logo

図研ネットウエイブ、データセンター/クラウド事業者向けの 革新的ゲートウェイセキュリティソリューションを提供 -導入コストゼロの月定額制で提供可能なゲートウェイソリューション-

年々高まるクラウドサービス需要、ならびにプライベートクラウド化の要求に対して、データセンター/クラウド事業者向けのソリューションを展開、強化している、図研ネットウエイブ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 郁生 、以下図研ネットウエイブ)は2 月14 日、データセンター/クラウド事業者向けの新たなサービスとして新製品「FortiGate 仮想アプライアンス」を軸とした月定額制でのゲートウェイセキュリティソリューションの提供を開始します。

従来はハードウェアアプライアンスとして導入されてきたUTM(統合脅威管理)を仮想アプライアンスとして導入できるようになることで、データセンター/クラウド事業者がゲートウェイセキュリティソリューションをサービスとして提供することが容易になりました。 データセンター/クラウド事業者のサービス利用者が増えるたびに物理環境の増設、メンテナンスが必須となっていましたが、仮想基盤を使用することによりハードウェアの老朽化や、増大するトラフィックに対しての要求など、変化する状況にも柔軟に対応できるようになりました。

また、従来から提供して参りましたハードウェアアプライアンスベースのゲートウェイセキュリティソリューションがハウジング/ホスティングサービス向けに最適なソリューションであったのに加えて、この度ご提供する仮想アプライアンスはクラウド/IaaS に最適なソリューションとなり、あらゆるデータセンター/クラウド事業者のニーズに最適なソリューションとしてご提供できる事となりました。

さらに、データセンター/クラウド事業者が本ソリューションをサービス利用者に提供した場合、サービス利用者は従来のパケットフィルタのみではなく、ステートフルインスペクションファイアウォールやIPS(不正侵入防御)などの高度なセキュリティを簡単に導入可能です。

新製品「FortiGate 仮想アプライアンス」は、既に提供中である仮想基盤に対応したソフトウェアベースの月定額制L7 ロードバランサー「Stingray Traffic Manager」(旧:Zeus Load Balancer)と同様、ゲートウェイセキュリティソリューションを月定額制で利用することが可能となり、データセンター/クラウド事業者の皆様へ「初期投資のリスクなしにサービスを開始できる」という大きなメリットをご提供します。

UTM 市場においてトップシェアを誇る、フォーティネット社は「FortiGate 仮想アプライアンス」について「クラウドサービスに最適なマルチテナント型UTM」と位置付けており、データセンター/クラウド事業者が各エンドユーザーに提供した「FortiGate 仮想アプライアンス」に対し、それぞれファイアウォールやVPN、IPS 等のセキュリティポリシーを、要件に応じ柔軟に設定可能です。

今回のソリューション提供にあたり、フォーティネットジャパン株式会社の久保田 則夫 カントリーマネージャは次のように述べています。

「図研ネットウエイブの革新的なネットワーク ゲートウェイソリューションにより、様々なセキュリティ課題を抱える多くのデータセンター/クラウド事業者、ならびにクラウドサービスを利用する企業の皆様へ最適な解決策をご提案できることに大きな喜びを感じます。
図研ネットウエイブが強みとするネットワークソリューション能力とセキュリティソリューション能力、ならびに包括的サポート力、そして『FortiGate 仮想アプライアンス』の信頼性、拡張性、簡易性によりクラウドサービスに於けるセキュリティ課題解消に大きく貢献できると確信しています。」

「FortiGate 仮想アプライアンス」はVMware vSphere、Citrix XenServer に対応しており、今後、対応する仮想基盤を順次増やしていく予定です。 それにより、さまざまな仮想基盤をもつデータセンター/クラウド事業者様へ最適なゲートウェイ セキュリティソリューションを提供いたします。

図研ネットウエイブでは「Stingray Traffic Manager」ならびに「FortiGate」の豊富な国内販売実績のノウハウを活用し、サービスの設計、導入から構築まで一貫したソリューションを提供しています。


【FortiGate 仮想アプライアンスの主な特長】

■ 迅速な導入が可能
データセンター/クラウド事業者様側で仮想化環境をご用意いただければ、ハイパーバイザーに仮想アプライアンスをインポートするのみで迅速な導入が可能です。 ラッキング、ケーブリング等物理環境は一切不要です。

■ 低導入コストかつ月定額制
サービス開始にあたり導入コストはかかりません。 データセンター/クラウド事業様の提供するクラウドサービスのオプションとして「FortiGate 仮想アプライアンス」を提供していただき、申し込みがあったライセンス数分だけ月々の定額料金をお支払いいただく新しい形のサービスです。

■ 信頼性の高いセキュリティ
ステートフルインスペクションファイアウォール、VPN はもちろんのこと、DoS 攻撃、ポートスキャンなどの攻撃にも標準で対応します。 オプションとして、IPS、アンチウィルス、アンチスパム、ウェブフィルターも使用可能です。

■ 管理の容易性
クラウドサービス利用者による設定が可能なため、データセンター/クラウド事業者様からの管理の負担を軽減します。 クラウドサービス利用者様から設定のご要望がある場合は、弊社がご相談に応じます。


【FortiGate 仮想アプライアンスの提供形態】
利用に応じたライセンスの月定額制の価格はデータセンター/クラウド事業者限定で公開されますので、ご利用希望の事業者様は図研ネットウエイブ 営業本部にご連絡ください。

以上


【図研ネットウエイブについて】
図研ネットウエイブは 2001 年、急速な発展とともに多様な課題を抱えるインターネット市場に独自のソリューションを展開するため、株式会社図研の出資により設立されました。2002 年よりフォーティネットのディストリビュータとして販売を開始し、累積で 17,000 台以上の機器販売実績があります。また、過去 6 回に渡って No.1 ディストリビュータ賞に輝いており、フォーティネット製品に精通した SE が導入から運用・サポートまで包括的な技術支援を提供しています。図研ネットウエイブでは、企業ネットワークにおける外部からの脅威、内部からの情報漏洩といった問題に対するネットワークセキュリティソリューションだけでなく、今後急速に進化する仮想化環境・ビックデータ活用に最適なスケールアウトストレージやクラウドサービスにいたるまで、あらゆる企業ニーズに応えるべき「もっと速く、もっと安全に」をコーポレートメッセージとしてお客様に高いバリューの製品とプロフェッショナルサービスを提供します。
詳細は リンク をご参照ください。

※本リリースにおける社名、製品名に関する記述、およびその他の関連するマークは各関連会社の登録商標、または、商標です。


<製品についてのお問い合わせ>
図研ネットウエイブ株式会社
営業本部
Tel:045-473-6821 / FAX:045-473-1782
e-mail:ft-info@znw.co.jp

<報道機関からのお問い合わせ>
図研ネットウエイブ株式会社
マーケティング部
Tel:045-473-6821 / FAX:045-473-1782
e-mail:mktg@znw.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。