logo

OKI、スマホ用業務システム構築ミドルウェア 「MoBiz Platform」を機能強化

Tokyo, Jan 26, 2012 - ( JCN Newswire ) - OKIはスマートフォン(タブレット端末を含む。以下同様)用業務システム構築ミドルウェア(注1)「MoBiz Platform(TM)(モービズ・プラットフォーム)」の機能を大幅に強化し、「MoBiz Platform Ver.1.2 for Android」として本日よりSIベンダー、ソフトウェアベンダーに向けて販売開始します。

近年のスマートフォンの急速な普及にともない、スマートフォンの業務利用を検討する企業が増加しています。スマートフォンを自社内で効果的に活用するために、自社の業務に合わせてスマートフォン向けのシステム開発を行うケースも増えています。

OKIは2009年9月より、スマートフォンを活用した業務システムを構築するためのミドルウェアである「MoBiz Platform」を販売してきました。業界初の本格的なスマートフォン端末用業務システム構築ミドルウェアであり、モバイル業務システム特有の様々な問題を解決しつつ、操作性が良く、運用もしやすいモバイル業務システムの開発をサポートしてきました。

今回バージョンアップした「MoBiz Platform Ver.1.2 for Android」では、開発アプリケーションをPC上で動作させるためのテスト実行環境である「MoBiz for Firefox(注2)」を用意しました。これにより、スマートフォンの実機を使わず、PC上だけで効率的にアプリケーション開発ができるようになりました。

さらに、お客様からの様々な機能対応へのご要望を取り込み、暗号化機能、バーコード読み取り機能、音声認識機能およびタイマー機能を新たに追加しました。これらにより、高機能のモバイル業務システムを効率よく低コストで開発できるようになります。

また、最新のAndroid OSであるAndroid4.0にも対応し、様々なスマートフォン/タブレットの互換性を確保しています。

OKIは、お客様の業務でのスマートフォン活用への支援を通じて、場所やシチュエーションの制約から解放されたワークスタイルの推進、業務効率化・品質向上への貢献をめざしていきます。

【主な追加機能】

(1)「MoBiz for Firefox」
開発したアプリケーションをPC上で動作させるためのテスト実行環境です。PC上で開発中のアプリケーションを、スマートフォン/タブレットの実機を使用することなく、PC上だけで動作確認できるため、開発効率が大幅に向上します。また、Firefox用のJavaScriptデバッガなど、様々なツールを利用できます。

(2) 暗号化機能
プラットフォームが端末内にデータを一時的に保存する際の暗号化に対応しました。また、暗号化APIも提供しますので、アプリケーションが自身のデータを暗号化する際にも利用でき、情報漏洩のリスクを低減できます。

(3) バーコード読み取り機能
スマートフォン/タブレットのバーコード読み取り機能を利用できるようになりました。例えば、1次元/2次元バーコードにより物品管理をするようなアプリケーションを容易に開発できます。

(4) 音声認識機能
スマートフォン/タブレットの音声認識機能を利用できるようになりました。キーパッドによる文字入力ができない業務シーンでも文章の登録ができます。

(5) タイマー機能
タイマー監視のAPIを追加しました。タイムアウト処理や定期的な処理を簡単に実現できるようになりました。

【販売計画】
価格(税別)
サーバライセンス:299万円/CPU(初年度保守含む)
クライアントライセンス:1万5000円/台(初年度保守含む)
出荷時期:2012年1月26日
販売目標:今後3年間で100システム

【「MoBiz Platform」について】

OKIはスマートフォン/タブレットを業務端末として利用するための、モバイル業務ソリューション用パッケージソフトウェア製品群「MoBiz(モービズ)」の提供を行っています。
その基盤となる「MoBiz Platform」は、利便性の高いモバイル業務システムを効率よく開発・運用するためのミドルウェアで、以下の特長を備えています。

1. HTML、JavaScriptなどのWeb技術だけで、カメラやGPSなどの端末機能を活用したアプリケーションを手軽に開発できます。また、Androidアプリの開発技術は不要で、Webの豊富な開発ツールを活用できます。
2. 機種やOSの違いを「MoBiz」が吸収するため、一度開発したアプリケーションを多くの機種で動作させることができます。
3.「MoBiz Platform」が送受信のタイミングをコントロールし、通話圏外であっても、それを意識せずに操作できます。また、サーバからクライアントへのプッシュ通知や、自動VPN再接続も可能です。
関連サイト: リンク

【用語解説】
注1:ミドルウェア
アプリケーションプログラムが動作するにあたり、ネットワーク上の他サーバやデータベースとのやり取りなど、普遍的で面倒な手続きを要する処理が必要となる場合があります。ミドルウェアはこれらとのやり取りの手順や管理をその種別単位にまとめ、OSと各種アプリケーションソフトウェアとの間に入り、汎用的な機能を提供する中間的なソフトウェアです。

注2:Firefox
米国Mozilla Foundationが開発しているオープンソースのWebブラウザです。
豊富な拡張機能が利用可能で、多くのJavaScript開発者に利用されています。

概要:沖電気工業株式会社

OKIは米国でグラハム・ベルが電話機を発明したわずか5年後の1881年に創業した、日本で最初に電話機を製造した情報通信機器メーカーです。先見性と勇気をもって果敢に挑戦・行動するという、創業以来の「進取の精神」を連綿と受け継ぎ、ブランドスローガン「Open up your dreams」のもと事業展開しています。現在、「金融システム」「通信システム」「情報システム」「プリンタ」「電子部品・モジュール他」の5つの分野において、OKIグループは社会の発展に寄与する最先端技術の商品・サービスをお客様にお届けし、世界の人々の快適で豊かな生活の実現に貢献しています。詳細はこちらからご覧ください。 リンク

お問合せ先:
本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部 村川
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
ソリューション&サービス事業本部 新事業開発チーム
電話:03-5445-6462
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。