logo

使用エネルギーの現状分析と改善提案ができる次世代型PDU 「eco PDU」を発売

~付属のエネルギー管理ソフトウェア「eco Sensor」の分析機能の活用で 限りある電力の有効利用が可能に~

ATEN (エイテン)ジャパン株式会社は、遠隔からの電源管理と環境監視に有効な次世代型PDU「eco PDU」(エコPDU)の4機種PE6108/PE6208/PE8108/PE8208を発表します。入力電圧タイプは100V(PE6108/PE8108)と200V(PE6208/PE8208)を提供します。出荷開始時期は、全機種とも4月中旬を予定しております。
本製品は、従来のインテリジェントPDUが持つリモート電源制御と環境監視の機能に加え、付属のエネルギー管理ソフトウェア「eco Sensor」(エコセンサー)を活用して使用エネルギーの現状分析と対策を行うことで、データセンターの電力リソースを最適化できる、新しいタイプのPDUです。

1.eco PDU本体 「PE6108/PE6208/PE8108/PE8208」について
(ア)概要
ATEN 「eco PDU」は、インテリジェントPDUが本来備えている、電源の遠隔制御、使用電力の計測、センサーによる環境監視の各機能に加え、計測値の分析・活用によって、ラック環境のエネルギーを効率的に管理できる次世代型PDUです。アウトレットはNEMAとIECの2種類(上記参照)から、また、監視単位はPDUレベル(PE6108/PE6208)とアウトレットレベル(PE8108/PE8208)の2種類からそれぞれ選択できます。

(イ)製品の主な特長とメリット
①接続機器の電源をリモートから制御
最大8台の機器の電源をリモートからON/OFF/再起動することができます。

②セーフシャットダウン対応 リモートからでも安全な方法で電源を制御
単に電源供給を停止するのではなく、サーバーに制御信号を流してからシャットダウンシーケンスに入りますので、ローカルでの操作時と同じように安全な手順で機器を停止することができます。

③各種センサーを使用してラック環境をリモートからモニタリング
センサーで測定された温度や湿度の値をリアルタイムで表示。ネットワークが利用できる場所であればどこからでも、ラック環境の状態を把握しモニタリングを継続することができます。

④早期警戒通知機能で緊急性の高いイベントへの即時対応が可能
計測値が警告しきい値を超えた場合は、メールやアラート等で速やかに管理者へ通知します。

⑤エネルギー管理ソフトウェア「eco Sensor」対応
eco PDUでの計測値をもとにデータセンター全体の使用エネルギーを分析し、最適な改善策を提示します


2.エネルギー管理ソフトウェア 「eco Sensor」について

(ア)概要
ATEN「eco Sensor」は、複数のeco PDU(PEシリーズ)と連携してエネルギーを管理できるソフトウェアです。eco PDUでの計測値をもとに現状の分析・評価を行い、データセンター全体における使用エネルギーを最良の方法で効率化させます。

(イ)製品の主な特長とメリット
①複数のeco PDUをシングルサインオンで一元管理
eco Sensorは同一イントラネット上にあるeco PDUをすべて自動的に検出します。eco Sensorから複数のeco PDUにアクセスできますので、デバイスごとにブラウザを起動する必要がなくなり、データセンターに設置されたすべてのeco PDUをシングルサインオン&シングルインターフェースで効率的に管理できます。

②サーバールーム全体の電源をリモートから管理
eco Sensorを使うことで、データセンターにある複数のeco PDUをTCP/IPネットワーク経由で遠隔から電源制御・管理を行うことができます。

③サーバールームにおけるセンサーの計測値を一括で管理
eco PDUに取り付けられたセンサーで測定した温度や湿度等の値はeco Sensor上でもリアルタイムで表示されます。データセンターの外側からでもラック環境全体の監視が十分に可能です。

④現状把握を容易にする直感的なインターフェース
データセンター内のラックレイアウトや各ラックに設置されているeco PDUをこのソフトウェア上で定義すると、ダッシュボードの画面上で温度、湿度、空気の状態レベルをラック毎に色別表示します。また、各PDUで計測された値も個別のツリービューで一目瞭然。データセンターの現状を直感的に把握することができます。

⑤データセンター全体の使用エネルギー効率を改善に導く
「電力分析レポート機能」
インテリジェントPDUの次世代に位置づけられるeco PDUは、単なる計測データの表示にとどまりません。計測値をもとにデータセンター全体における消費電力やCO2排出量、また、これらにかかわるコスト等を様々な角度で分析し、現状の使用エネルギーを評価。さらに、「システムの信頼性と省エネが調和し、なおかつエネルギーを最大限に有効活用できる」理想の環境に近付けるために、管理者が取るべきアクションを提案し、データセンター全体のエネルギー効率を改善へと導きます。


PE6108: エネルギー管理・PDU監視対応 8ポートeco PDU
(入力電圧100V、NEMAモデル) 105,000円(税別)

PE6208: エネルギー管理・PDU監視対応 8ポート eco PDU
(入力電圧200V、IECモデル) 110,000円(税別)

PE8108: エネルギー管理・アウトレット監視対応 8ポート eco PDU
(入力電圧100V、NEMAモデル) 130,000円(税別)

PE8208: エネルギー管理・アウトレット監視対応 8ポート eco PDU
(入力電圧200V、IECモデル) 140,000円(税別)

このプレスリリースの付帯情報

PE6108 (NEMAモデル) 外観

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

ATENとは
ATEN International Co,. Ltd.は台湾に本社を置き、北米、欧州、アジア各国の複数の拠点でワールドワイドにビジネスを展開しているKVMスイッチメーカーです。主要製品であるKVMスイッチをはじめとし、映像関連製品、USB関連製品、各種インターフェースコンバータ等、コンピューター・サーバー周辺装置の開発、製造、販売を一貫した自社体制で行っています。SOHO~ミドルレンジのATENブランドKVMスイッチは世界トップクラスのシェアを誇り、ハイエンドブランドALTUSENシリーズは各国を代表する企業、公共/教育機関において数多く採用されています。


ATENジャパンとは
ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。日本のユーザーニーズにあったサービスを提供することで、KVMスイッチ市場の更なる拡大を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。