logo

シーメンスPLMソフトウェア、Jack 7.1をリリース

シーメンスPLMソフトウェアは、ヒューマン・モデリング・ソフトウェア
「Jack」の最新版バージョン7.1をリリースしました。これまで以上に
多種多様なシナリオを用意し、ものづくりにおけるより迅速な
意思決定を実現します。Jack 7.1では、人体特性データベースが
アップデートされ、座位やディスエンボディッド・ハンドの機能強化が
図られており、製造業における人間工学的研究のスピードと精度を
向上させ、よりスマートな意思決定によるより優れた製品の設計を
可能にします。

Jackは、シーメンスPLMソフトウェアが提供するデジタル・マニュファク
チャリング・ソリューション「Tecnomatix(R)」のコンポーネントに含まれて
います。Jack 7.1の主な新機能は下記の通りです。

a) 座位での作業姿勢の予測分析をサポート
b) 最新の日本人および韓国人の人体特性データベースを追加 (*1)
c) ディスエンボディッド・ハンド・モジュールにより、
  より簡単なハンド・クリアランス分析を実現
d) 機能強化した測定ツールにより、作業場における
  迅速なオブジェクト測定と配置を実現

Jack 7.1の詳細については、下記の各サイトでご覧いただくことができます。

・Jack 7.1の紹介動画(動画サイト)
リンク

・Jack 7.1に関するブログ(英語版のみ)
リンク

・Jackに関するWebサイト
リンク


*1 : シーメンスPLMソフトウェアでは、一般社団法人 人間生活
工学研究センター(以下、HQL)が提供する最新の日本人の
人体寸法データベースをJackにて参照し、より正確なシミュレーション
による生産性の向上を実現しています。また、日本工業標準調査会
(以下、JISC)のデータベースも使用可能です。

HQLについは下記のWebサイトをご覧ください。
リンク

JISCについては下記のWebサイトをご覧ください。
リンク


詳しくは下記までお問合わせください。


シーメンスPLMソフトウェアについて
リンク

シーメンスPLMソフトウェア日本法人のTwitter アカウント
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。