logo

【レポート販売】「スマートフォン白書2012年版」を販売開始

~国内外で開発・普及が加速度的に進んでいるスマートフォンの全容について精鋭アナリストの分析、公開資料・統計・ジャーナル、その他多くの協力会社の調査結果等をもとに集大成~

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、リサーチ・コンサルティング活動を行うストラテジック・リサーチ(代表取締役 森田 進 東京都千代田区)が提供する「スマートフォン白書2012年版」を販売開始しました。

詳細URL:http://www.cross-shop.jp/shop/goods/$/id/8464/

報道関係者各位

平成24年1月31日
株式会社クロス・マーケティング
(東証マザーズ 3629)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「スマートフォン白書2012年版」を販売開始

~国内外で開発・普及が加速度的に進んでいるスマートフォンの全容について
精鋭アナリストの分析、公開資料・統計・ジャーナル、その他多くの協力会社
の調査結果等をもとに集大成~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、リサーチ・コンサルティング活動を行うストラテジック・リサーチ(代表取締役 森田 進 東京都千代田区)が提供する「スマートフォン白書2012年版」を販売開始しました。

詳細URL:リンク

■概要■

スマートフォンを軸にしたモバイル・エコシステムの潮流は、関連領域にも地殻変動ともいえる影響を及ぼし、ICTの歴史のターニングポイントとなるほどの大きなうねりとなっている。

本白書は、国内外で開発・普及が加速度的に進んでいるスマートフォンの全容について、精鋭アナリストの分析、公開資料・統計・ジャーナル、その他多くの協力会社の調査結果等をもとに集大成した調査報告書である。

スマートフォン市場、業界構造、利用実態、ビジネスモデル、プラットフォーム、販売チャネル、マーケティング、その関連領域を含めた“多元的な構造”としてのスマートフォンについて800ページ余(うち本文約480ページ)に渡り、体系的・総合的に編纂している。スマートフォンに関するさまざまな視点にたった論評(紹介)なども内容に組み入れており、事業企画、開発、研究の基礎資料としても役立てるよう、密度の濃い内容で編纂されている。


■■ 目次 ■■


================================================
第1部 スマートフォン市場・業界編

  第1章 スマートフォン業界-概況・俯瞰分析

   [1] 新世代のスマートフォン・プラットフォームを巡る競争へ
   [2] スマートフォンとアプリ開発スタイルの変化
   [3] エコシステム体系を巡る競争
   [4] エコシステム・イノベーターとしてのアップル
   [5] スマートフォンを基点に新しい情報産業の構想”を

  第2章 スマートフォン業界構造の変容

   [1] 米国調査会社の俯瞰分析より
   [2] 垂直統合型から水平分業方への変化
   [3] 台風の眼、サムスンの動向

  第3章 新たな市場形成を促進するスマートフォン

   [1] 新たな市場形成の動き
   [2] スマートフォンに対する評価軸の変化
   [3] 勢いがついてきた「無線LAN+スマートフォン」の市場
   [4] 日本市場の特性と今後のシナリオ
   [5] KDDIのiPhone 5発売で揺れるスマートフォン市場
   [6] モバイルブラウザ動向

  第4章 サブジャンル間の水平展開・影響を促進するスマートフォン

   [1] スマートフォン市場の構造的な傾向
   [2] 両雄(アップル/グーグル)の戦略比較
   [3] グーグル/Android路線の課題
   [4] 開発コミュニティの重要性
   [5] 小括

  第5章 スマートフォン/タブレット端末/端末OS市場概況

   [1] 概況
   [2] スマートフォン端末メーカー/ベンダー別の市場シェア
   [3] 好調を持続するAndroidスマートフォン

  第6章 スマートフォン市場動向(海外)

   [1] 米国
   [2] 欧州
   [3] アジア

  第7章 スマートフォン市場動向(国内)

   [1] 国内スマートフォン市場概況
   [2] 国内スマートフォン市場の注目点
     -スマートフォンに関する行動・意識調査(国内)
 
 第8章 タブレット型端末市場動向(海外)

   [1] タブレット型端末市場の予測分析紹介
   [2] 法人需要の開拓が鍵を握るタブレット端末
    -“嵐の前の静けさ“が漂うタブレット端末市場
    -XOOMで巻き返しを狙うモトローラ
    -ノートPCにとって代わる可能性があるタブレットPC

  第9章 タブレット型端末市場動向(国内)

   [1] 国内大手モバイルキャリアの取り組み動向
   [2] 企業におけるタブレット端末の導入動向
    -低価格が進むタブレット端末
 
 第10章 スマートフォン・アプリ市場

   [1] スマートフォン・アプリ市場動向(海外)
   [2] スマートフォン・アプリ市場の変容(海外・国内)

  第11章 スマートフォン法人向け市場

   [1] 法人ユーザーのニーズ動向
   [2] 企業向けスマートフォン・アプリケーションのライセンス販売動向

  第12章 スマートフォンの利用実態・アンケート調査結果

   [1] スマートフォン機種/OSごとの利用動向・人気調査
   [2] J.D.パワーズ(J.D. Power)の調査結果
   [3] GfKの調査結果
   [4] AdMob社の調査結果
   [5] 「PC WORLD」誌の調査結果
   [6] ブロードバンド・リポーツの調査結果
   [7] スマートフォンのビジネス・ユースに対する期待・満足度

================================================
第2部 ビジネスモデル/サービスモデル編

  第1章 主要スマートフォン・プラットフォームのビジネスモデル特性

   [1] スマートフォン特有の技術進化・市場発展形態
   [2] PCとの親和性を重視した設計
   [3] プラットフォーム/エコシステムの優位性を巡る競争
   [4] Android型エコシステム体系の評価・動向分析
   [5] iPhone型イノベーション
   [6] 「iPhone 4S」に関する評価と今後の展望

  第2章  マイクロソフトが推進するスマートフォン・エコシステム

   [1] マイクロソフトのスマートフォン市場本格参入
   [2] パートナー重視路線を再構築
   [3] Windows Phone 7の新機軸で目立つ点
   [4] 豊富な機能を標準搭載するWindows Phone 7.5
   [5] Windows Phone 7向け開発ツール
   [6] Windows Phone 7の潜在力
   [7] Windows Phone 7のマーケティング戦略

  第3章  Windows Phone 7.5(Mango)の動向と展開予測

   [1] Windows Phone 7.5で狙う新機軸
   [2] コミュニケーション、使いやすさ、エコシステムの三位一体を追及
   [3] “スマートフォン上でWindows体現”を最大限に追及したWindows 8

  第4章 クラウド・インフラに統合されるスマートフォン

   [1] ビジネス向けクラウドを一変させるスマートフォン
   [2] アクセス端末とクラウドの共進化
   [3] 先兵の役割を果たすモバイル・ドキュメント管理サービス
   [4] クラウド型データ連携サービス「Evernote」とスマートフォンの融合
   [5] スマートフォンとドキュメントスキャナの結合
   [6] スマートフォンとストレージ・クラウドの結合
   [7] “ノマドワーキング”を促進するタブレット型端末
   [8] 注目を集めるChrome OS搭載端末のネット接続サービス

  第5章 利用拡大が予想されるパーソナル・クラウド

   
   [1] パーソナル(個人向け)クラウド概説
    -端末の区別を無くしてしまうパーソナルクラウド
    -個人向けクラウドの確立を促進するスマートフォン
    -個人向けクラウドの確立を促進するスマートフォン
   [2] 共通の可能性を追求する“スマート・デバイス・プラットフォ
     ーム”とクラウド
    -コラボレーション系クラウドの推進を後押しするスマートフォ
     ン・プラットフォーム
    -仮想化ベンダーが構想するクラウドとスマートフォン・プラットフ
     ォーム統合
   [3] パーソナルクラウド向けファイル共有ソリューション
   [4] パーソナル・クラウド・ストレージ・サービス
    -Amazon.com/Amazon Cloud Drive
    -Google/Music Beta by Google
    -マイクロソフト/「Windows Live SkyDrive」
    -Dropbox, Inc./「Dropbox」
   [5] 個人向けオンラインストレージサービスの国内ベンダー参入動向
   [6] アップル/iCloudの動向と今後のシナリオ
   [7] “スマート・コネクティビティ”とクラウドを軸とした戦略を打ち出すグーグル
   [8] デバイス間共有クラウドを牽引するEvernote(エバーノート)
   [9] クラウド型エンタテイメント・サービス
    -クラウド型音楽配信サービス
    -アップルのクラウド型音楽配信サービス
    -グーグルのクラウド型音楽配信サービス
    -アマゾン・ドットコムクラウド型音楽配信サービス
    -ソニーのクラウド型音楽配信サービス
    -クラウド型映像配信サービス

  第6章 スマートフォンと検索/ナビ・サービスの高度化

   [1] 検索サービスとのシームレスな連動
   [2] スマートフォンを活用した自動車向け情報提供サービス
   [3] ”スマホナビ”へ舵を切る自動車業界
   [4] Android端末向けの新しい検索サービス

  第7章 スマートフォンを軸としたソーシャル・サービスの進展

   [1]主要ベンダーのソーシャルコラボレーション参入
    -(株)ディー・エヌ・エー
    -KDDI(株)
    -グリー(株)
    -(株)ミクシィ
   [2] 進展著しいソーシャル・マーケティングの動向
   [3] スマートフォンのTwitter向けアプリケーション
   [4] iTunesソーシャル・サービスがもたらす価値

  第8章 スマートフォンを活用した防災・危機管理・救急支援システム

   [1] 自然災害情報提供サービス
   [2] 緊急地震速報サービス
   [3] 放射線測定ソリューション
   [4] 救急医療支援ソリューション

  第9章 スマートフォン活用による医療分野向けソリューション

   [1] 医療分野のスマートフォン活用が本格化
   [2] 国内の医療分野向けモバイル・ソリューション動向

  第10章 スマートフォン活用による教育ソリューション

   [1] 大学キャンパス向けソリューション
   [2] タブレット端末を活用した社員教育

  第11章 今後、有望視される諸分野とそのビジネスモデル特性

   [1] 位置情報プラットフォームとしてのスマートフォン
   [2] ジャイロスコープ搭載スマートフォンの応用モデル
   [3] スマートフォン組み込みのGPSを活用したサービス
   [4] SkypeとAndroid結合によるビデオ通話サービス

================================================
第3部 販売チャネル/マーケティング編

  第1章 アプリケーションストアの拡大と今後の展開予測

   [1] アプリケーションストアの市場動向
   [2] アプリケーションストアと関連セグメントの動向
   [3] アプリケーションストア差別化・優位をめぐる競争

  第2章 主要アプリケーションストア動向

   [1] アップル/App Store
   [2] Google/Android Market
   [3] Chrome Web Store
   [4] RIM/BlackBerry App World
   [5] マイクロソフト/Windows Marketplace for Mobile
   [6] Nokia/Ovi Store
   [7] AOL/AOL Open Mobile Platform
   [8] ベライゾン/VCast App Store
   [9] Samsung/Samsung Mobile Applications
   [10] LGエレクトロニクス/LG Application Store
   [11] Opera Software /Opera Mobile Store
   [12] NTTドコモ/ドコモマーケット
   [13] ソフトバンクモバイル株式会社/S!アプリ
   [14] KDDI/au one Market
   [15] NECビッグローブ/andronavi
   [16] SKプラネット/T store/qiip(キップ)
   [17] 「アプリケーションストア」 今後のシナリオ

================================================
第4部 OS・プラットフォーム別コンピテンス編

  第1章 Androidプラットフォーム概説

   [1] Androidプラットフォームと開発フレームワーク
   [2] Androidが抱える技術仕様上の課題
   [3] Android 2.0系に対する評価
   [4] Android 3.X系に対する評価
   [5] Android向けSDK/アプリケーション開発動向
   [6] スマートフォン以外にも広がるAndroidの適用範囲

  第2章 Android 4.0に対する評価と今後のシナリオ

   [1] Android OS 4.0の特徴
   [2] Android 4.0に対する評価と今後のシナリオ

  第3章 iOS(iPhone/iPad)プラットフォーム 現状と課題

   [1] iPhoneを軸にしたアップル/パートナーシップ動向
   [2] iOS 3.0の評価分析
   [3] iOS 4.Xとアップル社の戦略再編
   [4] iOSグレードアップとデバイス性能拡充動向
   [5] iPhone 4Sに関する動向・今後の展開予測
   [6] iPhone向け開発フレームワーク動向
   [7] 開発者に求める条件・承認基準を巡る動き
   [8] iPhoneの不具合を巡る動向
   [9] iOSのリブランディング動向
   [10] iOS用SDK関連動向

  第4章 「iOS vs Android 2.x」の比較検証

   [1] 総評・総合比較
   [2] ユーザビリティをめぐる競争

  第5章 iPadのアドバンテージと課題

   [1] iPad流ユーザ・エクスペリエンス概説
   [2] iPadの課題点
   [3] デジタル世界の新しい“モード”を創りだすiPad
   [4] iPadの最新動向・今後の展開予測
   [5] その他iPadの特徴

  第6章 iPad/iPad2のトレンドとインフルエンス

   [1] カテゴリーキラーとしてのiPad
   [2] 広がりを見せるiPad/iPad2の用途開拓
   [3] iPadと電子書籍(市場)のイノベーション
   [4] iPadビジネス利用の可能性
   [5] iPadとeラーニング(市場)
   [6] iPadとゲーム・プラットフォームへの影響

  第7章 iPad競合機の開発・参入動向

   [1] 有力ベンダーの参入動向
   [2] グーグルが構想する「タブレットPC戦略」と開発動向
   [3] 業界団体のタブレットPC向けOS共同開発の動き

  第8章 マイクロソフトが仕掛けるスマートフォン/タブレットPC戦略

   [1] マイクロソフトのスマートフォン/タブレットPC戦略再編
   [2] Windows Phone 7の拡充計画
   [3] マイクロソフトとノキア提携の戦略的含意と今後のシナリオ
   [4] マイクロソフトが開発中のiPad競合機動向

================================================
第5部 スマートフォンの課題編

  第1章 トラフィック急増によるキャパシティ不足

   [1] 通信トラフィック急増問題/トラフィック分散対策
   [2] 通信サービスの適用範囲拡大

  第2章 セキュリティ脆弱性問題

   [1] セキュリティリスクを拡散させるスマートフォン
   [2] スマートフォン向けアプリケーションに潜むウィルス

  第3章 課金・料金体系

   [1] 料金プランの見直し動向
   [2] トラフィック増加に対する課金負担をめぐる問題
   [3] スマートフォンの維持費節約で注目を集めるモバイルWiMAX

  第4章 プライバシー保護問題

   [1] 蔓延するユーザのプライバシー侵害の問題
   [2] スマートフォン・プラットフォームの欠陥が露呈

  第5章 技術的制約の課題

   [1] 深刻化するスマートフォンのバッテリジレンマ問題
   [2] バッテリ増強ニーズを先取りする製品事例

  第6章 電磁ハザード問題

   [1] 電磁ハザード問題
   [2] 携帯端末通信網・電波が自然界に及ぼす影響の研究動向

  第7章 知的所有権問題

   [1] 激化する特許訴訟攻撃と防衛的買収戦略の攻防
   [2] タッチスクリーン搭載の多機能端末に関する特許紛争
   [3] タブレット型端末のデザイン特許侵害紛争を巡る動向
   [4] 独占禁止法違反を巡る係争

================================================
第6部 プラットフォーム互換性/仕様標準化課題

  第1章 スマートフォン・プラットフォーム推進団体の動向

   [1] LiMo Foundation
   [2] The Linux Foundation
   [3] Open Handset Alliance
   [4] Open Embedded Software Foundation(OESF)
   [5] Symbian Foundation
   [6] Wi-Fi Alliance
   [7] Wholesale Applications Community(WAC)
   [8] Linaro(リナロ)

  第2章 Android関連コミュニティ

   [1] Android SDK Japan/Google Group
   [2] 日本Androidの会

******************************************

付章A 代表的なスマートフォン機種/タブレット機種(国内)と特徴

 A-1 NTTドコモ
 A-2 au(KDDI、沖縄セルラー)
 A-3 ソフトバンク
 A-4 イー・モバイル
 A-5 ウィルコム
 A-6 NECビッグローブ
 A-7 日本通信

付章B スマートフォン/モバイル関連調査報告書

 B-1 モバイル・プラットフォーム/スマートフォンをテーマにとりあげた主な調査報告書
 B-2 その他報告書

付章C WEB掲載のスマートフォン関連レポート

付章D 関連サイト

 D-1 モバイル関連サイト
 D-2 Android関連サイト リンク集


付章E スマートフォン/モバイル関連書籍

 E-1 2012年/2010年発刊の書籍
 E-2 2009年/2008年発刊の書籍
 E-3 2007年以前に発刊の書籍


付章F スマートフォン/クラウド関連標準化団体

 F-1 スマートフォン関連標準化団体
 F-2 クラウド関連標準化団体他(主に海外)
 F-3 主なクラウド関連団体(国内)
 F-4 スマートフォン関連調査会社・団体


付章G モバイル/スマートフォンに関係した各種ガイドライン

 G-1 モバイル マーケティング ソリューション協議会 ガイドライン
 他


付章H モバイル/スマートフォン関連アワード

 H-1 CESアワード
 H-2 Android Application Award
 H-3 アプリ・アドバンスアワード
 他

   [以上]

■■ 商品詳細 ■■

商 品 名:スマートフォン白書2012年版
発 刊 日:2012年1月18日
発   行:ストラテジック・リサーチ
販   売:株式会社クロス・マーケティング
判   型:A4判/約820ページ
     (※ バインダー製本とCD-ROM版では編集上の違いによりページ数が若干異なります。)
頒   価:
■CD-ROM       94,500円(本体価格90,000円、消費税4,500円)
■PDFダウンロード   94,500円(本体価格90,000円、消費税4,500円)
■製本版       98,700円(本体価格94,000円、消費税4,700円)
※製本はバインダー製本になります。 製本版には、付章資料集PDF版が付属します。
※製本とCD-ROMには、別途送料500円頂戴いたします。

詳細URL:リンク

【お申し込み方法】
上記URLよりお申し込みください。

■■ 本件に関するお問い合わせ先 ■■

株式会社クロス・マーケティング
Cross Shop 販売窓口担当
Tel:03-3549-1319
Fax:03-5565-1555
Mail:cs-info@cross-m.co.jp
Facebook:リンク
twitter:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。