logo

メッシュネットワーク機能搭載のWi-Fi利用M2Mプラットフォーム「ZeRo.mesh(ゼロ・メッシュ)」を提供開始

自社開発のWi-Fi利用の無線子機とM2Mクラウドを利用した、メッシュネットワーク※機能搭載のM2Mプラットフォーム※「ZeRo.mesh(ゼロ・メッシュ)」を提供開始

ルートレック・ネットワークスは、自社開発のWi-Fi利用の無線子機とM2Mクラウドを利用した、メッシュネットワーク※機能搭載のM2Mプラットフォーム※「ZeRo.mesh(ゼロ・メッシュ)」を、2012年4月より、提供開始いたします。
 「ZeRo.mesh(ゼロ・メッシュ)」は、当社が独自に開発したWi-Fi※利用の無線子機及びM2Mクラウドより構成されているM2Mプラットフォーム「ZeRo(ゼロ)」シリーズ(昨年末発表)の新製品です。通信をリレー的につないでいくマルチホップネットワーク※機能を搭載し、Wi-Fi無線子機同士をアドホックネットワーク※でつないでいくことにより、通信距離の延長(~500m)が行えます。さらに、動的に経路を再構築する機能があり、これにより、災害や通信障害等で通信が寸断されても、別の迂回路を確保することで、ネットワークの持続的な運用を可能とします。特に、現在、限られた予算内で、放射線量計を搭載した環境クラウドの構築実現を迫られている中小自治体(市町村)において、この「ZeRo.mesh」の開発に大きな期待が寄せられています。

情報通信機器の開発会社、株式会社ルートレック・ネットワークス(本社:神奈川県川崎市高津区二子5-1-1 高津パークプラザ、代表取締役社長:佐々木 伸一、以下ルートレック・ネットワークス)は、自社開発のWi-Fi利用の無線子機とM2Mクラウドを利用した、メッシュネットワーク※機能搭載のM2Mプラットフォーム※「ZeRo.mesh(ゼロ・メッシュ)」を、2012年4月より、提供開始いたします。
 「ZeRo.mesh(ゼロ・メッシュ)」は、当社が独自に開発したWi-Fi※利用の無線子機及びM2Mクラウドより構成されているM2Mプラットフォーム「ZeRo(ゼロ)」シリーズ(昨年末発表)の新製品です。通信をリレー的につないでいくマルチホップネットワーク※機能を搭載し、Wi-Fi無線子機同士をアドホックネットワーク※でつないでいくことにより、通信距離の延長(~500m)が行えます。さらに、動的に経路を再構築する機能があり、これにより、災害や通信障害等で通信が寸断されても、別の迂回路を確保することで、ネットワークの持続的な運用を可能とします。特に、現在、限られた予算内で、放射線量計を搭載した環境クラウドの構築実現を迫られている中小自治体(市町村)において、この「ZeRo.mesh」の開発に大きな期待が寄せられています。
 こうした期待に応え、ルートレック・ネットワークスでは、今回の「ZeRo.mesh」開発発表とともに、現在早急に低コストでの構築及び持続的な運用が求められている、放射線の持続的な測定を可能とする「環境クラウド」の構築も進めました。設計・製造を福島県内で行う「Made in 福島」の放射線測定器「ガイガーFUKUSHIMA」を提供しているNPO法人「営業支援隊」(福島県郡山市中田町柳橋字久根込103、代表:宗像忠夫)と協業を行い、市町村といった中小自治体においても少ない予算で「スモール・スタート」が可能な環境クラウド「ZeRo-G」を開発いたしました。そして、栃木県茂木町(栃木県芳賀郡茂木町:古口達也町長)において、2月1日に「ZeRo」を活用した「環境クラウド」により放射線量の測定を開始し、2012年春のメッシュネットワーク搭載の「ZeRo.mesh」提供開始に合わせて、メッシュネットワーク化も行う予定です。また、「ZeRo.mesh」はマイクロソフト社のクラウドプラットフォーム「Windows Azure Platform」を活用しております。
 メッシュネットワーク※機能搭載のM2Mプラットフォーム※「ZeRo.mesh(ゼロ・メッシュ)」の価格は、基本サービス年額120万円(税別)~、メッシュ対応無線子機の価格は1台9,800円(税別)~。 
参考価格:線量計対応環境クラウド「ZeRo-G」の基本サービス年額120万円(税別)~、ソーラー充電及び蓄電池搭載で線量測定センサー内蔵のZeRo-Gクライアントの価格は1台180,000円(税別)~。
 ルートレック・ネットワークスは、ZeRoシリーズのアプリケーションである、線量計対応環境クラウド「ZeRo-G」において、今後3年間に3,000箇所、6億円の売り上げを見込んでいます。

※メッシュネットワーク: 通信機能を持った端末同士が相互に通信を行うことにより、網の目(mesh)状に形成された通信ネットワーク。無線LANの通信機能を持った端末同士で形成されたもの。
※M2M(Machine to Machine)ネットワーク: 人手を介さずに設備や機械等を遠隔監視や遠隔制御する機器間通信のこと。
※Wi-Fi(ワイファイ): 無線LANの標準規格を示す名称。無線LANベンダが参加する業界団体Wi-Fi Allianceが、無線LANの普及・推進に向けて名付けたブランド名。Wi-Fiを使うことで、LANケーブルを使わずにインターネット接続が可能となり、自宅や公衆無線LANサービスエリア等の外出先でも利用可能。
※マルチホップ機能: データを直接目的とする端末に伝送するのではなく、途中に、いくつかの他の端末を経由することで、より広い範囲の端末との通信を可能にする無線ネットワーク方式。
※アドホックネットワーク: 自立分散型無線ネットワーク。PC、PDA、携帯電話等、無線で接続できる端末のみで構成されたネットワーク。無線LANのようなアクセスポイントを必要としない。

■地域単位での「環境クラウド」、「農業クラウド」に最適!
災害や障害による寸断を回避できる、マルチホップ通信機能搭載のM2Mネットワークメッシュネットワーク   
 メッシュネットワーク機能搭載のM2Mプラットフォーム「ZeRo.mesh」は、災害等における通信障害時に迂回路を自動的に探してつないでいくアドホックネットワーク機能(自立分散型メッシュネットワーク)を持ち、公共のシステムや企業の自動化システム等、持続性が求められる状況に対応できます。さらに、お客様側での組込み無線開発、アプリケーション開発、サーバー運用にかかるコストや開発期間を大幅に削減し、従来のM2Mシステム構築の1/2以下のコスト削減を可能とする「ZeRo」の特長は、この「ZeRo.mesh」にも活かされており、予算の限られた中堅企業や市町村といった中小自治体において、「スモール・スタート」を可能としています。
 特に、現在、持続的に放射能測定を行い、集積されたデータ分析による安心・安全な生活の確保は、国民の望みであり、低コストで持続性の高い「ZeRo.mesh」による放射線量計測を行う「環境クラウド」への期待は高くなっております。前述のとおり、Wi-Fi利用のM2Mネットワーク「ZeRo」ベースで、圃場(ほじょう:作物を栽培する田畑)の放射線量測定を行う「環境クラウド」の設置運用を始めた栃木県茂木町(栃木県芳賀郡茂木町:古口達也町長)において、本年春のメッシュネットワーク化、また福島県の自治体においても、より多くの放射線の定点測定とデータ蓄積の為のクラウド設置を予定しています。
 ほかにも、圃場、ハウス栽培の気温・土壌データを計測して、効率のよい施肥設計と農業経営を可能とする「農業クラウド」には、無線基地局からの通信範囲が格段に広がり、圃場でのセンサーネットワーク構築の際の通信費用の低減につながり、低コストでのシステム構築が可能な「ZeRo.mesh」への期待は高まっています。

■メッシュネットワーク機能搭載のM2Mプラットフォーム「ZeRo.mesh」の主な特徴                      
  ルートレック・ネットワークスが提供するメッシュネットワーク機能搭載の「ZeRo.mesh」は、M2Mプラットフォーム「ZeRo」のコンセプトである初期設定から運用までを誰でも簡単に行う為のユーザ・フレンドリーなネットワークシステムを踏襲しており、メッシュネットワーク機能搭載により、災害時の通信障害に強いネットワーク構築が可能となります。

●自立分散型メッシュネットワーク機能搭載
通信障害時には、自律的に迂回経路を探索して通信経路を確保するメッシュネットワーク機能搭載により、災害時等にも切れにくいネットワーク構築が可能
●ユーザのネットワーク構築に必要なICT基盤を提供したM2Mプラットフォーム
M2Mサービスに要求される、対象機器に搭載される無線子機、各機器からのデータ収集、接続機器の認証、データの送受信、機器データの蓄積を行うクラウド、リモート制御等の一連の動きを、プラットフォームの機能として提供しています。
●ユーザ・アプリケーションとの連携可能なAPIによる迅速なサービス構築
スマートホンアプリケーション、Webアプリケーション、業務システム等とM2Mプラットフォームとの連携を可能にする標準インターフェースを装備しております。標準インターフェースにはWebAPIにてアクセスでき、多種多様なサービスの構築が速やかに行うことを可能としました。
●技術適合証明取得済のWi-Fi無線子機により組込み作業の大幅軽減
 技術適合証明取得済のWi-Fi無線子機により、対象機器への組込みの際に、改めて技術適合証明の取得が不要です。インターフェースは産業分野で標準的に採用されているUART、GPIOを標準装備しており機器への組込みの際の作業を大幅に軽減しました。
●ESP(Easy SetUp)機能により無線ネットワーク初期設定を簡略化
コンシューマー市場では便利なWPS(Wi-Fi Protected Setup)は、産業分野ではセキュリティ面で敬遠されており、これに変わる独自手法のESP(Easy SetUp)機能により、面倒な無線ネットワーク設定を簡略しました。
●2段階の暗号化によるセキュリティの確保
無線部分は、WEP(Wired Equivalent Privacy)、WPA(Wi-Fi Protected Access)、WPA2(Wi-Fi Protected Access 2)による暗号化、またデータ部分は、クレジットカード番号、暗証番号、企業秘密などを安全に送受信する為に一般的に使われているSSL(Secure Socket Layer)が、無線子機に実装されており、ZeRoクラウド迄の通信経路で安全な情報通信を行うことができます。


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ルートレック・ネットワークス
担当 : 時津
TEL: 044-829-4361  FAX: 044-829-4362
e-mail: mktg@routrek.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。