半期の純利益は9,800万ドルで、希釈済み1株あたり0.57ドルでした。前年同期の純利益は8,500万ドルで、希釈済み1株あたり0.50ドルでした。2011年度通期の純利益は3億5,300万ドルで、希釈済み1株あたり2.05ドルでした。前年同期の純利益は3億100万ドルで、希釈済み1株あたり1.77ドルでした。

テラデータの社長兼CEOマイク・コーラーは次のように述べています。「2011年は第4四半期、通期ともに過去最高の業績を達成し、また、過去最多の新規導入企業を得ることができました。従来、多くの企業ではデータ分析を最優先事項として取り組んでいますが、増大する一方のデータ量や新しいデータタイプなど、ビッグデータの分析に困難を感じている企業が増えています。しかしこれは、新たなデータソースから洞察を見出し、競争優位を得るチャンスでもあります。弊社はお客様と連携し、最適なデータ戦略、アーキテクチャ、およびテクノロジーを提供することで、お客様の成功を支援していきます」

# # #

◆プレスリリースの原文はこちらをご参照ください。(PDFファイル)
Teradata News Room
リンク

◆Teradata Corporationについて
テラデータ・コーポレーションは、データベース・ソフトウェア、データウェアハウス・アプライアンス、そしてエンタープライズ・アナリティクスを通じた、データウェアハウジングおよび統合マーケティング管理分野における世界最大規模の企業です。 リンク

◆日本テラデータについて
日本テラデータ株式会社はテラデータ・コーポレーションの日本法人です。データベース・ソフトウェアおよび関連製品を中心に、ハードウェア・プラットフォーム、データウェアハウスに関するコンサルティング、構築支援、教育、メンテナンスサポートなど各種サービスを提供しています。

Teradataは、米国テラデータ・コーポレーションの米国およびその他各国における商標または登録商標です。


プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。