logo

フレキシブル基板の需要は今後10年間で急上昇するだろう

米国の市場調査会社ナノマーケット社は出版レポート「フレキシブル回路基板市場調査 2011年-Flexible Substrates Markets - 2011」のプレスリリースにおいて、フレキシブル回路基板の市場総額は2017年に12億ドルに達するだろう、との予測結果を発表しました。

米国調査会社ナノマーケット社は、フレキシブル回路基板の市場総額は2017年に12億ドルに達するだろうと予測している。停滞期にある市場を拡大するために、ディスプレイ、太陽光パネル、センサに柔軟性を付加しようとする試みがなされ、フレキシブル基板の材料の市場は促進している。


この調査レポートは、ナノマーケット社が継続的に調査しているフレキシブルエレクトロニクスと太陽光発電市場の調査レポートシリーズの最新刊である。ディスプレイ、太陽光発電、センサや様々なロール・ツー・ロール方式(電子デバイスを効率良く量産する手法)の製造などの、幅広いアプリケーションにおける、フレキシブル基板のビジネスチャンスを分析している。調査対象とした材料は、金属板と金属箔、ポリイミドとPET、フレキシブルガラス、繊維と紙などである。


Ascent Solar、コーニング、ダウ・ケミカル、デュポン、帝人、ダイソル、カネカ、ノキア、Pilkington Glass、サムソンSchott、タタ・スティールといった主要サプライヤとユーザ企業の戦略について論議している。また、フレキシブルプラスチック、メタル、ガラスの基盤材料の、生産量と金額の詳細な予測を行い、アプリケーション毎、材料毎、プリント方式毎に記載している。


調査レポートは、下記についても記載している。

フレキシブルディスプレイに対する期待は大きいが、フレキシブル回路メーカーが最も大きな収益を上げるのは建材一体型の太陽光発電分野(BIPV)であるだろう。フレキシブルソーラーパネル用の基板の市場は、2017年に5億3600万ドルに達するだろう。BIPVは、新しい建築理念を導入し、建築資材と太陽光発電のコストを分け持つことができるため、フレキシブル基板技術はこれらのトレンドを大きく促進するだろう。フレキシブルソーラーパネルは、輸送や導入も容易である。


フレキシブル基板の収益が最も早く実現するのは、ロール・ツー・ロール(R2R)の製造方式である。R2Rによって、低コストのディスプレイ、照明、RFIDなどが実現するだろう。しかし、このような製造過程で生産できるのは性能の低いデバイスである場合が多いため、R2Rには大きな課題が残されている。ナノマーケット社は、これらの問題が解決されて、R2Rフレキシブル基板の市場は拡大すると予測している。


一方、フレキシブル基板に使用される素材は変化するだろう。この調査レポートは、処理温度の大幅な削減によって、PETなどのような低コストのポリマー基盤の採用が進むと予測している。そのためには、有機半導体の使用の必要性が高まるだろう。また、フレキシブルガラスが、硬質ガラスと同様の製造プロセスで使用することができるようになれば、大きな市場になるだろうとナノマーケット社は予測している。さらに、紙やテキスタイルといった新しい種類のフレキシブル基板にも、ニッチな市場があるだろう。


にもかかわらず、現在使用されているフレキシブル基板は、大きなシェアを獲得し続けると予測される。金属基盤はすでに、特に太陽光発電産業で広範に使用されている。丈夫で不活性で安価な基盤が求められる場合には、ステンレススチールが一般的な選択であり続けるだろう。ポリイミド薄膜は、プリント太陽光発電などの、加工条件が最も厳しくないところでは、結局は成功する可能性が高そうである。

【調査レポート】
フレキシブル回路基板市場調査 2011年
Flexible Substrates Markets - 2011
リンク

◆米国市場調査会社 ナノマーケット社について
リンク

株式会社データリソースはナノマーケット社の日本販売代理店です。
調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

日本販売代理店
株式会社データリソース
〒107-0052 東京都港区赤坂1-14-5
アークヒルズエグゼクティブタワー N313
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:office@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。