logo

ISID、金融イノベーションに特化した日本初のイベント「FIBC2012」を開催―金融ベンチャー企業や金融機関が集結、イノベーション創造の場を提供

Tokyo, Jan 30, 2012 - ( JCN Newswire ) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、資本金:81 億8,050 万円、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、金融分野のイノベーション(技術やサービスの革新)に特化した日本で初めてのイベント「金融イノベーションビジネスカンファレンス FIBC2012(以下FIBC2012)」を2012 年2月8日に開催します。FIBC2012 は、金融ベンチャー企業・金融機関・ベンチャーキャピタルが一堂に会し、日本の金融サービス市場にイノベーションをもたらすために何が必要であるかを、金融ベンチャー企業によるデモンストレーションや大手金融機関を交えたパネルディスカッションなどを通じて議論していく試みです。

インターネットやクラウドコンピューティング、そしてスマートフォンやタブレットPC など、生活者を取り巻くコミュニケーション環境が劇的な変化を遂げる中、流通・サービスをはじめとする様々な業界において、ベンチャー企業が生み出した安価で利便性の高いサービスが生活者に受け入れられ、業界全体に革新をもたらしています。規制業界と言われる金融業界においても、欧米ではベンチャー企業がベンチャーキャピタルの支援を得て生活者視点の新しいサービスを次々と立ち上げており、それらのサービスの一部は金融市場に一定の影響を与えるようになっています。さらに大手金融機関がこの動きに対応し、ベンチャー企業との提携などを通じて先進の金融サービスを自社に取り込んでいく、いわば「金融イノベーション」創造のためのエコシステム(生態系)が生まれています。

一方、日本の金融サービス市場は、金融分野の起業家や彼らを支援するベンチャーキャピタルが少なく、金融機関とのダイナミックな連携も生まれにくいなど、構造的にイノベーションが起こりにくい状況にあります。そのためベンチャー企業による革新的なサービスが普及したり、金融機関が既存の枠組みを超えて新たなサービスを立ち上げたりする事例がまだ少ないのが現状です。

ISID はかねてより、大手都市銀行をはじめとする数多くの金融機関において、インターネットバンキングやローン審査など個人向け金融サービス分野のシステム構築や、マーケティング支援などのサービス提供を手掛けてまいりました。また欧米における金融イノベーションの潮流や日本の金融ベンチャー企業の動向にも早くから着目し、調査・研究に取り組んでいます。IT(情報技術)と密接に関連する金融サービスの分野でイノベーションを継続的に生み出していくには、IT 企業もまた積極的に関わるべきであるとの考えから、本イベントを企画いたしました。FIBC2012 の開催を通じ、日本における「金融イノベーション」の創造と浸透をテクノロジーの側面から支援することにより、日本の金融サービス市場の活性化に貢献してまいります。

<FIBC2012 開催概要>

■イベント名:金融イノベーションビジネスカンファレンス FIBC2012
(Financial Innovation Business Conference)
■日時:2012 年2 月8 日(水) 13:00~19:00 (受付開始12:30)
■会場:ベルサール八重洲(東京都中央区)
■主催:株式会社電通国際情報サービス /協 力:TechCrunch Japan
■参加人数:約150 名
■参加費:3,000 円(事前登録制)

■主なプログラムと登壇者/企業:
◇キーノートスピーチ
磯崎哲也事務所 代表 磯崎哲也氏
◇デモンストレーション&プレゼンテーション(五十音順)
- 株式会社エクスチェンジコーポレーション
- SBI ホールディングス株式会社
- 閑歳孝子氏
- 株式会社シェアーズ
- ソニー株式会社
- 株式会社ホットリンク
- ミュージックセキュリティーズ株式会社
- ライフネット生命保険株式会社
- 株式会社ロイヤルゲート
◇パネルディスカッション
テーマ:「金融イノベーションの広がり ~実を結び、成長するには~」
パネリスト:
- 株式会社三菱東京UFJ 銀行 IT 事業部 プリンシパルアナリスト 柴田誠氏
- 株式会社エクスチェンジコーポレーション 取締役副社長 大前和徳氏
- TechCrunch Japan 編集長 西田隆一氏
ファシリテータ:
- 株式会社電通国際情報サービス 金融ソリューション事業部
シニアコンサルタント 齋木健次
◇ネットワーキング&表彰
※詳細はウェブサイトをご覧ください。 リンク (Twitter のハッシュタグは#FIBC2012)
※デモンストレーション&プレゼンテーションの様子は、Ustream で配信します。
(リアルタイム配信日時:2012 年2 月8 日(水)13:45~15:45 URL: リンク )
※プログラムの内容・登壇者・登壇企業・パネリストは、予告なく変更となる場合があります。

<ご参考資料>

「金融イノベーション」に関するISID の取り組みについて

ISID では、金融分野における先端の技術動向およびそれらがビジネスにもたらす影響をいち早く捉え、お客様とともに新しいビジネス・アイデアを考えるプロジェクト「Financial Innovative Business Project(FIBP)」を2007 年に立ち上げました。以来継続して、テクノロジーの進化が金融ビジネスにもたらすイノベーションについての調査・研究に取り組んでいます。これまでの調査・研究テーマは「学生と考える、学生が使いたくなる金融サービス」「米国リテール金融最新事情」「パーソナルファイナンス」「金融機関に求められるバリアフリーサービスとは」など多岐にわたり、その研究成果は金融機関向けのシステムソリューションに生かされています。テーマごとの考察をまとめたリポートを随時ウェブサイトで公開していますので、ぜひご覧ください。( リンク )

<電通国際情報サービス(ISID) 会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称:ISID)
代表者: 代表取締役社長 釜井 節生
本社: 東京都港区港南2-17-1
URL: リンク
設立: 1975 年
資本金: 81 億8,050 万円
連結従業員: 2,204 人(2011 年3 月31 日現在)
連結売上額: 602 億3,200 万円(2011 年3 月期)
事業内容: 1975 年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovator をビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営/連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【イベントに関するお問い合わせ先】
(株)電通国際情報サービス
金融ソリューション事業部 金融事業戦略部
TEL:03-6713-7007
E-Mail:g-finmarketing@group.isid.co.jp

【リリースに関するお問い合わせ先】
(株)電通国際情報サービス
経営企画室 広報担当 李、清水
TEL:03-6713-6100
E-Mail:g-pr@isid.co.jp

概要:株式会社電通国際情報サービス

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。