logo

【EPARK Beauty】iPadで次回予約促進、美容室への来店頻度上昇



- 予約システム「EPARK Beauty」で次回予約の受付を簡単に、利用客の利便性も向上 -

モバイル、PC上でインターネットメディア広告事業を展開するe-まちタウン株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐仮 利明)の持分法適用関連会社である株式会社アップヒルズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:今村 泰久)はこのたび、同社が提供する美容業界向けの予約システム「EPARK Beauty」(イーパークビューティ)の導入先において、下記のような成果を確認しましたので発表いたします。
「EPARK Beauty」とは、接客時間の長い美容業界の特性を考慮し、施術者の持つiPadからでも、受付に設置のPCからでも、簡単に予約確認・受付を行うことが出来る予約システムです。予約情報はリアルタイムでシステムに反映されるため、利用客は店舗で次回予約を登録する他、携帯から24時間いつでも予約を行うことが可能です。
今回ご紹介する導入先は東京で大規模サロン5店舗を経営する「ZEST(ゼスト)」グループです。同グループでは2011年12月に100アカウント以上の「EPARK Beauty」を導入しました。
導入を担当した同グループのITソリューション本部長、山中氏は経緯を次のように語っています。「ZESTグループでは、POS連動型の予約システムを採用していましたが、操作性や自由度に不満がありました。元々ZESTグループではスタイリスト全員がiPadを持って客様へのメニュー説明やスタイル提案を行っており、お客様やスタイリストから好評でしたから、予約登録も各自のiPadで完結する、というのは魅力でした。」
実際に導入してからは次のような効果が見られたとのことです。「何より操作性が格段に向上しました。スタイリストが接客中に自分のiPadから次回の予約登録をしたり、施術の合間に勤務予定を入力したりすることにより、受付担当者の負担が激減しました。お客様にとっても、わざわざ電話などで予約を取る手間が省け、ご来店の間隔が短縮しました。」(山中氏)
山中氏は更に、次のように今後の展望を語っています。「話題性が高いiPadを介し、お客様とスタイリストとのコミュニケーションも円滑になっています。『EPARK Beauty』の導入はごく最近のことですが、このシステムによる予約は近い内に全体の60%くらいを占めるようになると思います。」
e-まちタウングループは、今後も店舗と消費者を繋ぎ、より便利な社会を実現するため、「EPARK Beauty」の拡大を進めてまいります。

【「ZEST」について】
1979年に設立されたZESTは、吉祥寺、立川、八王子を中心に大規模サロン5店舗を経営し、総スタッフは330名を数えます。常に流行の最先端を追い続けるZESTグループは、日本一のスタッフ教育をモットーに日本一のサロン作りを目指しています。
「ZEST」に関するお問合せ先
東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-2-27 TEL: 03-3393-5755
ITソリューション本部長 山中

【株式会社アップヒルズ 会社概要】
社名 株式会社アップヒルズ
所在地 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-5
主な事業内容 WEBサイトの企画・運営事業、サロン経営者様向けソリューション事業
設立年月日 2005年12月
代表者 代表取締役社長 今村 泰久
資本金 90百万円
EPARK Beautyに関するお問合せ先
株式会社アップヒルズ ビューティーソリューション事業部 担当: 安東
TEL: 03-6863-0701

【e-まちタウン株式会社 会社概要】
社名 e-まちタウン株式会社
所在地 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-5
主な事業内容 モバイル、PCにおけるインターネットメディア広告事業、レンタルサーバー事業
設立年月日 1995年10月16日
代表者 代表取締役社長 佐仮 利明
資本金 1,410百万円

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。