logo

アフィリエイトの成果報酬を寄付できる仕組みをリリース

「A8チャリティ」・「Moba8チャリティ」を開始

アフィリエイト・マーケティングのリーディングカンパニー、株式会社ファンコミュニケーションズ(東京渋谷区、代表取締役社長 柳澤安慶 JASDAQ:2461)は、社会貢献活動として「A8チャリティ」・「Moba8チャリティ」を開始いたしました。

「A8チャリティ」・「Moba8チャリティ」とは、当社が運営するアフィリエイトサービス「A8.net」および「Moba8.net」を利用し、アフィリエイターに対して寄付を募るもので、アフィリエイターが獲得した成果報酬から、管理画面上の簡単な操作で希望の金額を慈善活動団体へ寄付できる仕組みです。寄付に際しては、アフィリエイターからの寄付金額と同額を当社が上乗せし、各団体へ寄付いたします。

 当社では昨年の東日本大震災でにおいて、被災地の皆さまの救援や被災地の復興の一助となるよう、アフィリエイターや広告主のご協力の下、日本赤十字社に義援金を寄付させていただいておりますが、今回開始した「A8チャリティ」・「Moba8チャリティ」は、当社の社会貢献活動として恒常的に取り組んでいくものです。

 寄付先につきましては、WWFジャパン、日本盲導犬協会、日本赤十字社の3団体からスタートいたしますが、今後、当社の活動にご賛同いただける団体に対し、寄付先を広げていく予定です。今後も、当社のサービスの特長を生かせる社会貢献活動に取り組んでまいります。


(注)当リリースに記載されている会社・団体の名称、サービス名、製品名等 は、それぞれ会社・団体の登録商標または商標です。

用語解説

【 株式会社ファンコミュニケーションズについて 】
ファンコミュニケーションズは、アフィリエイトプログラム運営代行サービス「A8.net」(リンク)および「Moba8.net」(リンク) を運営し、費用対効果の高い成果報酬型の広告プロモーションを企画・提案しています。
A8.netは、2012年1月現在、累計広告主数約11,000、アフィリエイトサイト数約118万、プロモーション提携数約1,504万の日本最大級の規模で運営されています。またMoba8.netについては、2012年1月現在、累計広告主数約3,700、アフィリエイトサイト数約18万、プロモーション提携数約211万のネットワークになっています。
詳細はリンクをご参照ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。