logo

ジェイサート「スターフィールドSSL」によるITコスト大幅削減策を提案

ジェイサート株式会社 2012年01月18日 13時00分
From DreamNews

ジェイサート株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:石原章年 以下、ジェイサート)は、世界最大の認証局である米国Go Daddy社が発行する「スターフィールドSSLサーバ証明書(以下、スターフィールドSSL)」の活用により、IT関連予算の中でも負担感の小さくない、「複数ライセンス」「複数枚」のSSLサーバ証明書は、
- 僅か「1ライセンス」「1枚」の「マルチドメイン証明書」に集約でき
- 大幅なSSL証明書コストの削減と
- CSR生成や更新管理等のサーバ管理者様の無用な負担を軽減が可能
となることをご案内致します。

従来、国内他社のSSLサーバ証明書を「複数」のサイトやWebサービスにご利用の場合、
- Webサイト(コーポレイトサイト)の問い合わせページや、
- 通販・ECサイトのお客様情報登録ページやログインページ、
- さらにはWebメールや構内ネットワーク(イントラ)の暗号化等(SSL-VPN、FTP、Web-Dav等)、
「複数」サービスに供用されている「複数台」の各種サーバとの通信経路の暗号化には、当然のように「複数ライセンス」「複数枚」のSSLサーバ証明書をご利用になっておられるのではないでしょうか?

それにより、
- SSL証明書維持に要する費用は、年間数十万円を超える大きな負担になってないでしょうか?
- 1年に何度も何度も、証明書毎に必要な「CSRの生成作業」、面倒ではないでしょうか?
- 証明書の「更新作業」、有効期限がマチマチで、ついつい遅れがちなっていませんか?

スターフィールドSSLの「マルチドメイン証明書」を活用頂くと、負担感大きいSSL証明書コストを大幅に削減し、同時に証明書更新管理に要する「手間」を1年に1回に集約でき、サーバ管理者様の無用な手間を大幅に軽減できます。

すでに国内でも多数のユーザー様にスターフィールドSSL「マルチドメイン証明書」をご利用頂いており、「500枚」にもおよぶ他社SSL証明書を、「スターフィールドSSL」マルチドメイン証明書「1枚」に置換え、年間1千万円を超える規模でITコストを削減した事例もございます。

米国を始め世界市場では世界最大の検索エンジン事業者をはじめ、昨今の「クラウド環境」の進展とも相まって、「複数ライセンス」「複数枚」のSSL証明書はマルチドメイン証明書「1枚」に集約する事例が急増しております。

ぜひ、スターフィールドSSL「マルチドメイン証明書」の利用をご検討ください。


【Go Daddy Group, Inc. 会社概要】
代表  : CEO & Founder Bob Parsons
本社  :米国アリゾナ州スコッツデール
年商  : 850億円(2010年実績)
URL  : リンク
事業概要:
1.ドメインレジストラ事業(世界最大4,800万ドメイン)
2.ホスティング事業(世界最大500万アカウント)
3.SSL証明書事業(世界最大 60万ライセンス シェア30%)

【ジェイサート株式会社 会社概要】
代表 :代表取締役 石原章年
本社 :〒102-0082 東京都千代田区一番町4番22号プレイアデ一番町6階
資本金: 7,600万円
URL : リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。