logo

EMCジャパンとノーチラス・テクノロジーズ、 「Enterprise Hadoop」開発運用ソリューションで協業を発表

「EMC Greenplum HD EE」と「Asakusa Framework」の組み合わせにより ミッション・クリティカルな基幹系バッチ処理を高速化

EMCジャパン株式会社(略称:EMCジャパン、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修、URL: リンク )と、株式会社ノーチラス・テクノロジーズ(略称:ノーチラス・テクノロジーズ、本社:福岡県福岡市、代表取締社長:最首 英裕、URL:リンク )は、ミッション・クリティカルなエンタープライズ領域での分散処理技術Hadoop(*1)活用を促進するため、「Enterprise Hadoop(エンタープライズ・ハドゥープ)」開発運用ソリューション(*2)の提供における協業を発表しました。

このたびの協業で、両社は、EMCの「Greenplum HD Enterprise Edition(グリーンプラム・エイチ・ディ・エンタープライズ・エディション): 以下、Greenplum HD EE(*3)」と、ノーチラス・テクノロジーズの基幹バッチシステム開発向けHadoop活用フレームワーク「Asakusa Framework(アサクサ・フレームワーク)(*4)」を組み合わせた「Enterprise Hadoop」開発運用ソリューションを販売し、両社の主要なパートナーからお客様へ提供します。「Greenplum HD EE」は、Apache Hadoopと100% APIの互換性を保ちつつ、内部実装をアーキテクチャ・レベルで再設計・再構築し、ハードウェアの能力を限界まで引き出すことができる製品です。一方「Asakusa Framework」は、Hadoopの並列・分散基盤におけるアプリケーションの開発生産性の向上と容易な運用を実現する製品です。両製品を組み合わせることにより、Hadoopの並列・分散処理技術をエンタープライズ領域でより適用しやすくし、かつミッション・クリティカルな基幹系バッチ処理の高速化を実現します。

「Enterprise Hadoop」開発運用ソリューションを適用することにより、技術者の確保や複雑な運用に煩わされることなく、短期間でエンタープライズ向けのHadoop環境を導入することができます。その結果、圧倒的なバッチ処理時間短縮によるビジネスプロセスの変革が可能となり、ユーザー企業の生産性向上を実現します。

今後は、両社で、本開発運用ソリューションを提供するパートナーのエコシステム拡大および、パートナーへのトレーニング提供、「Asakusa Framework」上で稼働する業務ソリューションの拡充を推進します。

■価格と販売について
・価格:個別見積り
・提供時期:本開発運用ソリューションは2012年1月19日より提供を開始します。
・販売について:本開発運用ソリューションは、EMCジャパンおよびノーチラス・テクノロジーズのパートナーである主要なシステム・インテグレーター(SIer)を通じてご提供します。

*1「Hadoop」とは
「Hadoop」は、Apache Software Foundation(ASF)が開発・公開している、大規模データを効率的に分散処理・管理するためのソフトウェア基盤(ミドルウェア)です。オープンソースソフトウェアとして公開されており、誰でも自由に入手・利用することができます。

*2「Enterprise Hadoop」開発運用ソリューションとは
「Enterprise Hadoop」開発運用ソリューションは、Hadoopを使って基幹バッチ処理を並列・分散化することにより、処理の高速化を実現し、圧倒的なバッチ処理時間短縮によるビジネスプロセスの変革を支援することを目的にした、分散環境のエンタープライズ適用ソリューションです。Hadoopは、すでにWeb系システムを中心に多く採用されていますが、基幹システムへの適用を考えた場合、システムリソースの利用効率や信頼性、運用管理コストなどにおいていまだに多くの課題が残っているため、本格的な利用にまでは至っていませんでした。
また、Hadoopプラットフォーム単体では業務システムを構築するには不十分で、業務システムに必要不可欠な機能を提供するミドルウェア、アプリケーション・フレームワーク、開発方法論の整備も待ち望まれていました。このため基幹業務にも安心して利用できる信頼性、高速性、さらに開発、運用の容易性を兼ね備え、これらの課題を解決したのが「Enterprise Hadoop」開発運用ソリューションです。

*3「Greenplum HD EE」とは
「Greenplum HD EE」は、業界随一の先進性を持つエンタープライズ向けHadoopプラットフォームです。
卓越した技術の優位性によりApache Hadoopの機能をより使いやすく、高い信頼性を保ちながら、よ
り高速な処理基盤へと進化させ、Hadoopテクノロジーの適用範囲や手法を広げます。
「Greenplum HD EE」は、Apache Hadoopと100% APIの互換性を保ちつつ、内部実装をアーキテクチャ・レベルで再設計・再構築し、ハードウェアの能力を限界まで引き出します。
また、Apache Hadoopパッケージが提供する機能だけではなく、インストール、トレーニング、グローバル・サポートなどの付加価値を含むHadoopプラットフォームを提供します。

*4「Asakusa Framework」とは
「Asakusa Framework」は、基幹系バッチシステム開発を支援する目的で作成されたフレームワークです。従来の基幹バッチシステム開発では、信頼性の高い汎用機を利用したり、集中型のリレーショナルデータベースを利用したりしてきましたが、いずれも取り扱うデータが大きくなるにつれて時間内の処理が難しくなっていくという問題を抱えていました。「Asakusa Framework」では、基幹バッチシステムの設計に主眼に置いた
独自のDSL(Domain Specific Language)を利用してアプリケーションを設計します。このDSLに従って、業務処理を柔軟に設計することにより、Hadoopの並列・分散基盤で実行できるアプリケーションを開発することができます。
Asakusaサイト(リンク

■パートナーからのエンドースメント(50音順)

アクセンチュア株式会社
テクノロジー コンサルティング本部 エグゼクティブ・パートナー 沼畑 幸二様
従来の基幹システムにおけるバッチ処理は、処理時間が長いといったパフォーマンス上の課題により、業務面での制約が発生しています。今回新たに発表された分散コンピューティング技術を用いたバッチシステムにより、劇的なパフォーマンスの向上が期待できます。アクセンチュアでは本ソリューションを活用し、バッチの高速化によってもたらされる業務上の制約から企業を解放し、意思決定スピードや業務効率等の改善を支援していきます。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ITエンジニアリング室 室長 藤岡 良樹様
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(以下CTC)は、この度のEMCジャパン株式会社と株式会社ノーチラス・テクノロジーズの協業を歓迎いたします。今後Hadoopが、企業の基幹バッチシステムで利用されることを期待し、その中核の基盤ソリューションとして「Greenplum HD」と「Asakusa Framework」の組み合わせが、大いに活用されていくものと期待しております。CTCでは持ち前の技術力、SI力を活かし、両社と共に今後もお客様により良いソリューション、サービスを提供してまいります。

株式会社オージス総研
取締役 常務執行役員 ソリューション開発本部長 山崎 朝照様
ビッグデータ時代の到来とともに、大量のデータを扱うバッチ処理時間の短縮が求められており、とくに、基幹系業務バッチ処理の分散処理化・高速化が注目されてきています。業務アプリケーションの開発容易性と分散アプリケーションの信頼性を高めるプラットフォーム基盤によって、エンタープライズ環境での Hadoop適用分野が広がり、活性化されることを歓迎します。

新日鉄ソリューションズ株式会社
エグゼクティブプロフェッショナル 前田 稔様
新日鉄ソリューションズは両社によるエンタープライズHadoopソリューションを歓迎します。
当社はこれまで、製鉄業向け基幹システムをはじめ、製造業、流通業、金融業、通信業を中心にお客様の基幹システムを幅広く手がけて参りました。長引く構造不況で、顧客からの低コスト化・高性能化への要求はますます高まる中、分散処理Platform技術を用いた基幹バッチソリューションには、旧来のコスト構造を大きく変化させるイノベーションとして大きな期待を寄せています。今後、当社では、両社技術の評価検証と当社独自の利活用ノウハウの蓄積を通じて、顧客に対し新たな価値を提案して参ります。

株式会社大和総研ビジネス・イノベーション プロジェクト統括部長 中島 大様
ハイプサイクルの頂点を迎えた新技術は、実践適用事例や定量効果を見出す事で、ビジネスに対し大きな存在価値を持ってきます。その意味で基幹系バッチという明確なターゲットをもった「Enterprise Hadoop」は、BigDataソリューションの画竜点睛となるものと大きく期待しています。大和総研ビジネス・イノベーションは基幹システムSIerとして両社と協力し、本ソリューションがお客様企業にとって真に価値を持ったものとなるよう
支援していきたいと考えております。

TIS株式会社 常務執行役員 技術本部長 後藤 康雄 様
TISは新たに提供される「Enterprise Hadoop」ソリューションを歓迎致します。
TISでは、これまでも並列分散技術を用いたサービス開発や、Greenplumのソリューション提供を行ってまいりました。今回、高信頼性機能を実現するGreenplum HDとAsakusaの高い生産性が連携することにより、お客様にさらに満足頂けるサービス提供の可能性が広がるとともに、両社様とのビジネスパートナーとしての協業関係がいっそう発展する事を期待しております。

東京エレクトロン デバイス株式会社 執行役員 CN事業統括本部長 天野 勝之様
BigDataに表される通りシステムやデータが大規模化する中で、システム効率化を実現する技術としてオープンソースHadoopへの注目が高まっており、具体的な実装も始まっています。Enterprise Hadoopは、新技術の活用により従来型システムの大幅な効率化を実現する強力なソリューションと考えられ、従来のGreenplum製品に加え、Enteprise Hadoopがお客様の選択肢を広げるものと大いに期待しております。

# # #

■EMC ジャパン株式会社について
EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。リンク

■株式会社ノーチラス・テクノロジーズについて
ノーチラス・テクノロジーズでは、「Asakusa Framework」によるバッチ処理の高速化について、
お客様の業務に関するヒアリングに基づいた実現性の検証を行い、導入検討・設計・開発・運用・教育支援を提供しています。リンク

本件に関するお問い合わせ先
EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
広報マネージャ 武村綾、Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8867(直通)
E-mail: japanpr@emc.com

EMCジャパン株式会社 マーケティング本部 マーケティング・コミュニケーション部
部長 笛田理枝子 Tel: 03-5308-8888 (代表)/ 03-5308-8174 (直通) / 
E-mail:japanpr@emc.com

株式会社ノーチラス・テクノロジーズ 中田 明
Tel: 03-6712-0636 / E-mail :contact@nautilus-technologies.com

# # #

EMC、EMC2、Greenplumは、米国EMCコーポレーションの登録商標または商標です。
これらの商標は、日本または諸外国で商標登録等により、適用法令で守られている場合があります。
その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。