logo

トヨタ自動車、(株)NHKエンタープライズと大河ドラマの舞台を巡るドライブアプリを開発



 トヨタ自動車(以下、トヨタ)は、NHKエンタープライズ(本社:東京都渋谷区神山町、
代表取締役社長:佐藤寿美)の協力をえて開発した「大河ドラマ50ドライブラリー」アプリ
を2012年1月25日より、スマートフォン向けに展開する。

 NHK大河ドラマは1963年の第一作「花の生涯」から始まり、2011年の「江~姫たちの
戦国」で50作目、今年の「平清盛」では50周年を迎える。半世紀に渡って大河ドラマで紹介
されてきた地域は全国に広がり、たくさんの観光客が訪れる名所も多い。 
 ドラマ誕生50周年を記念して、改めて大河ドラマの歴史に浸りながら日本中を巡ることを
提案し、日本を元気にしていきたいということがアプリ開発の背景となっている。

 トヨタでは、2011年10月から「FUN TO DRIVE, AGAIN.」キャンペーンを展開してお
り、大河ドラマゆかりの地をスタンプラリー感覚で気軽に楽しめる本アプリを通じて、ドライ
ブの新しい楽しみ方を提案する。さらに地域の活性化や観光振興も目的とし、地域と企業、
団体が連携し合いながら、日本全国を観光する楽しさや歓びを演出し、日本の元気にドライブ
をかけていくことを大きな目標としている。今後、トヨタの販売店や「大河ドラマ50の歴史
展」に隣接したスペースなどでの告知も予定している。

 アプリの主な特徴として、
  1)歴代大河ドラマに登場した地域や観光名所、歴史や文化、ドラマの
    エピソードを見たり調べたりしながら旅ができる情報散策機能

  2)作品毎に設定されたドライブスポットを実際に訪れて「チェックイン
    (位置登録)」すると、その度ごとに、アプリ上の自分の身分が出世して
    いくというアバター出世機能
  
  3)ドライブスポットに着くと、ドラマゆかりのオリジナルフレームが登場
    して写真撮影でき、メッセージを添えて、仲間と共有し合える旅の思い出
    機能など、スマートフォンならではの特長を生かした楽しみ方を提供
    していくとともに、公式WEBサイトやSNSサイトともリンクし、幅広い
    ユーザーが情報交換しながらコミュニティ的に楽しめる環境を整えていく。

 まずは、「信長 KING OF ZIPANGU」(1992年)、「秀吉」(1996年)、「竜馬がゆ
く」(1968年)、「天地人」(2009年)、「平清盛」(2012年)の5作品にちなんだドライ
ブコースの配信から開始。定期的に新しいコースを配信していき、2013年4月までに51作品
分のドライブコースを提供する予定。


<キャンペーン概要>

キャンペーン名称: FUN TO DRIVE, AGAIN.
          「大河ドラマ50ドライブラリー」キャンペーン

キャンペーン期間: 2012年1月25日~

開発アプリ:    「大河ドラマ50ドライブラリー」アプリ

対応端末:     iPhone, Android対応端末

対象地域:     日本全国の大河ドラマで紹介した地域、観光名所。

主催:       トヨタ自動車

共催:       NHKエンタープライズ

料金:       無料

キャンペーンサイト:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。