logo

EMCジャパン、2012年の事業戦略を発表

「ITトランスフォーメーション」、「トラスト」、「ビッグデータ」の3分野に注力し、 お客様のITおよびビジネスの変革を支援

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修、URL:リンク )は、2012年の事業戦略を発表しました。ITを活用し「XaaS(eXecution as a Service:エグゼキューション・サービス)」として、社会を支えるビジネスのサービス化がさらに加速されていく2012年、EMCジャパンは、「ITトランスフォーメーション」、「トラスト(セキュリティ、GRC、災害対策)」、
「ビッグデータ」の3分野に注力し、お客様のITおよびビジネスの変革を支援してまいります。

■2012年の具体的な施策
1)「ITトランスフォーメーション」における施策
ITインフラの仮想化やクラウド化のための支援体制、パートナー企業との協業強化を図り、お客様のITの変革を支援します。

・クラウド構築のための支援体制の強化:
インフラ基盤コンサル&構築支援体制の強化、さらにコンサルティング部門の人員強化を図ります。
さらに、ストレージのハードウェア、ソフトウェア、運用サービスを従量課金で提供するSMS(Storage Management Service:ストレージ・マネージメント・サービス)を本格的に提供開始します。

・クラウドサービス事業者との協業:
パブリッククラウドと自社を専用回線で結びあたかも自社内に存在するプライベートクラウドのようにITを利用するホスティッド・プライベート・クラウドを提供するため、クラウドサービス事業者との協業を推進します。

・クラウド関連人材育成支援:
2012年中に、クラウド関連の人材を育成する支援プログラム「Data Center Architect(データセンター・アーキテクト)」、「Cloud Architect (クラウド・アーキテクト)」のトレーニングコースを開始し、お客様のIT部門の変革を支援します。

・XaaS(リアル・ビジネスのクラウド化)の立ち上げ支援の強化:
お客様のXaaS立ち上げを支援するため、2012年1月より、「クラウドビジネスサロン」を立ち上げました。「クラウドビジネスサロン」は、お客様と一体となってXaaSを立ち上げるための“協創フレームワーク”です。お客様のビジネスの課題解決、新たなビジネス創出を支援します。

2)「トラスト」における施策
サイバー攻撃への対応、災害への対策、事業継続計画の見直しなど、信頼性と安全性の高いITインフラの構築を支援します。

・IT-BCP (事業継続計画)やDR(災害対策)のソリューション提供:
国内最大の市場シェアを誇る重複除外ソリューション(「Avamar (アバマー)」や「Data Domain (データドメイン)」)やストレージ・レプリケーション、さらに、災害復旧時間をほぼゼロにするDisaster Avoidance(災害回避)ソリューションなどの技術により、お客様のIT-BCPやDRを支援します。

・GRC、サイバー攻撃対策ソリューションの提供:
2011年に発表した「RSA Archer(アーチャー)」、および「RSA NetWitness(ネットウイットネス)」、
さらに「RSA SecurID (セキュアアイディ)」などの提供、構築体制強化を図り、お客様におけるGRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)強化、サイバー攻撃対策を支援します。

・トラスト・ソリューションの提案と構築体制の強化:
EMCコンサルティング部門の人員強化を図ります。

・上流コンサルティングパートナーとの協業推進:
2012年中に、上流コンサルティングパートナーとの協業を強化し、お客様の課題を解決していくお手伝いをします。

3)「ビッグデータ」における施策
ビッグデータ活用のための提案、構築体制の強化、戦略パートナーとの協業を推進し、お客様が競争力を向上するための変革を支援します。

・ビッグデータ活用のための提案、SI体制の強化:
EMCコンサルティング・サービスの強化やデータ・サイエンティストの発掘と育成により、ビッグデータ活用のための提案を推進します。さらに、コンサルティング部門の人員を強化します。

・ソリューション提供パートナーとの協業:
お客様がビッグデータに迅速に対応できるように、「Greenplum(グリーンプラム)」のSIパートナーの戦略的協業を推進していきます。

・ビッグデータストレージの販売強化:
「Isilon(アイシロン)」および「Atmos(アトモス)」の販売を強化します。

・ビッグデータ関連人材育成支援:
2012年中に、ビッグデータには欠かせないデータ・サイエンティストを育成する支援プログラムの提供を開始します。

# # #

■EMC ジャパン株式会社について
EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。リンク

# # #  

EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村 綾 Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通) 
E-mail: japanpr@emc.com

EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
部長 笛田 理枝子 Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8174 (直通) / 
E-mail: japanpr@emc.com

EMC、EMC2、Avamar、Atmos、Data Domain、Greenplum、Isilon、RSA、SecurIDは、
米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。これらの商標は、日本または諸外国で
商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。その他の製品の登録商標および商標は、
それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。